日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2017年 03月 13日 ( 1 )

今から10年ほど前にアメリカへ家族旅行に行った家族の話し。

家族のビザはすぐに下りたのに、旦那だけがなかなかビザが下りなかった。

やっとビザが下りたと思ったら、旦那の滞在期間だけが家族よりも短かった。

不思議に思った旦那さんは旅行代理店に聞いた。そして分かったことが衝撃の事実だった。

「それは勤務先に問題がありますね」

元々は総連系のホールで、オーナーは金正日が拉致問題を認めてから、総連から離れ、韓国に国籍を変えたものの、当局からずっとマークされているのだろう。

そんなホール企業の社員というだけでビザの発給が遅れ、滞在期間も半分にさせられた。

アメリカからすれば、来てくれることは好ましくない、と思われている証でもある。

ちなみに旦那は日本人である。

[PR]
by tetorayade | 2017-03-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)