日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

オリンピック憲章で禁止されていることとは

何の試合だったかは覚えていない。屋内競技だったことは確か。

優勝したときに観客席から国旗が投げ入れられようとしたときに、係員に制止された。そのときアナウンサーが「オリンピック憲章で禁止されていますからしかたありません」といっていた。

オリンピックで優勝した選手が、場内で国旗を身に纏うシーンはよくあることで、北京オリンピックから禁止されたのかと思った。

まだ北京オリンピックが開会して間がないころだったから、余計印象に残っている。しかし、その後は制止されることもなく、各国の選手がやっている。

では、何がオリンピック憲章で禁止されているのか?

調べてみたら、北京オリンピックでは「競技技会場内で横断幕を掲げたり、集団でそろいの服を着たりすることを禁じている」

聞き間違いや、空耳ではなかった。国旗ではなく横断幕でも投げいれようとしたのか。

そういえば、あさズバのみのもんたは、今週から夏休みを終えて復帰するものと思ったら今日も出ていない。

先週末、確か柴田アナは「来週からみのさんは復帰します」といっていたのだが、これも聞き間違いかと思ったら、「明日から復帰します」と今朝は確かにいっていた。

北京へ行っている高畑百合子アナは、みのに変なツッコミをされないので、伸び伸びとやっている。

しかし、いつも怒っているみのがいないあさズバは空気のような番組になってしまい、局アナの柴田では番組は持たない。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 九龍 at 2008-08-20 22:35 x
たしか、それはオリンピックでのゲリラマーケティングを規制するための
規定だったような気がします。

つまりは、オフィシャルスポンサー以外の企業が、観客にTシャツを着させることで、露出することが無いようにという。
Commented by tetorayade at 2008-08-20 23:15
>九龍さん
観客が一番困るのが会場の中にレストランがないことだとか。食に非常に困っているようです。あるのは公式スポンサーのマクドナルドだけ。それぐらい公式スポンサーの力は強大。
ゲリラマーケティングでいえば江頭25:00は一人でゲリラマーケティング大成功でしたね。
by tetorayade | 2008-08-20 07:45 | スポーツネタ | Comments(2)