日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

野口みずき、痛みが取れれば出場は可能

野口みずきのけがは、大腿二頭筋あたりの肉離れだった。医者の所見では快方に向かっている、というが残された1週間を切った。

本人は「出たがっている」というがここ13日までに結論を出さなければいけない状況。

出場を決めたい上は現地に行ってから欠場することはないようだが、いずれにしてもこの2~3日間はやきもきさせられる。

肉離れは回復するまでに6週間はかかるようだ。

今月はじめに肉離れを起こしたとしたら、通常でいえば、治るのは9月中旬、ということになる。

疲労がたまっていたことが原因とされているが、はてさて出場はできるのか?

スポーツジャーナリストの増田明美は出場の可能性についてこう分析する。

●痛みが取れれば出場は可能

●2週間の練習不足は心配ない
(この期間は走りこみをしない)

●あとはレースの展開次第
(前半スローペースで入れば)

痛み止めがドーピングに引っかからないかなどの問題点は残されているが、本人ではないので出場の可能性は五部五部というところか。

ボクシングの内藤大助は国民の期待という代名詞があるが、野口みずきこそが国民の期待である。

こうした期待が野口選手の選手生命を縮めることになるが、7月に30歳になったばかりだが、年齢的にいえば北京が最後のオリンピックになる。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-08-11 09:54 | スポーツネタ | Comments(0)