日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

規制緩和の重いツケ

タクシーに人材派遣。

国が規制緩和したことで働く側が、そのしわ寄せを食らった象徴的な業界だ。

経営者側の都合で規制緩和は進んだ。規制すことはまるで業界の成長を疎外する悪の権化のように思われてきた。

自由化することは世界の流れ、グローバルスタンダードだと。

そんなことはアメリカが唱える自分勝手なまやかしだった。

自由競争とは弱肉強食の社会で、原始時代に逆戻りするだけ。

ある程度の規制はお互いが喰っていくための知恵だった。そこの競争原理が働かなくなるとの弊害はあった。

ケータイ市場がNTTに1社独占されていたらこんなにケータイは普及していなかった。

しかし、タクシーと人材派遣業界は事情が違ってきた。

タクシーは台車制限や運賃の規制を撤廃したため、過剰な競争を生みしわ寄せは、運転手の給料に跳ね返ってきた。

需要と供給のバランスが完全に崩れ供給過多となってしまった。

給料の上がらないサラリーマンは、飲んで終電に乗り遅れて深夜タクシーで帰宅する時代でもない。

タクシー運転手は水揚げを上げるために、必然的に長時間勤務となる。それでも手取りはしれている。

人材派遣業界もしかり。

正社員と同じように働いてもボーナスはないなど給料は安く、いつくびを切られるかもしれない、という雇用不安の中で働き、ワーキングプアという言葉を生んだ。

雇用の調整弁が派遣労働者だった。

企業にとっては人件費が固定化されないため、非常に都合がいい存在であった。

こうして考えてみると経営者側の立場に立った規制緩和だったことが分かる。

そして、規制緩和を推し進めてきた国土交通省と厚生労働省は規制緩和の見直しに入った。


人気ブログランキン
[PR]
はじめまして
いつも楽しく拝読させていただいてます。
タクシーの話、バブル期を思い出しますねぇ。あの時期は経営側も乗務員さん等の従業員側も規制緩和を望んでいたんだと思いますよ。
バブルピーク当時、たまたま乗ったタクシーで乗務員さんから「台数や運賃の規制のおかげで私ら運転手の給料が上がらない。他の職業ではどんどん給料が上がっているのに。お客さん、規制撤廃要望の署名に協力してもらえませんか」といったことを熱く語られました。私は当時不動産関係の仕事をしてまして、こんな状況がいつまでも続くわけがないと思い始めていた時であり、また若かったこともあって「今は景気がよいからいいが、もし規制緩和された後に景気が悪くなったとき、真っ先に割を食うのはあなたたちですよ。」と言って協力はしませんでした。
あの運転手さん、今どうしてるかなあ。
Commented by uesama01 at 2008-07-04 12:40 x
こんにちは。
最近、問題となった居酒屋タクシーも過当競争が原因だと思います。
ただ一番の問題は、規制緩和ではなく、それにただ乗っかって採算の見通しが甘い業界の経営陣でしょうね。
Commented by 雫石鉄也 at 2008-07-04 21:11 x
 規制は絶対に必要です。利潤の追求第1、社会的なモラル第2の、現在の企業経営者どもの好きにさせておけば、何をするかわかりません。
Commented by tetorayade at 2008-07-05 01:21
>papajack さん
規制撤廃が自分たちの給料が上がると考えていた運転手さん。
規制撤廃でどうして上がると考えたのか不思議です。働く時間が増えれば給料も上がる。そんなことですかね。
Commented by tetorayade at 2008-07-05 01:22
>uesama01 さん
タクシー会社にしても台数が増えても儲かるようになっているから撤廃を唱えたんでしょうね。会社は損をしない。損をするのは運転手。そんなところでしょう。
Commented by tetorayade at 2008-07-05 01:25
>雫石鉄也さん
談合はアメリカから言わせれば悪ですが、大手も零細もみんなが食えるように日本人が考えた知恵。
私の目線はそんなところ。
Commented by herc at 2008-07-05 02:01 x
なんでも規制緩和ばかりしていたら行政の存在意義がないですよね。さらに小泉時代の規制緩和ときたら須らく資本側に有利な緩和ばかり。
マスコミ等で今回の規制緩和の撤廃に異を唱える人たちは、官僚が権益を取り戻すだけだ、等で反対していますが、傍から見たら資本側にすり寄る乞食のように見えてしまいます。
Commented by tetorayade at 2008-07-05 08:54
>herc さん
結局、経営側に有利な規制緩和が、こうしてほころんできている、という感じですね。
経営側が有利ということは労働者が不利益をこうむる。
規制を加えることは無用な競争をしなくて済むための知恵かと思います。
by tetorayade | 2008-07-04 07:42 | 社会ネタ | Comments(8)