日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ワニ養殖というニュービジネス

衆院議員の片山さつきセンセイが特別顧問に就任しているのが全日本ワニ料理研究会。

この会は日本ではまったく馴染みがない食用ワニ肉を普及させることを目的に発足したものなのだが、何より驚いたのは食用ワニ肉を飼育しているのは日本に1カ所だけ。しかも、農家がビニールハウスの中で農業の片手間に飼育していること。

で、年間1500万円の売り上げになっているようだ。

ワニは食用の肉が10万円ほどで売れ、皮も10万円ほどなので1匹で20万円になる。

ワニ養殖の一番の利点はコストがかからないこと。養鶏場で卵を産まなくなって廃棄処分される鶏をただでもらえる。自然環境リサイクル的にも無駄がない。

ワニはあまり糞もしないのでメンテナンスも楽、ときている。

ワニ料理の需要が増えれば、ワニ養殖という新しいビジネスが生まれるということだ。

全日本ワニ料理研究会の目的はこう記されている。

・21世紀における食糧不足及び地球環境を考え、子孫に少しでも自然環境を残していくこと
・ワニ養殖の素晴らしさ及びワニ肉の栄養成分の高さ素晴らしさを料理で表現し広く知らしめる
・料理という命をつなげる大切な仕事に携わる者として栄養価の高いワニ肉を料理として提供する

全日本ワニ料理研究会の事務局は静岡県浜松市のレストラン「La・Peche」内にある。ここに行けばワニ料理も食べられるということ。

浜松といえば静岡7区の片山センセイの選挙区ではないか。

全日本ワニ料理研究も片山センセイが顧問となれば知名度も上がる。

これも一種の循環型顧問か。

人気ランキング
[PR]
Commented by enutea at 2008-11-02 18:43 x
人喰いワニのサイズではないのでしょうし
(ですがワニ皮を取るということは、それなりの大きさ?)
届け出もやってあると思うのですが
先日の無届け猛毒ヘビ飼育ではありませんが
大きくなっているワニが逃げ出さないのかちょっと心配
Commented by tetorayade at 2008-11-02 22:59
>enuteaさん
足の悪いおばあちゃんがワニにえさを投げ与えておりました。
逃げ出すことよりも噛まれないかと心配します。
Commented by ざんぶろんぞ at 2008-11-03 00:53 x
食用ワニ、さっぱりとした淡白な味の「鶏肉」といった感じです、知らずに食べたらやっぱり「鶏肉」と思うのではないかと思います、知った後では「若干の抵抗感」が出てきます、メキシコ料理かなんかの店で十年以上前に食べたので店の名前なんかは忘れていますけど(名古屋の繁華街栄か名古屋駅前だったはず、、小さな店でした)
Commented by バッキー at 2008-11-03 09:50 x
↑ 「名古屋の繁華街栄か」
大昔、栄のプリンセス通りに確かあった記憶です。一度だけ行きました。
廃鶏が利用できるのであれば、食の循環としては有効ですね。
Commented by bagabon at 2008-11-03 11:42 x
かつてヤクルトの助っ人で「赤鬼」と呼ばれたボブ・ホーナーが力の元はワニの肉と言ったとかで話題になったのを思い出しました。

オーストラリアで ワニ、カンガルー、エミウ 三種焼き肉のメニューを食べた事があります。今まで食べた事がないこともあり各々その姿が浮かんでくるので、その時は興味はあるものの、恐る恐る口に運んでいることもあり、普段食べている牛豚鶏より美味しいとは感じませんでした。何れも単に焼くだけじゃなく調理法を工夫をすれば普通に食べられるものと思います。
ざんぶろんぞさんが仰るようにワニの味は鶏肉に似ていると思います。また、同じオーストラリアで食べたサメも鶏ささみのような味・食感でした。
羊が人口の10倍もいるニュージーランドではシカ肉のステーキが有名でビーフ料理よりも高いのですが確かにこれは美味しい。日本も増えすぎて困っている地区ではもっと上手に宣伝すれば消費拡大できる食材になるでしょう。
Commented by enutea at 2008-11-03 12:03 x
シカ肉のステーキ美味そうです。
米焼酎で、カチカチに凍ったシカ肉の刺身を喰らったことがあります。
刺身は淡泊だったような記憶がありますが
焼酎(2:8)が”生”に近くて、記憶が・・・。

ワニの肉は、食用ガエルの肉に通じるところがあるのかも?
爬虫類と両生類ですからね。
ワニの肉が鶏肉に似てるってので思い出しました。
Commented by tetorayade at 2008-11-03 19:44
>ざんぶろんぞさん
食用犬よりはずっとましかと思います。犬は犬と知ったら本当に食べたくなかった。
淡白そうでおいしそう。寿司にしても食べられるようですから。
Commented by tetorayade at 2008-11-03 19:45
>バッキー さん
そうなんです。食の循環にいいんです。地球環境には優しい。食のエコです。
Commented by tetorayade at 2008-11-03 19:48
>bagabon さん
結構、何でも食していますね。肉ならなんでも本来は食べられるんでしょうが、習慣がないだけ。中南米ならもっと不思議な肉を食べてそうですが、そうでもなさそうですね。
イグアナは食用は無理ですか?
Commented by tetorayade at 2008-11-03 19:50
>enutea さん
鹿といえば奈良や宮島ですが、神の使いだから地元では食べませんかね?
熊の肉は食べましたがおいしい印象はなかったですね。
Commented by weller at 2008-11-03 20:30 x
ヤクルトの外人はたしかパリッシュだったと思います。

懐かしい響き。
Commented by TESCO at 2008-11-04 00:03 x
福岡市内にある、揚げたてを食べさせる天ぷら屋のメニューに「ワニ」とあったことを思い出しました。
Commented by enutea at 2008-11-04 02:38 x
オオカミが絶滅した後、九州には熊がいません(※)から、
シカは増え過ぎ、田畑を荒らし、樹木の苗や樹皮まで喰いまくります。
従って害獣駆除の対象になりまして肉も出回るのです。
シカばかりでなく、サルやイノシシ、カラスにも閉口していますけれど。

※ 昔、聞いた話では、九州山地の奥山には「熊」がいるけど、
  いると判れば保護が厳しくなり、狩猟の制限も厳しくなるので、
  熊がいるとは誰も詳しくは言わないということ。
  でも、この話から既に二十年くらい経ちましたから
  既に、いたはずの熊も絶滅したかなぁ。
Commented by tetorayade at 2008-11-05 00:17
>wellerさん
ネットで調べるとパリッシュですね。
いやはやネットは調べモノでは大変重宝。
Commented by tetorayade at 2008-11-05 00:18
>TESCOさん
広島ではサメのことをフカと呼び、県北ではワニと呼ぶ。
こんどその店で本当にワニかどうかチャレンジしてみてください。
Commented by tetorayade at 2008-11-05 00:21
>enutea さん
天敵の相関図ですね。
鹿は九州では普通に出回っているということですか?
Commented by 九龍 at 2008-11-05 01:04 x
私の田舎では駝鳥の家畜化を研究していたりしますが。

駝鳥も肉は食べれるし、卵も食べれるし。卵の殻は工芸品の材料になるし、もちろん皮はオーストリッチですから捨てるとこなし、
雑草でも育つので、期待しているみたいですよ。
政治家が絡んだという話は聞きませんが。
Commented by tetorayade at 2008-11-05 22:10
>九龍 さん
犬を食べるよりだいぶましです。
これもワニ同様、なかなかいいんではないですか。皮も無駄がないのがいい。
Commented by 87 at 2008-12-15 19:17 x
とても儲かりそうですけど、なぜ日本に一箇所なんでしょうかね。
Commented by tetorayade at 2008-12-15 22:14
>87 さん
需給バランスです。
ワニ料理を食わせる店が少なすぎるので、この1カ所でまかなえる。
ワニ料理を全国に広めれば、需要も拡大して養殖の需要も増える。
Commented by 87 at 2008-12-16 19:27 x
ワニ料理っておいしくないんですかね?儲かるなら(美味しいのなら)ワニの養殖業に就職するのに
Commented by tetorayade at 2008-12-16 23:26
>87 さん
日本の食生活になじんでいないだけ。だからレストランも少ない。ワニ料理を普及させている協会が静岡にあります。
食べるようになれば、いい商売になります。
Commented by 鋼鉄 at 2009-11-07 21:30 x
以前、ワニの養殖している所に見学にいったし、ワニ料理は好きで、そのワニを卸しているレストランに食べに行くこともよくあります。もう6回は行きましたかね・・・。
かなり美味です。シェフの腕がよいのもありますが、ワニのポテンシャルや利点をものすごく引き出しているといってもよいでしょう。
養殖やっているところが一箇所だけというのは、初期設備投資に2000万円という莫大な金額がかかるため自営で始める人もいないようです。
Commented by 鋼鉄 at 2009-11-07 21:33 x
また、ワニ一匹一匹にマイクロチップの発信機をつけてありますのでもし逃げ出した場合でも、どこにいるのかすぐにわかるようになっているそうです。またワニはあれで意外とおとなしく、食事のとき等は動きましが、大半は日向ぼっこしていまして、テレビでやっているような獰猛シーンはほぼ食事のときだけだそうです。また特に獰猛なワニは「人食ワニ」といわれていますが、ワニからすれば食事をしているだけなので、ナイル川でムーたちなどを食すワニと同様のことです。食べているのがムーか人間かという違いだけです。また、特定危険動物Z(危険度が最も高いランク)ですが、届出をちゃんと行っています。
上記のURLはワニ料理を出しているレストランのHPです
そのレストランが、(株)クロコダイルジャパンの名の下、通販を始めたそうです。
一度見たりご購入して食べてみたらどうでしょうか。
Commented by tetorayade at 2009-11-07 21:43
>鋼鉄 さん
一度は食してみたいですね。
できたら、ワニの養殖場で働きたいぐらいです。そこでノウハウを学んでワニ養殖でも始めようかな。
コラーゲンスープの通販ですね。これはちょっと高い。
Commented by iketyanpe at 2010-02-02 00:20 x
排鳥で食べている人知っていますが、卵産まなくなった鳥だだで頂けますかねぇ~?解体は自分でするの?
Commented by tetorayade at 2010-02-03 22:52
>iketyanpeさん
一石二鳥では?卵を産まなくなった鶏を処分するにも金がかかるのかな?

で、解体する必要はなく、鳥をそのままワニのいるところへおばあちゃんが投げ入れていました。
by tetorayade | 2008-11-02 18:02 | 社会ネタ | Comments(27)