日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

早くも化けの皮が剥げた後期高齢者医療制度廃止の舛添私案

民主党の長妻昭議員が怒っている。

20日土曜日のサタズバで発言した舛添厚生労働大臣の後期高齢者医療制度の廃止論は、総選挙対策用のリップサービスでしかない、と。

75歳の区分廃止も、75歳以上で働いている人は切り分けなくてもいい、という微修正に終わりそうな気配だという。

テレビの生放送で目を剥いて「どんなに論理的で細密に作られていても、国民が支持しないような制度は大胆に見直すべきだ」「年齢では区切らない」と現行制度を廃止することを明言した。

発言したときはまだ厚労大臣だった。私案だったにせよそれを、トップダウンで抜本的改革の指示を厚労省へ出しているわけでもない。

それが今では年齢「のみ」では区切らない、と微妙な言い回しに変わっている。つまり、一部の微修正は行うが、ぶち上げた「廃止論」とはほど遠い内容になりそうだ。

策士舛添議員はこのままでは麻生総理でも総選挙には勝てない、と踏んだ。ここは国民の関心事である後期高齢者医療制度の廃止をぶち上げ、それを麻生総理が引き継ぐかのような雰囲気を作り出した。

長妻議員が懸念するのは、国民が年金記録問題のときのように再び騙されようとしていること。自民党は年金記録問題を最後の1人まで確実に照合する、といいながら選挙が終われば、そんなことは不可能的にギブアップ。

今回も総選挙では大幅な見直しとかいって、国民に淡い期待と誤解を与えるだけ。

選挙用の空手形に騙されるほどアホでもない。

人気blogランキング
[PR]
by tetorayade | 2008-09-23 20:18 | 社会ネタ | Comments(0)