日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:カメラネタ( 67 )

リベンジコスモス

iPhoneではちょっと納得しなかったのでα57でリベンジコスモス。

江坂のMさんは、それでも十分きれいだというが、もっとすごいのを見てもらいたい。

その前に。
b0017844_17265303.jpg
でここからはコスモスの丘を切り取ってみた。
b0017844_17331688.jpg
b0017844_17333064.jpg
b0017844_17340009.jpg
b0017844_17343411.jpg
b0017844_17351085.jpg
b0017844_17353408.jpg
b0017844_17355036.jpg
b0017844_17361027.jpg


[PR]
by tetorayade | 2015-10-22 00:01 | カメラネタ | Comments(0)

iPhone6plusの写真力

iPhone6plusで万博のコスモスを撮影してみた。

その実力やいかに。

b0017844_17205567.jpg
b0017844_17211471.jpg
b0017844_17213444.jpg
b0017844_17215408.jpg
b0017844_17221214.jpg
b0017844_17223219.jpg
b0017844_17224554.jpg
b0017844_17225606.jpg
b0017844_17232019.jpg
たいしたことはない。


[PR]
by tetorayade | 2015-10-18 00:01 | カメラネタ | Comments(0)
オリンパスの「STYLUS SH-1」の実力を試すべく万博公園へ。

この時期の花といえば、これしかない。
b0017844_09593698.jpg
b0017844_10001117.jpg
そして、試すのは接写力。スーパーマクロもついているが、プログラムモードでも、望遠側で結構寄れることが分かってくる。
b0017844_09491812.jpg
b0017844_09584238.jpg
b0017844_09590259.jpg
b0017844_09591788.jpg
b0017844_09595373.jpg
b0017844_10002805.jpg
b0017844_10004572.jpg


b0017844_10012092.jpg
b0017844_10010217.jpg

b0017844_10013946.jpg
b0017844_10015600.jpg
b0017844_10021232.jpg
b0017844_10022944.jpg
b0017844_10024442.jpg
b0017844_10025682.jpg
b0017844_10031190.jpg
花はこれぐらいにして、ミニチュアライズモードを試す。ちょっと甘い。
b0017844_10032920.jpg
最後は広角側の描写力。
b0017844_10034617.jpg
ま、このぐらいのサイズで使うには十二分の性能だ。

[PR]
by tetorayade | 2014-08-19 00:01 | カメラネタ | Comments(0)
iPhoneを持つようになってコンデジの出番がほとんどなくなった。

しかし、取材先でiPhoneで撮影するのは気が引ける。

これまで、コンデジは最初にソニーを買ったが、以降、3台はリコーを使っていた。リコーが抜きんでているのは、3センチぐらいまで近づける接写能力で、花を撮らせたら最高だった。

愛機CX-1を紛失した。

一眼レフは持っているが、普段カバンに入れて持ち歩くことはない。必然的にコンデジが必要になる。

カメラの品揃えが豊富なヨドバシカメラへ行った。

高級コンデジのGRはあるが、リコーのコーナー自体がなくなっている。店員さんに聞いたら「CXシリーズはなくなっていますね」。

スマホの登場で1~2万円の低価格帯のコンデジは行き場を失っている。リコーは早々と低価格帯から撤退したようだ。

そこで、リコー以外の製品を見たが、気にいるものが見つからない中で、一目ぼれしたのがオリンパスの「STYLUS SH-1」だった。
b0017844_15561974.jpg
老舗カメラーメーカーらしい丁寧な作り。人気のPENを彷彿とさせるフォルムはコンデジには見えない。

レトロチックなデザインが何より気に行った。見た目は古臭さもあるが、機能はWiFiでスマホに写真を転送したり、スマホから遠隔操作もできる最新のものが搭載されている。

光学ズームも24倍。スーパーマクロを使えば、リコー並みの接写もできる。

やはり、道具というものは持っていて楽しくなければいけない。

首からぶら下げられるストラップもいい。

また、コンデジで写真を撮りたくなった。



[PR]
by tetorayade | 2014-08-16 00:01 | カメラネタ | Comments(0)

またしても、産経新聞に載っていた記事を見て、葛城山のつつじを撮りたくなった。初夏なのに、山が真っ赤に染まり秋の風景である。見ごろはこの日曜日が最後。これは行くしかない。

早朝6時に出発。登山口には7時20分ごろ到着。この時間で駐車場に入る車で長蛇の列。それを尻目にロープウェイ乗り場の近くまで一気に上がる。
b0017844_00045175.jpg
ロープウェイは50人乗りで8分間隔で運行しているが、1時間は待たなければならない。

登山するつもりなど毛頭なかったが、「山頂までは1時間半」と聞いて登る気になった。

皆、トレッキングシューズを履いて、ストックを突きながら登っている。そう、山登りの格好をしている。
b0017844_23593329.jpg
そんな装備もなく登り始めたが、普段、運動していないだけにかなり堪える。階段ばかりでこれがジワジワ足に来る。50メートル登っては一休み。その繰り返し。これはきつい、と思った地点が3合目。

ここで引き返しては目的のつつじが撮れない。

ひたすら、休憩を取りながら、頂上を目指す。
b0017844_00061999.jpg
標高は900メートル級なので、4合目、5合目、6合目、と比較的速いペースで目標値が来るので、最後まで頑張れる気になってきた。
b0017844_00101615.jpg

体力のない初心者には1時間半では登れなかったが、2時間で山頂へ。
b0017844_00085050.jpg
b0017844_00065975.jpg
つつじの前にまずは山頂へ。大阪市内の高層ビル群が見える。

山頂の達成感が疲れを吹き飛ばす。

そして、お目当ての一目千本つつじへ。
b0017844_00094089.jpg
この景色を観たくて、みんな登ってきている。ひとしきり写真を撮る。

シャッターを押して、押しまくる。
b0017844_00111856.jpg
b0017844_00105588.jpg
b0017844_00131220.jpg
b0017844_00115671.jpg
b0017844_00140482.jpg
b0017844_00124350.jpg
山頂の滞在時間は50分ほど。

来た登山道とは別の北尾根コースで帰る。こっちは階段もすくなく、下りやすい。思わず速足になるぐらいだが、下りは膝に来る。1時間も下りで膝を酷使していると、下り階段でも足が上がらくなってくる。

だいぶ麓に下りたころだった。

ヘリコプターが接近してくる。爆音がすぐそばまで届く。新聞社のヘリが登山客でも撮影しているのかと思った。
b0017844_00144279.jpg
静かになったと思ったら、またやってきた。

ホバリングしている。

下山の列が止まっている。

その列の中にレスキュー隊員の制服が見える。
b0017844_00152499.jpg
けが人をヘリで救出している現場に出くわしたのであった。

その一部始終を写真に収めることができた。
b0017844_00155568.jpg
救出現場から登山口まではすぐ近くの場所だったが、北尾根コースは、いきなり崖を上がる感じの急な坂だ。

ロープウェイ乗り場に到着したのは12時過ぎ。まだまだ大混雑している。

まったく足が上がらない。階段で膝が悲鳴を上げる。

この時間でも駐車場へ入ろうとする車の列は、途切れることなく、国道まで並んでいる。

バイクの優越感に浸りながら、法隆寺へ足を延ばす。

この頃になると、階段の上り下りが拷問になる。
b0017844_00162893.jpg
五重塔から夢殿までを1時間近くかけてゆっくり散策するが、膝にくる。
b0017844_00165526.jpg
葛城山に登って、法隆寺を巡るバカは他にはいないだろう。


[PR]
by tetorayade | 2014-05-19 00:17 | カメラネタ | Comments(0)
産経新聞に載っていた丹波市・白毫寺の九尺藤を見に行きたくなった。

新聞に載っていた写真がそれは、それは長い藤で、それが九尺藤たるゆえんだ。

行楽日和に恵まれた11日は、最後の見ごろの九尺藤を観ようという行楽客で、11時過ぎに到着した時、お寺の第6駐車場まで満車状態。

そこはバイクの特権で第1駐車場まで上がって行く。

写真で見た九尺藤は人の背丈以上あるように見えるアングルだった。

いざ、お寺の境内に入っても、人の背丈ほどある藤が見当たらない。思わず、九尺藤はどこですか?と聞こうかと思ったが、この場所以外にそれらしき藤はない。
b0017844_23090990.jpg
新聞ではライトアップされているとも書かれていた。

境内にはライトが一杯配置されている。ここが九尺藤に間違いない。

では、産経新聞のように人の背丈ほどあるかのように錯覚するアングルで撮影してみる。
b0017844_23135841.jpg
こうして、下から煽ると化け物のような藤に見える。
b0017844_23134258.jpg
寺の屋台で昼食を取り、百毫寺を後にしたのは12時過ぎ。

この時間帯には駐車場待ちの車の長蛇の列が1キロ以上は続いている。最後尾の車は駐車場へ入るまで2~3時間はかかると読んだ。

行楽日には車で来るなといっているが、最寄りの駅から歩いたら1時間はかかりそう。駅からのバスもない。結局車で行くしかない。

長蛇の列を見て、改めて車が嫌いになった。


[PR]
by tetorayade | 2014-05-12 00:01 | カメラネタ | Comments(0)

急きょパネラーへ

深夜1時過ぎにケータイが鳴る。

まだ、布団には入っていなかった。机に向かって確定申告と格闘していたが、一段落したところだった。

3回鳴って切れた。

着信を見るとTさんから。

かけた後で時間を見てやばいと思ってすぐに切ったのだろう。

すぐに折り返す。

こんな時間だからどこかで飲んでいるのかと思ったが、飲んでいる様子はなく、今度のセミナーのパネラーの依頼だった。テーマがそんなに硬くもないので二つ返事で受けてしまう。

26日といえば、すぐだ。

もともと取材に行く予定はしていた。急な話だが、頼られるうちが華だ。
[PR]
by tetorayade | 2014-02-22 01:24 | カメラネタ | Comments(0)

京都カメラスケッチ散策

1月2日の京都の風景をカメラでスケッチしてみた。

正月の京都の込み具合はいつものこと。河原町から八坂神社めがけて人が大移動する。

その流れを断ち切るために花見小路通へ。
b0017844_18304334.jpg

京都の町並みはモノクロームが似合う。

それを求めて建仁寺へ。
b0017844_1830587.jpg
b0017844_18312172.jpg
b0017844_18313654.jpg

悪縁を断ち切り良縁を結ぶ安井金毘羅宮は、この石の穴をくぐるために、長蛇の列。
b0017844_18343713.jpg

ここから、清水方面へ上がっていくと、なんちゃって舞妓さんに遭遇。行く先々でカメラを向けられている。有名人になった気分にもなれるんだろう。
b0017844_18354369.jpg

b0017844_1910297.jpg

b0017844_1836693.jpg
b0017844_18363535.jpg
b0017844_18364614.jpg
b0017844_1837341.jpg

最後は京都の台所錦市場へ。ここはカメラをぶら下げた外国人観光客の姿が目立つ。
b0017844_18372893.jpg
b0017844_18374814.jpg
b0017844_1838558.jpg
b0017844_1838254.jpg
b0017844_18384390.jpg

[PR]
by tetorayade | 2014-01-04 00:01 | カメラネタ | Comments(0)

秋の東大寺~明日香村

奈良公園まで自宅からバイクで1時間。意外と近い。

何度目の東大寺だろう。

今回はモノクロームの世界で。
b0017844_802018.jpg

b0017844_2374472.jpg
b0017844_2383092.jpg
b0017844_2391636.jpg

b0017844_822436.jpg

b0017844_23101216.jpg
b0017844_23105673.jpg

b0017844_813189.jpg

そして、東大寺から明日香村まで足を延ばす。
b0017844_23122162.jpg

b0017844_831195.jpg

明日香村といえば、石舞台古墳。

石舞台といえば明日香村。

古墳の蓋というか一番大きな屋根になっている石は77トンもあるそうだ。

こんな重たい石を6世紀の人は運んで、横穴式石室を組み上げたのだから、すごい技術。
b0017844_23204288.jpg


その先に足を延ばしたら棚田が広がっていた。
b0017844_2322271.jpg

彼岸花の赤と稲の緑のコントラストは秋真っ盛り。
b0017844_23232112.jpg

b0017844_843225.jpg
b0017844_85672.jpg
[#IMAGE|b0017844_854450.jpg|201309/24/44
b0017844_861416.jpg

[PR]
by tetorayade | 2013-09-25 00:01 | カメラネタ | Comments(0)
弁天さんの花火撮影はミニチュア設定のまま撮影して大失敗だった。

リベンジを誓った花火大会が猪名川花火大会だった。行くのは初めて。

この日は風が強かったので花火が鳥の羽のようになってしまったのが残念だった。

何か全体的に迫力がない。

花火に色が少ないようにも思える。

500カット近く撮影したが、結局、会心の写真は数えるぐらい。

b0017844_14382921.jpg

b0017844_1441475.jpg
b0017844_14425721.jpg
b0017844_14464664.jpg
b0017844_14474831.jpg
b0017844_14492421.jpg
b0017844_14501314.jpg
b0017844_1451254.jpg

b0017844_14541198.jpg

b0017844_14572171.jpg
b0017844_1458418.jpg
b0017844_1503033.jpg
b0017844_151985.jpg
b0017844_1515091.jpg

b0017844_15796.jpg
b0017844_158297.jpg
b0017844_1585426.jpg
b0017844_15124551.jpg
b0017844_15132668.jpg
b0017844_1514727.jpg
b0017844_1519394.jpg
b0017844_15195028.jpg
b0017844_15204973.jpg
b0017844_15252087.jpg
b0017844_15264644.jpg
b0017844_15274222.jpg
b0017844_15315163.jpg
b0017844_1533376.jpg
b0017844_15335993.jpg
b0017844_15383494.jpg
b0017844_15392345.jpg
b0017844_1540342.jpg
b0017844_15433881.jpg
b0017844_15443649.jpg
b0017844_15453411.jpg
b0017844_1549119.jpg
b0017844_15501142.jpg
b0017844_15515783.jpg
b0017844_1553396.jpg
b0017844_15553433.jpg
b0017844_15563656.jpg

[PR]
by tetorayade | 2013-08-21 00:01 | カメラネタ | Comments(0)