日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自民党総裁選はプロレス

今回の自民党の総裁選はプロレスらしい。

つまり筋書きのあるストーリー通り。候補者が次々に名乗りを挙げているが、勝つのは誰かあらかじめ決まっている、ということ。

候補者が乱立するのは、マスメディアの関心を一気に自民党へと引き寄せる狙いのようだ。

月曜日の夜に福田首相が突如の退陣表明。それに続く総裁選。いやが上でも関心は高まる。

自民党の術中にはまるがごとく、日曜日の朝の番組は、報道2001、サンデーモーニング、サンデープロジェクト、はもちろんのことサンジャポまでがこの総裁選をトップニュースで時間を割いて報道していた。

確かに総裁選の行方は関心があるが、候補者の顔ぶれを見ると後から手を上げた棚橋泰文、山本一太議員らは明らかに泡沫候補。枯れ木も山の賑わい。果たして7人の候補者の中で何人が20人以上の推薦人を取り付けて正式に立候補するのやら。

こんな茶番劇を見せられていたら、ますます国民は民主党に政権を取らせてみようかと思うばかり。

衆議院解総選挙後を睨んでの総裁選びになるのだが、自民党ではこの国を変えられるわけがない。

戦後、官僚と自民とが癒着して来た結果が今のざま。官僚のいいなりに政治を進め、税金の無駄遣いを重ねた結果が国家の危機的赤字財政。会社ならとっくに倒産している。

テリー伊藤が安倍、福田の途中退陣をこうたとえた。

「ソムリエにまずいワインを2度も出された。普通ならお客はテーブルをひっくり返して、別のレストランへ行く」

自民党というソムリエは3度もまずいワインを出そうとしている、ということ。

自民とがどんな華々しい総裁選を展開しようとも、国民はそんな茶番劇に直接付き合うこともできないし、誰がなろうとも日本を変えることはできない。

民主党の野田よしひ議員が乱立の裏側を面白く読み解いていた。

与謝野馨、小池百合子らはいずれも東京選出なのだが、予想される解散総選挙では落選することもありうることなので、総裁選で名前を売りたいがため、と。

与謝野の東京1区には前回は落選した民主党の海江田万里の地盤。
小池の東京10区は自民党から新党日本に鞍替えした小林興起の地盤。

民主党人気が高まれば総裁候補が落選なんてこともありうる。


人気ブログランキン
[PR]
 まったく、公明党の許可もなく勝手にでる出ない騒いでる自民党の議員たちには呆れちゃいますね。公明動かずば、自民手立てず。素手の自立すらできないので自分党に劣化してしまった。不幸なことに公明なんて政権が取れればどことでもくっつく吸盤、コバンザメでしかないということ。祈るだけじゃダメで、金だよ  だもんな。堕落した宗教屋が多数決を勘違いしておもちゃにしてる。来世で救われるから ね。
 火星に行くしかないかもです。
Commented by tetorayade at 2008-09-07 23:11
>えびちゃさん
公明党が完全に政教分離できるなら民主党は連立を組んでもいいみたいなことを聞いたことがあります。自民党にしろ、民主党にしろキャスティングボートを公明党が握っているところが情けない。
自公連立した時点で終わっている。未だにキャスティングボートを握られっぱなし。
Commented by ざんぶろんぞ at 2008-09-09 20:49 x
公明がどうなるかは知りませんが、、、
本気でこの顔ぶれでやるなら死ぬ気で反民主運動しますよ。
ttp://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20080909-04-0202.html
Commented by tetorayade at 2008-09-09 23:05
>ざんぶろんぞさん
あくまでも予想であることを祈ります。
by tetorayade | 2008-09-07 19:27 | 社会ネタ | Comments(4)