日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:Ripreネタ( 15 )

普段からカミソリ派だ。貝印のXfit×ガンダムのモニター案件がが当たった。箱から出てきた商品がこれ。

想像していたものとは若干違う。
b0017844_00092981.jpg
改めて商品説明を読む。Xfit(クロスフィット)とは、使い捨てカミソリの手軽さと、 替刃式カミソリの機能性をあわせ持つ新発想の商品とのこと。

パッケージをめくって行く。

b0017844_00125832.jpg

すると、1パッケージに替え刃が4本入っている。ちなみに刃は5枚刃。本体の持ちごたえは極めて軽い。
b0017844_00153195.jpg

2日間伸びていた髭を剃った。

最初に髭に刃が当たった時の感触が、ホテルに付いてるカミソリに似ている。ホテルのは2枚刃が大半で、髭が引っかかる感じで、剃りにくいのだが、それを5枚刃にした感覚。

5枚刃なので深剃りはできるが、引っかかり感は残る。

翌日、また、剃った。今度は髭が短いので引っかかりは感じなかった。

Xfitは2週間使ったら、使い捨てる。1パッケージで2カ月使える、ということだ。

使った実感で剃り味は使い捨てカミソリと替え刃式カミソリの中間といったところ。貝印も勧めているように、出張や旅行用には軽いのでいい。

早速、出張セットの中に忍ばせておいた。出張先のホテルでの髭剃りが楽になる。

ガンダムファンには嬉しいガンダムの替え刃がセットできるフックが付いている。

b0017844_00483794.jpg

今ならプレミアムグッズがその場で抽選で300人に当たるキャンペーンが行われている。



【貝印】のモニターに参加中
[PR]
by tetorayade | 2015-03-26 00:01 | Ripreネタ | Comments(0)
晩酌はビールからスタートして、焼酎に移る。毎日飲んでいる焼酎は癖のない麦だが、サントリーのモニター案件で、2月24日から新発売されたばかりの「ふんわり鏡月しそレモン」が送られてきた。
b0017844_00134234.jpg
いつもの麦焼酎を鏡月しそレモンに代えての晩酌を楽しんでみた。

鏡月は韓国の焼酎だ。韓国へ行った時にも飲んだことはあるが、口当たりがほのかに甘いのが特徴だ。

鏡月の口当たりもそれなのだが、新発売のしそレモンは新たに加わった味である。

初日はイワシの煮付けとレッドオニオンのサラダ。和食で鏡月を飲んでみた。スタイルはいつも焼酎を飲んでいる時のロックで。

b0017844_14482249.jpg
一口、口に含んだ瞬間、しその香りが鼻腔に広がる。そして、すぐにレモンの酸味が押し寄せてきた後、韓国焼酎の甘さで仕上がる。

一口で3つのアクションがある。いつも飲んでいる麦焼酎では得られない。

和食にも合う。

2日目は餃子鍋をメインに、中華で試してみた。
b0017844_00230384.jpg
中華でもなんでもござれ、という感じだ。

本来、辛い韓国料理で試してみたら良かったが、それは次の機会に譲ろう。

送られてきたのは700mlの瓶だったが、いつも大きめのグラスにロックなので通常のペースなら5日ほどで空になってしまう。

酒飲みにはもっとでかいサイズのペットボトルで欲しいところだ。


【サントリー】のモニターに参加中
[PR]
by tetorayade | 2015-03-01 00:01 | Ripreネタ | Comments(0)
取材中でも眠くなる自分にうってつけのRipreモニター案件が当たった。

歳と共にとにかく眠くなる。そのピークは昼過ぎ。そういう時は我慢しないで、10分でもいいから寝ると随分楽になる。

ただ、そのまま、2時間ほど眠りこけることもある。家ならそんなことも問題ないが仕事先ではそんなこともできない。

一度は試してみたかったのが、ネーミングも強烈な「眠眠打破」だ。
b0017844_08224023.jpg
眠気を覚ます強烈な味を想像していたが、味はマイルドなコーヒー味だった。眠気を覚ますカフェインやアルギニン菊花抽出物が配合されている。

飲んでしばらくすると首筋から後頭部にかけてかすかな刺激を感じた。それがジワジワと眠気を消して行くような感じだった。それはひょっとして自己暗示なのかも知れない。

これは取材先で眠くなったとき用に鞄の中に常備してしておいてもいいかも知れない。




常盤薬品工業のキャンペーンに参加中
[PR]
by tetorayade | 2014-09-29 00:01 | Ripreネタ | Comments(0)
Ripre案件でアキレスのスニーカーのモニターが当たった。

b0017844_1191239.jpg


アキレスといえば子供靴のイメージが強かったが、本物が分かる大人の新ブランド「プロストリーム」を立ち上げた。写真の様にレトロなデザインをコンセプトにしたスニーカーで、カジュアルなシーンによく合いそうだ。

b0017844_1110199.jpg


スニーカーは黒色を一足持っているだけだったので、モニター案件の中でも非常に実用的だ。加えて、これはなかなか大人好みのデザインだ。ベージュとネイビーのコントラストが自分好みだ。

靴はデザインだけではなく、履き心地が重要になってくる。そこで、アキレスはインソールの踵部分に衝撃を吸収するソルボ材を使用して日本人の足に合わせた履き心地を追求している。

b0017844_11111674.jpg


ソールのデザインがシンメトリーになっている。

b0017844_1112670.jpg


では、実際に履いてみる。足が幅広なので紐を緩め直さなければとても入らなかったが、緩めると丁度のフィット感だ。

で、いつもはビジネスシーンでもジーパンを押し通しているので、ジーパンにもよく合うデザインだったので、履く機会が大幅に増えそうだ。
b0017844_1113744.jpg





【アキレス】のモニターに参加中
[PR]
by tetorayade | 2014-09-24 00:01 | Ripreネタ | Comments(0)
モニター案件でお世話になっているRipreのプレミアムパーティーがこんなシャンデリアの下で始まった。
b0017844_2327347.jpg

昼間から北新地のレストラン「アラスカ本店」で開かれたランチパーティーだが、そこはアルコールもちゃんと出た。

ブロガーの性で反射的に写真を撮るのは仕方ない。

料理の数々は以下の通りだが、食レポが目的ではないので、そこは割愛。
b0017844_23275320.jpg

b0017844_23292782.jpg

b0017844_23295059.jpg

b0017844_2330725.jpg

今回は各テーブルにサイバーバズの社員が1名付いて、食事をしながら今後のブロガーマーケティングの方向性について忌憚のない本音を聞き出す、というのが趣旨だった。

担当の人が新婚早々、酔っぱらって寝込んでいる時に、かばんを置き引きにあい、奥さんからプレゼントされた財布や名刺入れをすべて失った、という話で、緊張感が一気に取れ、場が和む。

その時はトートバッグだったが、以後リュックに切り替えたそうだ。プレゼントされたばかりのものを失い、相当ショックだったことが伺える。

酔って寝込んでもリュックなら置き引きにはあわないが、チャックは開けられる可能性はある。

10日前の自分の失敗が蘇る。酒飲みの失敗話は場が盛り上がる。

ブログを始めて10年になる。

ピークは2年目の2006年頃だった。その頃は活発にブログもやっていた。今は1日1回の更新だけは欠かさないが、以前ほど熱が入っていないのは事実だ。

熱が入らないのと比例するように、アクセス数も年々下がってきている。

ちょっと前までは、時事ネタを書くとグーグルやヤフーで関連ブログの項目が出てきて、アクセス数が跳ね上がることもあったが、検索サイトが関連ブログを載せなくなってアクセスが上がることもない。

かといって、ブログはライフワークになっているので、止める気はないが、アクセス数が下がっている、ということは、ブログに対する世間の関心が薄れていっている表れである。

SNSの世界はFacebookやLINEの台頭で軸足も変わりつつある。

Ripreの案件はほとんどが女性向けのもので、おっさんの出る幕もなくなりつつある。おっさんは女性ほど購買意欲がないので、おっさん向けの案件自体がないのかも知れない。

参加者各々がいいたいことをいった2時間だった。

昼間からワインを飲んで、晩飯を作るのがしんどかった。




Ripreプレミアムパーティに参加中
[PR]
by tetorayade | 2014-08-03 00:01 | Ripreネタ | Comments(0)
今年も忘年会シーズンがやってきた。普段の飲み会と違って座敷に上がることが多い。

これからピークを迎える忘年会、新年会のシーズンで、“つかみ”に最適なのがこの5本指ソックス「タビオ」だ。指1本ずつが違うポップなカラーなので目立つことこのうえない。
b0017844_17214935.jpg

これは、久しぶりにRipreのモニター案件が当たったのだが、自分のような年代のオヤジがカラフルなタビオを履いていたら、そのギャップから話題も弾むというもの。

と、最初はその程度の認識だったのだが、タビオはそんな単純な商品ではなかった。この5本指ソックスは冬場こそ真価を発揮する商品だということが分かった。

5本指靴下は冷え性対策にも効果があるらしい。

理屈は指の間の刺激が血行を促すため、足の体温を上昇させるとか。このことについては、筑波大学の足立准教授の監修・監督の下で実証実験も行っている。

さっそく履いてみた。
b0017844_172129100.jpg

5本指に一本ずつ入れていくために、履くのに時間はちょっとかかる。

手の指と違って足の指は、はかなり個人差が出てくるためか、小指はかなりあまってしまった。でも、しっかり、根元まで下げればフィット感が出てきた。
b0017844_1722656.jpg
冬場も移動はバイクだ。

バイクで特に冷える下半身は防風ジーンズで、防寒対策をしている。

それでも、一番冷えるのが手の指先で、次が足の指先だ。タビオを履いて気温13度の環境で1時間ほど走ったが、足先に冷えを感じることはなかった。

足の温度が上昇いていたということかも知れない。10度を切る厳寒の日に、その効果を実感してみたい。

写真の5本指ソックスは定価840円。

ちょっとお高いが、防風ジーンズとセットで、足元の防寒対策ができれば、決して高くはない。



タビオモニターに参加中
[PR]
by tetorayade | 2013-11-27 00:01 | Ripreネタ | Comments(0)
缶コーヒーGEORGIA EUROPEANの新パッケージが9月24日から全国発売される。これに先立ち、9月18日、東京ミッドタウンでヨーロピアンシリーズのイメージキャラクターである三浦カズを招き、発表イベントが開かれた。
b0017844_1454364.jpg

普段、缶コーヒーはあまり飲まない。コーヒーに深い思い入れもないのに、だんだん飲みたくなる。

ヨーロッパのコーヒーがどんな味なのか知らないのだが、ヨーロピアンシリーズは、ドリッパーの上層にコクのあるロブスタ豆、下層に旨味のあるアラビカ豆を入れ、ゆっくり熱湯を注ぎながらコクと香りが楽しめる「深煎り二層抽出」製法で、缶コーヒーとしては贅沢な抽出方法らしい。

発売元の日本コカコーラによると「ヨーロッパの深み。日本のこだわり。」がコンセプトで、ヨーロッパのカフェをさらに日本人向けにうまくアレンジしたのが、このヨーロピアン缶コーヒー。会場でブラクックを試飲したが、強い苦みの中にもまろやかさがある。小さい紙コップで試飲したがコクが伝わってくる。

当日はカズが1カ月に1回は行くといいう名古屋の「チェザリ」のバリスタ・鵜飼さんが登場して、「深煎り二層抽出」を実演。それを習ったカズも実際にデモンストレーションした。
b0017844_1472725.jpg


「鵜飼さんの店には10年ほど前から通っている。お店で食事しながら最後のコーヒーを飲むのが楽しみ。コーヒーを美味しくいただくために食事を選んでいる。豆の段階からこだわって煎れてくれるので、それだけのために行く」(カズ)とぞっこん。

二層抽出のポイントはゆっくり、ゆっくりお湯を注ぎながら、コーヒーを混ぜずに30秒間寝かすこと。

「焦らず、ゆっくり注ぐことが大事。香りが濃くなって、(コーヒーが)どんどん育っていく生き物のような感覚がある」とカズもこの深煎り二層抽出に舌を巻く。
b0017844_1485984.jpg


ジョージアのイメージキャラクターになって1年あまり。

「試合前に缶コーヒーをよく飲む。ここまで高いレベルの缶コーヒーはなかなかない。移動中のバスの中でもチームメイトはジョージアを飲んでいる。どんなところにいても飲める素晴らしい缶コーヒー。こだわりのあるコクを楽しんでください」とアピールする。
b0017844_149526.jpg


なお、9月19日から21日までの3日間、東京・ミッドタウンのアトリウムでパッケージが新しくなったジョージア・ヨーロピアンの試飲会が開かれている。

ちなみに帰りの新幹線の中で撮影した新パッケージはこちら。
b0017844_1533274.jpg


Ripreキャンペーンに案件参加中



人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-09-19 02:10 | Ripreネタ | Comments(0)
我が家には普通のポン酢とゆずポン酢を常備しているほど、ポン酢好きである。

で、テレビCMで気になっていたジュレポン酢である。スーパーへ行っても手に取るまでもなかったが、Ripreのモニター案件でハウスののっけてジュレポン酢が当たった。

こうした食品モニターの場合、たいていはケース単位で送ってくるものだが、宅急便で届いたのはたったの1個。これには目を疑った。

で、本題。

ジュレポン酢。

ゼリー状なので料理に乗っけて食べられるのが特徴。ポン酢といえば鍋だがそれ以外のものをポン酢を乗っけて食べてみましょう、ということ。

早速、作った晩飯で挑戦してみた。

b0017844_22465381.jpg


厚揚げと小松菜のみそ炒めにジュレポン酢をつけてみた。

まずは厚揚げから。

味噌味が濃いのでジュレポン酢が殺されてしまう。

あまり味の濃くないものに乗ってるのがいいようだ。

サラダなんかがいいだろうな。

Ripreへの新規登録はこちらから

人気ブログランキング


[PR]
by tetorayade | 2011-12-26 00:01 | Ripreネタ | Comments(1)
これが今年最後の忘年会ではない。もう1回オーラス前の30日に控えているが、きょうは格安の満腹忘年会となった。

なにせ宴会場は王将である。わざわざ忘年会をする場所でもない。忘年会というより1年に1回おやじどもが集まる会である。

がっつり食べて、飲んだ、飲んだ。

王将には宴会の飲み放題プランなんか、もちろんあるわけでもない。

でも、飲み放題プランのごとく飲んだ。

サラリーマンではないので二日酔いになっても翌日仕事が入ってなければ、深酒はできるのだが、翌日は運悪く、2本の編集会議が予定に入っている。

1件目は午前9時半、2件目は午後2時から。

いずれにしても酒臭い二日酔いの体調で出席するわけにはいかない。

こんな時、Ripreからタイミングよく「REALウコン」の案件が来ていた。
b0017844_2250277.jpg

ウコン炭酸というカテゴリー。

きょうの宴会は2時間制。2次会もなしに解散したので、30日の午後12時からスタートする最後の忘年会で真価を確かめたいが、いまのところ効かないウコンはない。

『REALウコン』についてはコチラをご覧ください。

人気ブログランキング


[PR]
by tetorayade | 2011-12-22 00:01 | Ripreネタ | Comments(1)

振動アシストの効果あり

Ripreのモニター案件で「Gillette Fusion PROGLIDE」を使って3週間以上が経過した。

毎晩風呂に入ったときに髭剃りしている。

こういうタイプの髭剃りは使っているうちに刃の切れ味も落ちてきて、思わず力を込めて剃るために剃刀負けしたりする。
b0017844_18321759.jpg

Gilletteの場合、刃の上のグリーンの部分が使っているうちに、剥げて来て刃の変え時を知らせてくれる。ちなみに、この写真は新品の状態。

電動によって力を入れなくても深剃りができることが、この商品の特徴だが、さすがに刃の切れ味が悪くなると、最初のころのように肌に当てて滑らせる感覚で剃れる、というところまではいかなくなる。

試しに電動スイッチを止めて、振動のない状態で剃ってみると、滑らかに剃れない。再びスイッチを入れてみると振動ありとなしでは大きな違いを感じる。

やはり、電動が髭剃りをうまくアシストしてくれている。グリーンの部分が真っ白になっても振動によって長く使える。剃刀負けすることもない。

出張でホテルに泊まることがあるが、ホテルに備え付けの髭剃りは2枚刃の使い捨てタイプ。

シェービングクルームもなく、石鹸でこの2枚刃で剃るときは、肌荒れの元になる。従って、ビジネスホテルに泊まった時は、髭剃りが一番億劫になる。

ビジネスホテルで同じものを置けとはいわないが、世界でも指折りの最高級ホテルともなると、「Gillette Fusion PROGLIDE」を備え付けてもいいのではないか、とふと思った。

人気ブログランキング


[PR]
by tetorayade | 2011-12-09 00:03 | Ripreネタ | Comments(2)