日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アメリカは日本をポチにしか思っていない

北朝鮮のテロ支援国家指定解除の報告をブッシュ大統領から麻生首相が受けたのは解除30分前だった、という。

拉致被害国家日本に対する裏切り行為で、民主党の小沢代表は「本当の同盟国ではない」と憤って見せた。

記者団からは拉致の梃子が失われることにはならないか、との質問に対し「全然ありません」と強がってみせた。

8月の再調査合意については「エネルギー支援に対しては拉致の進展がない限り応じる気はない」と強気の姿勢をみせた。

アメリカの判断基準は利と欲しかない。その判断基準からすれば拉致問題は関心は全くない。

横田夫妻がアメリカへ行ってブッシュ大統領と面談した。同情を装い、拉致解決を約束したが、それは単なるパフォーマンスでしかなかった。

拉致問題解決をアメリカに頼っているから埒があかない。

アメリカは日本なんて所詮アメリカの属国ぐらいの意識しかないことが、ブッシュ大統領が発表したG8首脳による金融サミットの開催だ。

EUに押し切られた形だが、ニューヨークで開くことでアメリカの威厳を保たせた。

これって、麻生首相が成田で開こう、と呼びかけて流れた案件ではないか。

いつまで持つか分からない麻生政権。そういうことも含めて今年一杯はサミット議長国としての日本の威厳や存在感がまるでない。

外交は武力を使わない戦争ともいわれているが、どうして日本人は交渉ごとが下手なのか。

クリントン大統領が来日したとき、大阪のおばちゃんはキャスターでも及び腰だった不倫スキャンダル問題を躊躇することなく、ぐさりと聞いて周りを慌てさせた。

アメリカのポチといわれないためにも大阪のおばちゃんの値切り根性に培われた交渉術を見習ってみるか。

人気ランキング
[PR]
Commented by at 2008-10-20 12:36 x
『椿事件』

1993年9月21日、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
テレビ朝日報道局長の椿貞良が、選挙時の局の報道姿勢に関して

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、
なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる
手助けになるような報道をしようではないか」

との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行う。

(ウィキペディア「椿事件」)
Commented by hi-tek at 2008-10-20 13:01 x
書き込み失礼致します。本当ですね。なめられてるんですよね。言い方は悪いですが、「日本人なめんなや!」っていう気概で外交して欲しいです。私も、常日頃から根底の部分には、そういう気持ちを持ってたいと思っています。日本人の嫌な部分もあるけど、良い部分も沢山あるから、日本人であることは誇りに思いたいです。この国を憂いています。外国人と仕事をすることがありますが、(イギリスからDJを招聘したり、プロモーター業をしています。) 欧米人は東アジアのことなんかほとんど知りません。アーティストと政治家は全く性質が違うものかもしれませんが、たまに「こいつなめてんのか 日本人のこと!」って思うことがあります。そういう時は、「こら!なめんなよ!」って言ったら、結構ビビってくれますw  ダメなのですが、性格上言ってしまうことがあります...^^; 中国など、アジアの国々の多くが植民地にされてたように、歴史的背景もあるのか、アジア人のこと馬鹿にしてんなこいつらって思うことがあります。負けるな日本人って思っています!乱筆失礼致しました&貴重なスペースをありがとうございました。
Commented by tetorayade at 2008-10-20 23:14
>hi-tek さん
アジア人は欧米人に対してやはりコンプレックスがありますね。見た目の外観だけでも。加えて植民地にされた過去の歴史。
でも、唯一植民地化されなかった日本。
それは大和民族の優秀性からくるものです。もっと日本人は自信を持つべきです。
by tetorayade | 2008-10-20 07:47 | 社会ネタ | Comments(3)