日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

麻生短命内閣がスタート

麻生短命内閣がスタートした。

特徴は麻生総理を筆頭に閣僚18人中、11人が2世、3世の世襲議員であるということ。今回はハマコーの息子も初入閣した。

自民党にとっては鬼門中の鬼門。注目の誰もなりたがらない農林水産大臣には軍事オタクの石破氏が就任した。

「そんなに長いことやるわけではないので、ここは黙って目をつむって引き受けてくれ、なあ、石破先生、頼むよ」と遊説中に口説き落としていたのかも知れない。

この内閣には何も期待していない。そもそも麻生内閣としての仕事をする前に解散総選挙に打って出るわけだから、審判のしようもない。

まさに、選挙用の組閣だ。

そのいい例が小渕優子議員の少子化担当大臣。34歳での大臣は戦後最年少大臣だという。

2000年、元総理の急逝で政界に入ったばかりだと思ったらもう大臣。短命内閣だからできる技。

親の七光なのか、成城大学卒業後はTBSへ入社していた。テレビ局は政治家のこねがものをいう。しかも、おやじが有力議員。というのは憶測にせよ、総理になると私設秘書になるために、間もなく退社している。

何も期待されていない選挙用麻生短命内閣がスタートした。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-09-25 07:46 | 社会ネタ | Comments(0)