日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

起業家の専門学校

フリーターの賞味期限は30歳まで!

40過ぎてもフリーター生活をしていると家庭を持つことなど放棄しているようなもので、フリーターが増殖することは少子高齢化に拍車をかける。

若くしてワーカー系の単純作業の仕事に就いてしまうと、その関係の仕事ばかりするようになり、何も身に着けることなく年だけを取る。その心についた脂肪は年を取れば取るほど取り除くことが困難になってくる。

アメリカの不況のあおりで、自動車メーカーの派遣社員の解雇が始まっている。その規模は数万人に及ぼうとしている。

元々、雇用調節弁のために生まれたようなもので、企業としては暇になれば、いつでも契約を打ち切れるとばかりに、派遣スタイルは定着した。

正社員でも40歳過ぎてリストラされると、再就職先なんてない。待っているのはワーカー系か警備員、タクシー運転手。

そもそも必要とされる社員ならリストラ対象にならない。

自分の給料を自分で稼ぎ出せない社員がリストラ対象になる。

そこで誕生したのが起業家を目指すためのスクールだ。

日本には各種専門学校があるが、起業家のための専門学校はない。

専門学校の看板は掲げてはいないが、今年4月、渋谷でスタートしている。

半年間で38万円の授業料。70人のスクール生が起業家を目指して学んでいる。入学式で「リスクを自分で払っているので、自己投資できる人はその時点で成功する」と塾長はあいさつする。

カリキュラムの中に銀行へ金を借りに行くことなども含まれている。そんなことを教えてくれる学校はどこにもない。

フリーター人生におさらばして、自立型人間を育てることが目的のようだ。

塾長自身がフリーターだった。

自動車工場のラインで働いたり、パチンコ店の派遣スタッフを経験して、人材派遣会社を興した。

順調に会社を伸ばした。

去年、社会問題となった日雇い派遣大手の資本が入った。その時点で会社を手放していたら個人の懐に5億ほどが転がり込むところだった。

上場企業は株主のためにも利益追求が求められる。やがて、意見の相違から10億円の借金をして自分の会社を買い戻すことに。

その時気づいたのが派遣会社を経営してフリーターを増殖させるよりも、向上心のある人間を育てることだった。

人の教育だけは未来永劫続く、というのが持論だ。

何の目的もなく大学へ進み、将来の方向性も決められないまま、就職する。就職できるのはまだましな方だが、就職したからといって安心はできない。

起業家専門学校が増えれば、日本に少しは活力が生まれるだろう。

人気ランキング
[PR]
Commented by 近未来豪遊 at 2008-12-04 09:21 x
言い過ぎではないでしょうか?
正直、同感ですが正社員から、リストラされて生活の為いた仕方なく契約の道を勤しんでおられる方も居ますんでソフトにどうぞ。
Commented by convenientF at 2008-12-04 14:15
今日も何人かの学生たちが「正社員内定」を取り消されているでしょう。

暮れから年初にかけて不動産や建築関連、コンピュータソフト関連の倒産が毎日発生します。
世界の建設関連企業の半分が日本、ソフトウェアに至っては80%が日本企業です。倒産して当たり前。しかし、それらの企業で働くことになっている若者たちはどうすればいいのでしょうか。

来春までには100万人ぐらいの派遣労働者が契約取り消しになると予想されています。職を失う人たちはどうすればいいのでしょうか。

とにかく、企業側が人を雇う力を失っていくのです。
それは若者たちの「無気力」のせいですか。

本日現在生活が成り立っている人がエラそうに論評できる問題でしょうか。
Commented by pon at 2008-12-04 16:27 x
麻生首相と目線が同じですね。もう彼を責める記事は書いても
説得力がないのでやめたほうがいいと思います。
このコメントへは返信しないでください。
Commented by yama at 2008-12-04 16:50 x
友人が会社を辞めて起業する、と言ったらとりあえず「止めたほうがいいんじゃない?」と言うだろうな。

成功者の話はたくさんあるが、失敗者の話は少ない
実際の数はまったく逆なことは明らか
Commented by meimei at 2008-12-04 21:01 x
企業家育成セミナーは多数存在します。
特に女性向けのセミナーは活気があります。
講師を頼まれて体験談を話した事があります。
以前キャリアウーマンだった人で、結婚してから子育てを卒業して、
再度働きたい人の成功率は高いです。成功のハードルを何処に置くかの違いはありますが、成功の理由は様々な面で余裕があることです。つまり経済基盤がご主人の収入であったり、未婚者でも企業前の仕事と平行して準備を進めたりするからです。
態々学校に行かなくても、学ぶところは都会ならたくさんありますね。

(続く)
Commented by meimei at 2008-12-04 21:03 x
フランスに親しい人間がいますので、少々薀蓄を垂れますと、
フランスの失業率は約10%です。
25歳以下の失業者は20%強となります。
この数字はここ数年変わりませんし、2000年頃は確か全体で8%強の失業率でした。フランスは財政赤字はEU目標を大きく上回ってますが、失業者への対応は日本の数段上です。会社都合で退職したら、失業保険は日本の給付期間の数倍です(詳細は人それぞれ違うのと、忘れました)。消費税だけを見ても、19.6%。これでも消費税は以前下げられた水準です。これらをあるいみ日本の福祉政策の未熟さを感じます。学校は小学から大学(国立)までは、ほぼ無料です。大学の学費は約300ユーロ=3万8千円/年間です。日本の国立大学は70万円くらいですから、相当安いですね。また学生には家賃補助の制度もあります。パリ市内なら約50%の補助があります。私の元カノは、フランスに留学して家賃8万円のアパートに住み、大学の前に専門学校に行きました。専門学校に行く、外国人留学生にも、差別無く補助がおります。
(続く)
Commented by meimei at 2008-12-04 21:07 x
これいじょうのセーフティーネットが充実しているから、若者の失業率が20数%でも社会不安が起きない現状があるのです。
日本の貧困率は、先進国の中でアメリカに続き2番目に悪い。
この事実や失業率など多方面からみると、日本の将来が不安です。
つまり日本の制度が崩壊する前兆を今、体験しようとしていると思います。それはアメリカ追随の姿勢の失敗です。
小泉内閣時代、アメリカが何故郵政民営化を迫ったか、そのことを考えれば判ることです。アメリカは毎年10月に、日本に様々な要望を出します。それを安易に受け入れたのは小泉内閣で、その真相を知らずに国民は郵政民営化に賛成して投票しました。日本人の政治に対する音痴が憂慮されます。
長文御免!
Commented by みみみ at 2008-12-04 21:30 x
>meimeiさま

高失業率でも社会不安が起きない、ということ自体は大変けっこうだと思います。ただ、その高水準が横ばいのままということは、失業者が失業から脱出できていないことを意味するのではないでしょうか。言い換えると、セーフティネットの充実ゆえ、へたに就職するよりも失業者のままでいた方が居心地がよく、「失業が職業」になってしまっているケースが多いのではないかと思うのですが。

>フランスは財政赤字はEU目標を大きく上回ってますが
>消費税だけを見ても、19.6%

meimeiさんはさらりと流しておられますが、これはセーフティネットの代償としては決して無視できないものです。果たして日本国民が「高負担高福祉」を望むのか、その副作用として当然ある国家財政の逼迫を容認するのか、なかなか難しい問題だと思います。
Commented by meimei at 2008-12-04 21:39 x
みみみ様

コメントありがとうございます
めめめ様コメントのご趣旨の通りです
フランスは移民の問題など、日本に無い特有の状況があります
今年フランスに行った際、マルセイユに寄りましたが、街中のアラブ人の比率が高い事を見た目だけでも感じました。その様な特殊事情もあるので、失業者対策は有効な面があります。
その辺の事は様々なご意見があると思いますが、日本もこれからその辺の事を考えなくてならない時期に入るのではないかと思います。昔の学生運動時代と違い、いまの日本人は大人しい。労働者はスト権の行使もしない。それが今の政治の停滞を促していると思います。事実私のお客様の与党政治家もそう話す。
(続く)
Commented by meimei at 2008-12-04 21:44 x
みみみ様

またみみみ様の問いで「果たして日本国民が「高負担高福祉」を望むのか」とございますが、望む望まないではなくて、そうなるしか道は無い状況が見えてきています。フランスの出生率は2.0を超えてます。その面から高福祉の時代が来ます。

みみみ様も私もその辺りの心配は同じだと思います。

今後もこちらで会ったら宜しくです。

Commented by tetorayade at 2008-12-04 22:01
>近未来豪遊さん
リストラされないように向上心のある人間になれ、ということです。向上心があれば必ずや必要とされる人材になっている、ということでしょう。
Commented by tetorayade at 2008-12-04 22:06
> convenientFさん
そうならないためにも、自己防衛ではないけど学ぶことを啓蒙する。
インドの数学は国家を挙げても教育プロジェクトで優秀な人材を世界に輩出しています。
本来は国が取り組むべき問題です。日本人の人間力がアップすれば世界的不況にも立ち向かえる。
やはり教育ですね。根底にあるのは。
Commented by tetorayade at 2008-12-04 22:09
>yamaさん
起業精神のある人はそうそう失敗しないと思いますよ。
リストラされたから何かするのは失敗するケースが多いかもしれませんが。
Commented by tetorayade at 2008-12-04 22:17
>meimeiさん
確かアメリカの狙いは国有化されていた郵便貯金を民営化させ、それを外資系の銀行にも日本人のお金を預けさせることだったような。
民営化されたものの肝心のアメリカの銀行や証券会社がこの様。
アメリカの狙い通りになる前にアメリカが勝手にこけてしまった。
Commented by meimei at 2008-12-04 22:44 x
tetorayadeさんへ

そうそうそうです
郵貯の莫大な金融資産を、米国系バンクや米国投資で証券市場に投入させる計画でした。郵貯資産の日本国内への流れに日本国の関与もストップさせるとどうなるか、そこまで米国は計算していたとされてます。米国は自国の利益の為には、なんでもしますからね。来年以降は米国債をバンバン買え!と日本や中国に迫るのは確実。それを買うしかない日本。核保有問題だけではなくて、経済状況も完全自由化されない日本。いつまでもアメリカの傘の下です。
Commented by tetorayade at 2008-12-05 22:19
>meimeiさん
そうです。アメリカ政府が民間企業を助けたしわ寄せは結局、国債発行で補填する従来のパターンですが、中国も日本もこれ以上支えきれない。かといってドルが暴落するとこれまでしこたまアメリカ国債を買わされている日本としては紙くずになるので支えなければならないけど、支えきれない。
Commented by meimei at 2008-12-05 23:06 x
tetorayadeさんへ

Big3への融資問題、一両日中に結果が出るようですが、
どうも全て倒産させて、日本で言う会社更正法にする様な気がします。
ノースウェストやユナイテッドやコンチネンタルと同じ道を歩む方が、アメリカの理念に合うし、その方が米国政府には都合の良い面が多い。一時的(2~4年)に自動車関係の雇用などの問題が出てくるが、プラスの面も大きい。労働組合の力を削ぎ落として、その関係の経費を充分落とせる。
だからこの数日、Big3関連のニュースが興味深いです。私の友人の自動車関連勤務者によると、米国車の性能面での国際競争力の将来は、自力では無理だと話してます。
大きな動きがあれば、ここで取り上げてください。コメントしたい事が沢山あります。フォードはかつて私が勤務していたボルボを手放す様です。その他のブランドを手放すか分りませんが、ボルボの乗用車部門は、トラック部門と別会社なので、乗用車部門だけで生き残りが出来るのか?様々なところに影響が出てきますね。

Commented by meimei at 2008-12-06 11:34 x
Big3への公的資金の投入が決まりました。
アメリカの理念は・・・。
AIG救済は政府関係資金の問題があるからと理解してましたがね。
Commented by tetorayade at 2008-12-06 22:21
>meimeiさん
大どんでん返し。救済しないと思われていたんですが。中途半端にカネをつぎ込んでも再生できるわけでもなく、延命させるだけでアメリカの財政をますます逼迫させるだけで、一度清算すべきでしたね。
by tetorayade | 2008-12-04 07:48 | 社会ネタ | Comments(19)