日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2017年 10月 01日 ( 1 )

日清のカップヌードルナイスを2個買った。

b0017844_18011050.jpg

前回は全く気付かなかった、というよりも普通だったが、今回は違いにたまげた。

b0017844_18003253.jpg

普通は湯を入れる線のところまで麺が詰まっている。明らかに麺の量が少ない。

少なすぎる。

ここは日清に問い合わせてみるしかない。

6時間後ぐらいに日清から丁寧な回答が来た。

一部抜粋。

「カップヌードル ナイス」の麺量は、「カップヌードル」よりも少
なく、麺の厚みもかなり薄くなっております。

「カップヌードル ナイス」を含めたカップヌードルシリーズの麺
塊は、容器の中間で「中吊り状態」に収められており、当社
では中間保持構造と呼んでおります。


これは、お湯を注いだ時に、下からもお湯が麺塊を包み込み、
3分間で素早く湯戻しをするための技術の一つです。
この「中吊り状態」になっている麺が、輸送時等に衝撃が加
わるなどして、麺塊が通常より下に落ち込んでしまい、麺の
量が少なく見えたと存じます。

また、工場での製造時に、ウェイトチェッカーでチェックしている
ので、もし容器に表示されております麺重量以下の場合には
自動的にライン上から外にはじかれるようになっております。


理由が分かって不良品ではないことに安心した。

でも、運送中に沈まないように改良を加えなければ、自分と同じような疑問を持つ人はこれからも出てくる。




[PR]
by tetorayade | 2017-10-01 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)