日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

男子400リレーでメダルの可能性が見えてきた

女子ソフトボールで日本がアメリカを撃破して悲願の金メダルを獲得した。今大会を最後にオリンピックの正式種目から消えるソフトボール。

まさに最後に有終の美を飾ることができた。ピッチャー上野の執念の連投があればこそ、打線も踏ん張れた。

記念すべきこの日に男子陸上400メートルリレー予選で、日本が3位通過で決勝に進んだ。

400メートルリレーといえばアメリカの国技のような種目だが、最終走者へのバトンミスでアメリカがまさかの予選落ち。こんな幸運にも恵まれての決勝進出となった。

予選で強豪が自滅してくれたために、メダルの可能性が俄然出てきた。

それより、アメリカの不甲斐なさだけが目立つ陸上短距離。女子200でも金メダルはまたしてもジャマイカだった。

どうした、アメリカ!

中国は北京オリンピックでアメリカに絶対勝つために、中国4000年の秘技でも使っているかのよう。

いずれにしても、今日の決勝が大変楽しみになった。これまでの陸上といえば、ファイナルに残ることだけが、目標だったが、今回はメダルの射程距離圏内にいるのだから、格別だ。

黒人との身体能力の差は歴然としている中で、黄色人種がメダルを取ったとなると快挙だ。

昨年の大阪世界陸上で引退を決意した朝原選手に花道を飾る意味でもメダルを狙って欲しい。

リレーはバトン渡しが命。

アメリカチームのバトンミスでも分かるように、何が起きるか分からない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-22 07:48 | スポーツネタ | Comments(0)