日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

値切り倒しの交渉術by外務官僚

キャリア官僚といっても東大法学部を卒業して民間の一流企業に就職した人に比べれば、年収はさほどよくないらしい。

従って、在職中は監督する業界に対してたかり体質、退職後は天下り先で、これまでの遅れを取り戻すかのように荒稼ぎをする。

外務省官僚の給料でホテルの一泊5万円もするようなセミスイートに泊まれる身分ではないのに、およそ300日も一円も払わず泊まり続け、支払いを巡ってホテル側が訴えを起こしている、という。

途中、何度か請求していると思われるが、得意先の外務省、という関係があったかもしれないが、2カ月溜めたところで追い出すのが普通。10カ月も泊まらせたことが不思議に思える。

丁寧に謝罪しているが、溜めた1500万円のホテル代は払えません、と開き直っている様子。

最後は一般宿泊料に負けてくれと、値切り倒す作戦のようだ。

こういう交渉ごとには知恵が回る。

借金を負けさせる常套手段だ。


人気ブログランキン
[PR]
この外務官僚も、とんでも無いお方ですが・・・
ホテル側の対応にも???首を傾げる
社長はな~んと、あのお方
フジモリなる方と入籍騒動起こされたお方で、岐阜の韓国系信組を破綻させた、893一族郎党のオナゴ
インタビューでの言葉の端々に、一般ピーポーとは違う!と窺わせる雰囲気が
このお方本も出版されてますが・・何国人かな~
同胞に、「日本人」の方々にも眉顰められ
基本はマスコミ好き
ご自分から出られますわな~
かの元大統領●●●夫人のように・・・

外務官僚様には「ご愁傷様」と言いたくなる、ホテル代踏み倒し未遂事件かな
Commented by tetorayade at 2008-08-01 23:44
>岐阜県人 さん
そういう裏があるんですか。
なるほど。じゃないと300日近くも居座れるわけがない。
なんかの拍子にけんかになって、じゃ、いままでの宿泊代払え、ということになったんですかね。
Commented by 111 at 2008-08-04 14:47 x
デヴィ夫人が外務官僚“無賃宿泊事件”の裏側をブログで暴露!
http://www.excite.co.jp/News/society/20080804/Cyzo_200808_post_802.html

 報道は外務官僚の不祥事としてこの事件を伝えているが、タレントのデヴィ夫人が
3日付の自身のブログでこの事件の内情を暴露して話題になっている。

ブログは「ホテル・プリンセス・ガーデンの片岡都美様へ」という一文で始まっており、
いきなり一般報道では伏せられていたホテル名・経営者名を記載。片岡社長と職員が不倫関係にあったこと、
当該ホテルの部屋で片岡社長と職員が10ヶ月の“同棲生活”を送っていたこと、
片岡社長が職員に現夫人との離婚を迫っていたこと、職員に“捨てられた”片岡社長が激怒し、
法外な請求書を送りつけたことなどが詳細に記されているのだ。
そしてデヴィ夫人は、片岡社長にこう語りかけている。

「あなたはこの外務省官僚の方に、一生に一度の恋をなさっていたのではなかったのですか?
(中略)一度は必死になって愛を貫こうとした相手の方を、ここまで社会的に抹殺したあなたの復讐心は
これで今、満足でしょうか?」
Commented by あなあき at 2008-08-04 17:42 x
つまり、女の復習
Commented by tetorayade at 2008-08-04 22:25
>111 さん
デビ夫人のブログ、隅々まで読みました。これはかなり真実に近いのではないか、と思いました。
痴話げんかですね。じゃないとこんな請求の仕方はしない。
でホテルの社長は違う外務官僚だと今回の恋愛物語の相手は違うと否定していますが。
デビ夫人のブログは要注意です。
Commented by tetorayade at 2008-08-04 22:26
>あなあきさん
これは取材すればsるほど面白い真実が隠されている気がしますね。
by tetorayade | 2008-07-30 19:21 | 社会ネタ | Comments(6)