日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

箕面森町は新御堂のその先、はるかかなた

箕面森町。

一度迷い込んだことがある。

川西からバイクが通れるほどのけもの道を山越えして、出たところが箕面森町だった。

それは、それは広大な新興住宅都市で、分譲地はまだ空き地が一杯残っているような状況だった。

たまに、テレビでもCM を流しているが、新御堂のその先にあるかのようなことをうたっている。

大阪の人間なら新御堂の先は確かに箕面市だが、これがとんでもない。

箕面森町へショートカットで行くには、箕面グリーンロードを通らなければならないのだが、これが普通車で600円。

それが嫌なら池田から亀岡線で入るしかない。

場所としての感覚は川西市だ。

b0017844_96798.jpg


よほど、売れ行きが悪いのか、橋下知事も登場して宣伝に一役買っている。

公共の交通手段はバスだけ。

陸の孤島で車がなければ生活ができない。

ガソリンの高騰が続けば、益々売れにくくなる。

それなら、まだモノレールのアクセスがある茨木市の彩都のほうがましだ。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by いさた at 2008-07-24 10:13 x
彩都は山越えしないので、アクセスは多少マシでしょうが、それでも計画は大幅に縮小されました。

それに比べて条件がよろしくない箕面森町は、やがては、グリーンロードとあわせて大阪府の「負の遺産」となる可能性が高いですね。
宣伝に知事まで出てくる、というのはかなりの懸念があるのではないでしょうかね。

Commented by tetorayade at 2008-07-24 22:30
> いさたさん
両方ともかなり計画が縮小されていますね。
大阪府民がどっちに家を持つか究極の選択をしろといわれれば、彩都を選ぶと思います。
箕面森町は辺鄙すぎる。
負の遺産まっしぐら。
知事自らが宣伝マンはいただけない。笑顔になれない町だから。通勤のいらない人の終の棲家ならともかく。
by tetorayade | 2008-07-24 07:45 | 社会ネタ | Comments(2)