日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

福田首相に引導を渡した?石井選手

「福田総理は腹黒いところがないので人気がない」と言い放ったのは柔道金メダリストの石井慧選手。たかだか21歳の若造の発言が全国の茶の間に繰り返し流れた。

福田首相もこのシーンは「うふっ」とシニカルな笑いを浮かべ、苦々しい思いで見たことだろう。

福田首相擁護なのか批判なのか。

北京オリンピックでスタンディングオベーションで日本選手団を迎え入れなかったのは、福田首相だけ、とリーダーシップ論が再燃した。

辞任を決意したのは先週末だという。

この石井発言が引導を渡した、と勝手に思っているのだが、1日午後9時半から、福田首相が突然の辞任会見を行った。

安倍前首相に引き続きわずか1年足らずで政権を途中で投げ出す結果になった。

自公政権の限界でもある。

公明党の太田代表も「熟慮した結果の判断。明日から対処する」と言葉少なく答えるのがやっと。

突然の辞任理由は自己の能力を鑑みるものだった。

支持率も20%台では政権担当能力がないことを自覚している。

臨時国会が始まって国会が空転するよりも、今のタイミングを選んだ、ということ。それよりも新しい布陣でのぞむほうが間違いなく国益につながる、と判断した。

なってはならない人が首相になっただけのこと。

二世議員の悪い習性。

苦労して掴んだポジションではない。だから簡単に投げ出すことができる。

1年で毎年のように首相が変わるようでは世界の笑いもの。国際的信用力も急降下だ。

それ以前に国民が不安になるばかりで、この国の将来にますます希望が持てない。

次期首相は麻生が既定路線なのだろうが、毒餃子問題で中国にガツンといえる人物になってもらいたい。

しかし、ここんところ2世議員ばっかり。

ひ弱で打たれ弱い。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-09-02 00:38 | 社会ネタ | Comments(0)