日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2017年 03月 02日 ( 1 )

北朝鮮人でも海外で商売している人はいるが、中には脱北を企てている人もいる。

商売といっても表の商売ではなく、裏の商売だ。

主な仕事は北朝鮮で印刷された偽ドル札を古い本物のドル札と交換すること。例えば1億円分の偽ドル札を8000万円分の古い本物と交換してもらう。何故そんなことをするかというと、ピン札ドル札は一番偽物と警戒されるからだ。

後は覚せい剤の密売。日本の暴力団と直接取引していた。方法は日本海にGPSを付けたブイを投げ込む。この方法も密漁船監視の日本の巡視船の警戒が強まってあまりできなくなった、という。

この人は偽ドルや覚せい剤を売買していたため、北朝鮮ではなく、東南アジアのある国のパスポートで国内外を出入りしている。北朝鮮の国家ぐるみの犯罪をカモフラージュするためである。

暗殺された正男事件に関して、北朝鮮の犯行がバレバレなのはそれだけ体制がおかしくなっている証拠だという。

暗殺された正男とも通じていて、今回暗殺された理由は、チャン・ソンテクの隠し資産を返すように言われていたことを無視したためだと読む。

本人もこんな国家犯罪からかすめ取った裏金が500万ドルほど貯まっているので脱北する予定だ。

「ニュースにはならないが脱北者はすごく増えている。内部崩壊は既に始まっている。金日成の時までは良かったが、正日になったころから、共和国のために身を粉にして働いても報われなくなった。後10年以内に崩壊する」と断言する。

[PR]
by tetorayade | 2017-03-02 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)