日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

北島200でも金!

有言実行の男は、約束通り平泳ぎ200メートルでも金を取ってくれた。

2冠2連覇となった。さすが、北島康介だ。

しかし、100の時と違って本人は至って冷静で、喜びもあまりない。理由は世界新を出せなかったこと。世界新で優勝を狙っていただけに、それが残念だったようだ。

勝利者インタビューでも、目を真っ赤に腫らすこともなく「記録が出なくて悔しい。優勝できたことには感謝しています」と淡々と語った。

200メートルには永年のライバルであるハンセンの姿はない。アメリカ予選で早々と脱落したために、200メートルには事実上北島のライバルは存在しなかった。

50のターンで先頭に立つと、大きなストロークでひとかきごとに、差を広げて行く。ターンしたときにストリームラインがきれいな北島はこのときに頭一つ出て行く。

実況のアナウンサーは「ターンするたびに金が近づいてきます!一ストロークごとに金が近づいています!」と興奮する。

150のターンで優勝は決まったようなものだった。体一つ分リードして、そのままゴール。

記録は2:07:64

優勝こそしたものの水中で雄たけぶような感情を爆発させることはなかった。見ていても残り50で勝ったも同然で、接戦にもならず見る側のボルテージもさほど上がらなかったことも確か。

オリンピックレコードにはなったが世界新には至らなかった。その原因を後半の残り50が独泳になったために、もうひと掻きの力強さが発揮できなかったためか。

静かな喜びの200メートル金だった。

表彰式の後、もらった花束をスタンドに投げ入れたが、受け取ったのは元金メダリストの岩崎恭子だった。彼女は確かTBSの解説者として北京に来ているが、これはネタになるだろう。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-14 11:27 | スポーツネタ | Comments(0)