日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

橋下おこしの行方

手本となったのは宮崎県の東国原知事であることは明らか。

自らが宮崎のトップセールスとして、宮崎観光や物産を紹介するのに知事の似顔絵のついた商品がいくつかあった。

そのアイデアを池田市の倉田市長がパクり、橋下知事の似顔絵をつかった岩おこしを商品化した。

4月の府市長会では、橋下知事を散々こけ下して以来、犬猿の仲の2人。これまで橋下知事に反発し続けた倉田市長はが5月の府市長会の会長として橋下知事と会見した場では「大阪府の救世主になる」と一転して持ち上げ、一度は握手したが、第2ラウンドの勃発だ。

この時、持ち上げた裏には岩おこしの商品化が頭にあったのだろう。

橋下知事は自分のキャラクターを商業目的での使用は一切認めない立場を表明している。

それを知りながら倉田市長の発案で「大阪維新なにわのまちお・こ・し」という商品名で26日から伊丹空港や土産物屋で販売する、という。

町おこしを大義名分に見切り発車した形だ。

宮崎県のケースは地鶏やマンゴーなど県の特産品の販売に一役買っているわけだが、これはニュアンスがちょっと違う。

子供のころ、大阪土産で一番うれしくなかったのが岩おこし。

そう、個人的に嫌いな菓子が使われていることに、橋下知事の肩を持ちたい。

次に似顔絵がイマイチ。

やっぱり似顔絵のご用命はここだ

似顔絵を差し替え、大阪の特産品で、それによって大阪府が活性化するなら、認めてもいいのではないか。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by むぅ at 2008-07-25 21:40 x
確か東国原知事の場合は、ダンカン氏か誰かの会社が知事イラストのシールで商売してましたw

この件、橋本知事は自分から折れましたね!駆け引きが巧みに感じました。
Commented by tetorayade at 2008-07-25 22:26
> むぅさん
話題づくりだった?
いずれにしても、あの似顔絵はよくない。
岩おこしはもらってうれしくないので、違う商品がいい。
言葉遊びで町おこしに引っ掛けたまではいいけど。
個人的にはアイデア倒れ評価。
by tetorayade | 2008-07-25 07:46 | 社会ネタ | Comments(2)