日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

お一人様20万円のボランティア植樹ツアー

北京第1号店となる「イオン北京国際商城ショッピングセンター」が10月10日に、北京市郊外にオープンする。
b0017844_2094435.jpg

財団法人イオン環境財団は、1998年から万里の長城で植樹を行っているが、北京1号店のオープンを記念して、開店前の10月初旬に、日本から3泊4日の日程で植樹ツアーが組まれている。

参加者はイオングループの取引業者。半ば半強制的に、この植樹ツアーに参加させられる。

イオンはボランティア活動を謳っているために、全員手弁当。日本からの参加費用は1人当たり17万円。各自の会社から空港までの交通費などを加えると20万円近くかかる。この旅費がすべて自腹。

北京3泊4日の格安ツアーなら、全食事付きで2万9800円也。ちょっと抜きすぎではないか。取引業者にはボランティア参加を強制させて、ツアー代でもボロ稼ぎ。

植樹して中国に恩を着せるのはすべてイオンの手柄。

イオンに仕事をもらっている以上、取引業者は断ることはできない。時には新規取引の条件に参加をちらつかされたりする。

中には体験型社員旅行と頭を切り替えて参加する会社もある。

去年参加した人は「今年は行かない。帰ってから1週間下痢が続いた。コカコーラのロゴが入ったミネラルウォーターの中身も全部水道水だった」


人気ブログランキン
[PR]
こんばんは!このネタでいつものハンドルネーム使うと身元がばれそうなので・・・w
この植樹ツアーの旅行代理店はイオングループのジャスベルです。
高い料金の割りにはショボイ旅行でした。添乗員がとても頼りなくブーイングの嵐でした。

万里の長城で・・・と謳っていますが、植樹するところから長城なんて見えません。植樹作業は、既に穴が掘ってあるところへ、配られた苗木を納め、土をかける程度のもので、小一時間ほどで終了しました。

最悪なのはトイレでした。10m四方程度をレジャーシートで囲み、地面に溝を掘ってあるだけでした。大も小も。個室など無く、日本人の女性は絶対に使用していなかったと思います。私はオシッコだけしましたが。

イオンの社員が取引先をどれだけ集められるかを競う―まるでクリスマスケーキをムリヤリ売りつけられるような―頭数合わせの強制参加でした。ウチは社員総出の参加でしたから、現在は大口の取引をさせてもらってます。
この植樹ツアーは5年連続で行うことが決まっているそうなので、今年を入れてあと4年もあります。
でも中国はもういい・・・。
Commented by enutea at 2008-09-18 03:56 x
な~るほど!AEONグループの"植樹"のCM見たことありますが
「もの凄い"キレイ事"のイメージCMだなあ」と思っていたら
実態は、こういうイベントでも荒稼ぎする商魂たくましいものなのですねぇ
最近のボランティアで参加者は、労力や知識等を提供するんですから
必要経費ぐらいは、参加できない人達からの寄付金等で
カバーできるようなシステムを構築すべきじゃないでしょうか?

それに災害地に植樹するわけではないのでしょうから
最小限度の労働環境も整備しとかないと次に繋がらないでしょうねぇ。
って、こんな状況じゃAEONも、"事故米の食用米転用事件”と
似たような事してるかも?!まあ想像の域を出ませんが(^_^;)
Commented by tetorayade at 2008-09-18 22:30
>しが さん
なるほど。このハンドル名で、みなまでいうな、ですね。
ちゃんと読んでいる、ということですね。
このネタでちょっと引っ張れそうです。よろしく。
Commented by tetorayade at 2008-09-18 22:33
>enutea さん
どんな立派な大企業でも叩けば埃は出てきますよね。
結局、業者を泣かせているわけですから。みんなが喜んで、かつ進んでやるボランティア活動でないと本物とはいえませんね。
by tetorayade | 2008-09-17 20:10 | 社会ネタ | Comments(4)