日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

黒い噂のアーバンコーポレイションが倒産

不動産関連の倒産が連日のように続いている中、ついに東証一部の不動産大手のアーバンコーポレイションが東京地裁に民事再生手続きを申請し受理された。負債総額は2558億円。今年最大の大型倒産となった。

アーバンコーポレイションに興味を持つようになったのは、房園社長の元に融資を頼みに行った知り合いの若手経営者の話を聞いてから。

「お前はここから飛び降りる度胸があるか」

彼はまっとうな商売をしているのだが、父親は裏社会の人間。

そんな彼が房園社長の男気に心酔した。

さらに最後の大物総会屋として小説の題材にもなった小川薫が、6月にアーバンコーポレイションの房園社長を恐喝した容疑で逮捕されたことで、関心が高まってきた。

反社会勢力とのつながりを株主総会で暴露すると脅した疑い。

小川容疑者は金を要求していない、と容疑を否認していた。

アーバンコーポレイションは反社会勢力とのつながりはきっぱり否定しているものの、房園社長自身、過去には暴力団の結婚式に出席しているようだ。

新興不動産会社は軒並み苦境に立たされているらしい。どうやら、裏社会との関係は多かれ少なかれあるようで、地上げなどを経由して資金がそっちに流れているようだ。

それを断ち切るために金融機関が一斉に蛇口を閉めた、という見方もある。

表向きはサブプライム問題の余波で外資ファンドが不動産投資を抑えていることが大きく影響している、ということになっている。

そういう状況で、フランスのBNPパリバは7月にアーバンコーポレイションが発行する転換社債の300億円の第三者割り当てを引き受けた。一息ついたかに思えたが、これには裏があったようだ。BBのという投資対象にならない格付けの会社に融資すること自体おかしな話。株のことはよく分からないが、パリバは空売りしていたようだ。

アーバンコーポレイションは前期で過去最高益を出しながら、金融機関の協力が得られなかったことに房園社長は悔しさをにじませている。

赤字でもないのに金融機関が見限ったということは、反社会勢力との関係がなかったとはいえない何よりの証拠だろう。

黒い噂で潰された、ということか。

そういう意味でも小川薫は正しかった。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-14 08:55 | 社会ネタ | Comments(0)