日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

素粒子論で日本人3人がノーベル物理学賞受賞

夕刊の一面トップには「東証一時1万円割れ」の大見出しが踊る。

アメリカ発の世界同時株安の暗いニュースが流れる中、日本人3人が今年度のノーベル物理学賞を受賞した。

高校に入学して物理の壁にぶち当たり理科がすっかり嫌いになったため、この手の話題には触れたくないのだが、ニュース23で立花隆が分かりやすく解説していたので、書いてみる気になった。

素粒子理論。

この言葉を聞いただけで拒否反応が起こってしまう。

詳細は受賞した一人の小林誠名誉教授が所属する高エネルギー加速器研究機構の素粒子理論の大予言 に書かれているのでそちらに譲る。

一言で言うなら物質の根源を証明したそうだ。

物質と反物質が合体すると消える…
わけ分からない。

頭が痛くなる。

そんな小難しいことより、益川敏英京都大名誉教授がいい味を出している。

受賞の感想を聞かれ「他人事。関心は他に移っている」とそっけない。

その言葉の理由を解説したのが立花氏。

素粒子理論の論文は世界的に高い評価を得ていた。本来なら10年か20年前に受賞してもおかしくなかった完成された理論で、それを証明できなかったので時間がかかった、ということ。

益川教授はパスポートを持っていない。

去年も候補には上っていたので周りからパスポートを取るようにいわれていたが「不確実性のことには行動しない」。

デオキシリボ核酸。

今でも忘れない。高一の時、この出会いから物理が嫌いになった。

人気ランキング
[PR]
Commented by 九龍 at 2008-10-08 00:50 x
えぇと、DNAとの出会いで、どうして物理嫌いになるのかが、ちょっと謎なのですが。
Commented by バッキー at 2008-10-08 08:41 x
益川、小林の両先生とも生粋のナゴヤ人。またひとり郷土の誇りが増えました。
益川先生、確かにいい味を出していますね。好きです。
追記 小林先生は海部元首相のいとこ。
Commented by gabefunyaa at 2008-10-08 13:49
>本来なら10年か20年前に受賞してもおかしくなかった完成された理論で、それを証明できなかったので時間がかかった、ということ。
20年少し前に物理学科の学生でした。
確かに当時、周囲の先生方が「小林・益川はノーベル賞を取る可能性がある」と、言ってました。
(他の先生は、利根川先生の弟の「利根川さんが医学生理学賞を取る」といい、
こちらは当時すぐに実現したのですが、小林・益川はすごく長く待たされた、という感じです。

Commented by tetorayade at 2008-10-08 22:37
>九龍 さん
その質問は九龍 さんが理系人間だからそう思われるのだと思います。
ニュース報道を見ていてもキャスターはほとんどが文系なのでチンプンカンのようです。
Commented by tetorayade at 2008-10-08 22:38
>バッキー さん
名古屋のみなさんおめでとうございます。
ちなみに、二人とも味噌煮込みは好きなんでしょうか?だとすれば、味噌煮込み頭脳。
Commented by tetorayade at 2008-10-08 22:47
> gabefunyaaさん
直接、先生の教えを請うという意味ではないんですね?
文系人間には頭が痛くなるだけの物理学。
Commented by enutea at 2008-10-09 00:31 x
やっぱノーベル賞ってタイミングがズレちゃうと感じてしまいます。
素粒子って聞くと「何を今更当たり前」って思うんですが
そうか!証明に手こずってたんだ、と合点がいきました。
今はもっと先の先に物理学の話題は移動していたような。
もっとも、私は高卒なんで、解説を読んでも聞いても
途中で話が解らない状況に陥ります(^_^ゞ
Commented by tetorayade at 2008-10-09 22:49
>enuteaさん
昨日に引き続きくらげの研究で化学賞を受賞した下村氏の研究も昭和の研究。
発表して30年後、40年後というのもなんなんですかね。
Commented by enutea at 2008-10-10 00:14 x
1人は、アメリカ人・・・ううむ国籍かぁ。

「1人のアメリカ人と2人の日本人」というのも報道されまして仰け反った次第。
それではまた。
Commented by zeon at 2008-10-10 16:54 x
南部陽一郎さん、ノーベル賞受賞おめでとう。
昔 講談社ブルーバックスの「クオーク」(南部陽一郎著)を読んだ事があります。そんなに全部理解したわけではないけれど。
他の方のお名前は初耳だ。

クラゲのたんぱく質の人って、外人ぽいですね。

tetorayadeさん、デオキシリボ核酸(DNA)はどっちかというと生物学だと思います。そんなに物理を嫌わないで。

PS.近々大阪に行くので、やっとヤバフォに行けそう。
Commented by tetorayade at 2008-10-10 22:18
> zeon さん
生物と物理の区別もつかないくらい、とにかく理科嫌いは高校に入って加速しましたね。
クオークを読んだことがある、というだけでも尊敬してしまいますね。
私も、化学賞の人はそう思いました。
ヤバフォ見参おめでとうございます。
フリーフォールは止まったままですが。
Commented by tetorayade at 2008-10-10 22:21
>enuteaさん
化学賞の先生もアメリカ国籍。
とはいえ、だれもアメリカ人とは思わない、と思いますよ。
by tetorayade | 2008-10-08 00:15 | 社会ネタ | Comments(12)