日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

漁業だけを手厚く保護?

原油価格の下落に伴い、ガソリン代が若干下がるようだ。

9月から8月に比べ卸売り価格で5円。

ここ最近はGSに行っていないんで実感がないが170円台半ばになるらしいが、まだまだ十分高いことには変わらない。

ガソリン代の高騰に悲鳴を上げているのはなにも漁民だけではない。

毎日、物を運び物流の要であるトラック業者も大変なことには変わらない。

そこで全国のトラック業界も立ち上がった。

燃料のサーチャージ制の導入と高速道路の値下げを求めて各地でデモ行進を展開したが、漁民の時のようにマスコミが大きく取り上げることはなかった。

この違い、漁業の場合は国民の食の問題に直結するからなのか? マスコミの露出度には雲泥の差がある。

漁民は全国一斉休漁で国からの745億円の補助金を勝ち取った。

漁業はなり手の少ない業種で漁民の高齢化が進み保護、育成が必要ではある。

一つの業種に補助金をだせば、トラック業界だけではなく、重油を炊いて温室栽培する農家だって国から助けてもらいたくなる。

漁業だけが特別扱いされることに違和感を感じる。

助けるのならみんな助けろ。

トラック業界の要求に対して国はどう応えるのか、見ものである。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by いさた at 2008-08-28 23:58 x
票につながりそうに無い業界には、ばらまく気は無いんじゃないでしょうか。
農家の方が可能性は高いのかもしれません。

トラック業界が一致団結してストライキでもやれば、注目度は上がるのでは。
Commented by tetorayade at 2008-08-29 21:29
>いさたさん
最近は電鉄会社はストをしなくなりましたが、トラック業界はそこまで業界としてのまとまりがないんでしょう。ストされるとたちまち困ります。漁船はストしてもほとんど影響がなかった、というのに。
by tetorayade | 2008-08-28 07:45 | 社会ネタ | Comments(2)