日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

それでもWBC協力を惜しまない王監督

ダイエーの王監督が今季限りでユニフォームを脱ぐことになった。シーズン途中での発表だった。

胃の全摘出手術後、2シーズンもげっそり痩せこけた姿で監督という激務を務め続けたことを考えると「ご苦労さまでした」というより言葉がない。


阪神を辞める時の星野監督と違って、体調不良から来る痛々しさは誰が見ても分かる。これ以上、「監督を続けて下さい」とはいえない。

この2年間は子飼いの秋山を後任監督に育て上げるための2年間だったものと思われる。2軍監督を経験させ、去年からはヘッド格のコーチ昇任させ、帝王学を叩き込んだ。

やることはきっちりやって引退発表。

「しばらくはゆっくり休みたい」というが、引退後の国民の関心事といえば、来年開かれるWBCの日本代表監督。

引退したからには要請があっても辞退するのかと思ったらそうではなかった。

協力は惜しまない立場だった。

まるで、最後の死に場所をWBCに求めているかのようである。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by ピア at 2008-09-25 00:12 x
こんばんわ。

>死に場所を求めているよう
その通りかもしれませんが、王さんや長島さんに頼るのは
もうやめにすべきではないかとも思います。

王さんのことですから、グラウンドで死ねれば本望と
お考えでしょうし、頼まれれば断るのは失礼という
お人柄ですし。

数年はごゆっくりしていただきたいです。
Commented by tetorayade at 2008-09-25 23:35
>ピアさん
総監督という含みもあるようですね。
ベンチ入りして心の柱でしょうか。
by tetorayade | 2008-09-24 07:43 | スポーツネタ | Comments(2)