日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

小池百合子は本当に霞ヶ関をぶっ壊せるのか?

昨日、「霞ヶ関を解体すると誰もいわない」と書いたが、小池百合子は「霞ヶ関をぶっ壊す」をスローガンに掲げていた。

さすがに、小泉構造改革路線を継承するだけのことはある。小泉が小池支持に回ったことで「超うれしい」とかわいぶって見せた。

小泉は「自民党をぶっ壊す」と叫んで総裁に選ばれた。

総裁選の顔ぶれの中で一番分かりやすいことばは、この「霞ヶ関をぶっ壊す」というシンプルなフレーズ。汚染米事件が広がりを見せる中で、タイムリーでもある。

小池は霞ヶ関の仕事を地方へ委譲させることが、すなわち霞ヶ関をぶっ壊すことだという。

その点他の候補者は何がしたいんかよく分からない。

ただ、われわれに自民党総裁選の投票権があるわけでもないのに、総裁選の街頭演説をすることに何の意味があるのかと思われるが、それは、誰が総裁になったときに、総選挙で戦えるかを見極める必要があるからだ。

この論理で総理になったのが小泉である。街頭演説の人気ぶりを見て、勝てるはずのない小泉に地方議員票が大きく動き、勝ち馬に乗る国会議員票が雪崩を打った。

それでも、麻生の圧勝は変わらない。

9月22日の投票で仮に過半数を取れなかった場合は、2位との決選投票になる。では、誰が2位になるのか。

小池の選挙対策本部の衛藤征士郎は小泉と会談したときに「俺は小池氏を支持する。小池氏に1票入れる。『小池首相』が実現すれば、小沢民主党と良い勝負ができる」と小池支持を表明した、というがこれが?マークがつくらしい。

一緒にめしを食ったのは事実だが、その場では返事を濁している。江藤が小池支持でいいんですよね、と詰め寄った時に生返事したのを「支持」と勝手に解釈している、という。

もっともらしさを演出するために、わざわざ紙に書いて読んで見せた、というのが真実とか。

もっとも小泉の影響力も1/3に衰えているので、小泉チルドレンの「83会」の票がそのまま入るかは不透明。

麻生が総理に選ばれた場合、戦後の混乱期を除いて、最短内閣になる芽が出てきた。

9月24日に自民党総裁に就任。支持率が7割以上なら解散総選挙。5割以下なら先延ばし。

で、総選挙が一番早い日程が10月26日で33日。11月2日で40日、11月9日で47日。

宇野内閣の69日、羽田内閣の64日と比べても断然短い。

この総裁選は勝った者が負けのようにも思えてくる。

自民党は誰が総裁なら総選挙は勝てるか。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-09-14 09:15 | 社会ネタ | Comments(0)