日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

後期高齢者医療廃止案はイタチの最後っぺ?

社民党の福島瑞穂議員から「選挙用に心地いいことをいっているんではいないか」と突っ込まれると「今までも政治生命を賭けてやってきた!」と舛添厚生労働大臣は気色ばんだ。

朝刊の一面トップで舛添大臣が「後期高齢者医療」廃止に踏み切ったことを伝えている。

早速、その件でサタズバに生出演した舛添大臣は、1年以上かけて議論したうえで関連法を改正して新制度に移行する、と持論を展開。民主党の長妻昭議員らとこの問題で議論を戦わせていた。

ベッドの中、寝ぼけ眼の中でテレビを見ていたので、詳しい内容は覚えていないが、選挙用パフォーマンスではないか、と福島議員から指摘されると目をむいて反論した。

舛添案を次期総理が採用するかどうかは、総理次第だが、根回しはできているようだ。

福田内閣は24日に総辞職。舛添議員が再び厚労大臣に就任するかどうかは、まったくの白紙だが、こういう継続問題は再任させるのがベスト。大臣がころころ変わっても国は動くということは、大臣は所詮、省庁のお飾りでしかないことが分かるが、年金や医療問題は別。

解散総選挙で民主が政権を獲ればこの舛添案も宙に浮く。イタチの最後っぺにならないようにして欲しいものだ。

人気blogランキング
[PR]
by tetorayade | 2008-09-20 10:43 | 社会ネタ | Comments(0)