日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
東京都下での話し。

家にネズミがいるのか、ガサゴソするので粘着性のネズミ捕りを仕掛けた。

ところが、捕まったのは体長20センチ余りのヘビだった。ただ様子が変で何ものかに噛まれたのか血だらけで死んでいた。

再びネズミ捕りを仕掛け直した。

すると今度捕まったのは何と!

アライグマだった。

ヘビをかみ殺したのはこ奴だったのか!

しかし、東京に野生のアライグマが生息しているはずがない。きっと誰かが飼っているペットだろうと思って、交番に届けたが、交番は遺失物としては取り扱ってくれなかった。

困った家主は多摩川に沈めたとさ。



[PR]
# by tetorayade | 2017-05-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

印税の行方

カレンダーの発売は早くても11月頃だが、これが日めくりともなるとあまり関係ない。

佳子さまの日めくりカレンダーが発売されたのは4月の半ば。

b0017844_16514763.jpg

売れ行きは分からないが、気になるのは印税。

ご本人に入るのか?




[PR]
# by tetorayade | 2017-05-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

ETCのありがたさよ

仕事で岡山~徳島を回る。

今回は移動はバイクを使う。

b0017844_07481176.jpg
普段はETCを搭載しているが、領収書が必要なためにETCからカードを外して、その場で精算しなければならない。

b0017844_07483326.jpg

ま、バイクに関してはこれが結構面倒くさい。ニュートラルに入れ、こけないようにスタンドを出し、タンクバックから通行券とカードを出して、領収書を受け取り、再びカードと領収書をタンクバックに入れ、チャックを閉める。

この間数分はかかる。

ETCは便利だが、金銭感覚を忘れて高速を使う罠はある。




[PR]
# by tetorayade | 2017-05-21 07:56 | 私的ネタ | Comments(2)

コメント依存症

「コメントを読んで、私は耐性がないのでびっくりしました。一般レベルの人がそうなんでしょうか?」と精神科医の女医さん。

何でも批判したがる人が集まるもう一方のブログで、批判コメントの洗礼にさすがの精神科医も参っている。

「ほんの数%しか話していません。いちいち説明したら学会の資料のようになります。人の粗ばかりを探しています。今まで聴いたことのない話をしているんですから、認識を改めるのならまだしも、批判ばかり。参考になりました、勉強になりましたというコメントがない」

怒ってはいないというが、やはり怒っている。

コメント欄の住人は、何でもかんでも、兎に角批判しないと気が済まない、コメント依存症患者なのだろう。



[PR]
# by tetorayade | 2017-05-20 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
日本は国土が狭いので、消火栓の殆どが道路の地下に設置されている。

道交法では消火栓から5メートル以内は駐車禁止になっている。

b0017844_08513139.jpg

写真の止め方は完全にアウトだが、ドライバーの多くがこれを消火栓と気づかない。

消火栓と気づかないで、ただのマンホールと思い込んで、消火栓の真上に車を止めるものだっているぐらいだ。

消火栓の近くには消火栓であることを表す標識を立てているケースもあるが、マンホールの色は各自治体でバラバラになっているのが実情のようだ。

消火栓のマンホールであることが一目で分かる色遣いと共に、全国で統一すべきであろう。


[PR]
# by tetorayade | 2017-05-19 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
夕方5時過ぎの出来事だった。

前方をフラフラ蛇行運転する自転車を発見した。

その時の写真がこちら。

b0017844_13094372.jpg

バックショットの写真だが、異様さは伝わって来る。

目撃者によると、

「若い女の子で、酒にでも酔っているのかフラフラして危なかしかった。東京なのでひょっとしたら薬物中毒かと思った」

車で追い抜いて行ったが近くに交番があったので、事情を説明すると、署員の応対が冷たかった。

「そういう場合はすぐに110番してください」

状況から酔っ払いと判断したのかも知れない。そんなことで警察もいちいち動きたくない、というのが本音だろう。


[PR]
# by tetorayade | 2017-05-18 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
コケコッコー共和国からして、ネーミングがいい。

三重県は伊勢方面に向かい、とあるインターチェンジ近くにある。大阪からは150キロほどの距離もあり、ツーリングで訪れるライダーも多い。

平地で放し飼いの鶏が生む有精卵のたまごかけごはんが名物だ。

b0017844_08345077.jpg

写真はたまごかけごはんセットの大で、たまごが無用に5個もついてくる。

どんだけ、美味しいのかと期待したが、大きく裏切られる。

たまごかけ専用醤油もかけたが、家で食べるたまごかけごはんと少しも変わらない。

理由は一つ。

ごはんが熱々じゃないこと。

これで、美味さも半減するというもの。

贅沢に3個も入れたことも間違いだった。

たまごかけごはんは、炊き立ての熱々ごはんに限る。


[PR]
# by tetorayade | 2017-05-17 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)

見切り品には気を付けろ

ここに見切り品がある。

b0017844_10114258.jpg


とちおとめが30%引きだ。

思わず手に取って買い物かごに入れたおばあちゃんがいた。

見切り品ながらいちご好きの人が、一度は買おうと思ったが止めた。

それをおばあちゃんが買い物かごに入れた。

それを見てこう一言。

「おばあさん、これカビが生えてるよ」

「年寄りなので目が見えないのよ」

b0017844_10115534.jpg

見切り品はよ~く品定めしてね。







[PR]
# by tetorayade | 2017-05-16 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
菊川怜がIT企業経営者の穐田誉輝と結婚した。

待ってましたとばかりに、5月10日発売の週刊新潮と文春が旦那の女癖の悪さを書きたて、祝砲を上げた。

早速、穐田は名誉棄損で両者を訴えようとしたが、土壇場の所で取り下げた。

なぜなら、菊川怜は今現在もとくダネ!に出演している。

名誉棄損で告訴すれば、当然芸能ネタで取り扱うことになる。たとえ、とくダネ!がスルーしても、他局は絶対に取り上げる。

そこで、泣く泣く告訴を取り下げた、という。

告訴されたら、文春、新潮とももっと傷口を広げるネタを被せてくる予定だったようだが、第二弾は発射するのか?

菊川怜は男性経験も少なく男を見る目がなかったようだが、菊川の親としては年も年なので1回は結婚を経験させたかった節もあるようだ。

離婚するか、仮面夫婦を続けるか、さあ、どっち。





[PR]
# by tetorayade | 2017-05-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
名物に美味いものなし、といわれるぐらい、当たりくじを引いたことがない。

岩手県一関駅前は昼間でも閉まっているラーメン屋があるぐらいで、駅前は夜の歓楽街だった。

昼飯を食べるのに開いている店もないなか、開いていたのがここ。

b0017844_23561979.jpg

和風レストラン松竹。

で、入ってみる。

昼飯時でほぼ満席。

メニュー表を見ると週刊現代のグラビアページで大々的に紹介されたページが張り付けてある。

迷わず注文したのがこのソースカツ丼。

b0017844_23415305.jpg
料理が出てくるまでの間、室内を見渡すと壁には有名人の色紙がギッシリ。

薄めのかつ3枚が丼に乗る。その下にはキャベツが敷かれ、さらにその下にごはんという3段構え。甘めのソースに軽く浸されたかつは、しつこさがない。

大阪のは濃厚なとんかつソースに分厚いとんかつが定番スタイル。その対極にあるのが松竹のソースかつ丼だ。

上品なうまさが多くの芸能人を虜にしている。

今は亡き永六輔は、新幹線に乗ってでも食べたい松竹のソースかつ丼、と色紙にしたためている。

久しぶりに名物で美味いものに当たった。

[PR]
# by tetorayade | 2017-05-14 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)