日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2017年 11月 04日 ( 1 )

まさに、秘境ラーメンという言葉がぴったりだ。

場所は奈良県吉野郡の山の中。幹線道路から一歩離れ、目の前を吉野川流れている。


b0017844_16184615.jpg

b0017844_16192413.jpg


b0017844_16193426.jpg

そんな場所にラーメン「河」はある。

メニューは塩ラーメンとマグロの漬け丼のみ。

この塩ラーメンと丼のセットを食べるために、ラーメンのトレジャーハンターが全国から駆けつける。

年老いた店主一人で店を切り盛りしているので、1日限定50食。


b0017844_16231285.jpg


この争奪戦が早朝から始まる。

店の開店時間は11時。

10時に並べば、平日なら食べられる。

到着したのは10時半で、5組目だった。

名前を書いていると店内から塩スープの香りが鼻腔をくすぐる。

匂いからして、間違いない美味しさだ。

ラーメン屋なのに、店主のペースで作るので、結構待ち時間はかかる。

周辺の風景も待ち時間の味になっている。

たまに店主が外に出てきて、おしゃべりをしてくれる。マイペースだ。最初は口を動かさないで、手を動かせ、と思ったが、大自然の環境の中にいると、急ぐことはないことに、気づかされる。

30分ほど待って、召集がかかった。

店内はテーブルが3卓のみ。最大座っても12人。

先客5人がまだ食べている。

程なくして塩ラーメンと漬け丼が運ばれてくる。

透き通ったスープの色は、まさに塩。誤魔化しが効かない。

店の外で嗅いだ匂いから、イメージしていた塩ラーメンの味そのものだった。


b0017844_16231311.jpg


実は塩ラーメンは好きではないのだ。

もちろん、美味しいのだが、やっぱり豚骨が好きだ。

2時間以上もかけて、秘境までたどり着き、店に入れただけで満足してしまった。

前回は11時到着で売り切れだったからだ。

店の前を堤防工事するので、店は立ち退きの運命にある。

工事が始まれば、店を畳むつもりのようだ。

秘境の塩ラーメンをたべられるのも、後何年か。


[PR]
by tetorayade | 2017-11-04 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)