日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

海上自衛隊版時津風部屋的かわいがり事件発覚

海上自衛隊の「特別警備隊」内でも時津風部屋のような“かわいがり”が常態化していることが死亡事故によって明らかになった。

現場は隊員を養成する江田島市の第1術科学校だった。生まれ故郷で小学生の時、一度だけ見学に行ったことがある。

そこは旧海軍兵学校。海上自衛隊に名称は変われど海軍魂が脈々と受け継がれている。

特別警備隊は1999年、能登半島沖で北朝鮮の不審船を取り逃がしたことに端を発し2001年3月に江田島基地に正式に組織された。

死亡事故があったのは特別警備隊の隊員を養成する学校のようなところ。厳しさでは映画「海猿」で話題になった海難救命士以上かもしれない。なにせ、海上でのテロ組織との戦いになるわけで、常に命の危険性が伴う。そのためにも、強靭な肉体と精神を養わなければいけない。

特別警備隊に入隊するには自ら志願するようだ。

訓練映像は過去に一度だけ公開された。全身黒づくめのいで立ちで特殊高速ゴムボートで不審船に乗り込んで行く映像が繰り返し流されているが、日常の訓練は極秘だろう。

そもそもがテロ対策なので情報は出せない、というのが実情か。

自ら志願しながらも、過酷な訓練について行けずに脱落者も出る。

そういう根性のないものを「異動のはなむけ」と称して、集団で訓練という名のリンチを加えることが、習わしのようだ。

特別警備隊のはなむけは1人で15人と格闘技を行わなければならない。1人50秒ほどだというが、何度も何度も倒されながら、立つのがやっとの状態だったと想像できる。14人目であごにパンチが当たり意識を失い、2週間後に急性硬膜下血腫で搬送先の病院で亡くなった。

海上自衛隊では時津風部屋の教訓は生かされなかった。

相撲部屋で脱走した力士をかわいがり、と称していたぶるのとニュアンスは近い。

両方とも死亡事故になったので明るみになったが、日本流にいうならば、おとしまえか。ヤクザの組みぬけなら小指をさしだすか、リンチを加えられるか。

これは日本の社会にはどこにでも潜んでいそうな問題ではある。

人気ランキング
[PR]
Commented by バッキー at 2008-10-14 12:40 x
残念です。国防の最前線に立つ精鋭部隊でおきた事件。
きっと何処でもありそうですね。
「かわいがり」、私もこのニュースを聞いて最初に思いついたのはこの言葉でした。
Commented by tetorayade at 2008-10-14 22:56
>バッキーさん
海猿の訓練も映画とはいえ過酷なものでした。
海上自衛隊の「特別警備隊」もやがて映画になりますかね?

Commented by 333 at 2008-10-15 01:06 x
自衛隊の発表では通常は1対15のような訓練は行っていないとのこと。
訓練に参加した隊員の証言では「半ばあたりですでに突っ立っているだけがやっとの状態だった」そうです
要は、抵抗力を失った相手に対して徹底的に痛めつけるのが目的だったようですね。
米軍や欧州では「私はもうついていけないので訓練は辞退します」と宣言するとその時点で落伍ということで訓練を受ける資格を喪失し。
以後そのひとに無理やり訓練を施すなんていう無駄はしないんだそうです。ふるいにかかけるというのはそういうことです。


Commented by tetorayade at 2008-10-15 22:23
>333さん
映画「男たちの大和」でも冒頭に上官がパイプでしりをたたき上げるシーンがありましたが、海軍魂は今も脈々と続いているということ。それが今の時代にそぐわないにもかかわらず。
ついてこれなくなれば根性を入れられる。
組みぬけするのに小指を差し出すかのごとく、15人を相手にぼこられる。
これで志願者が減ることでしょう。
by tetorayade | 2008-10-14 07:41 | 社会ネタ | Comments(4)