日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

チベット弾圧に抗議行動を起こした善光寺

勝谷誠彦が13日のそこまで言って委員会で「今回初めて発表しますが」と前置きして「善光寺の若手僧侶も動き出していますからね。同じ仏教徒として立ち上がりますよ」と聖火リレー地の辞退を申し出ることを示唆した。

この番組は毎週金曜日に収録されているので、それから1週間で日本の仏教界が立ち上がり、具体的行動に出たことになる。

昨日、善光寺は正式にJOCに出発地の辞退を申し入れ、受け入れられた。

理由は文化財や信者を守ることに加え、同じ仏教徒のチベット人が中国政府から人権弾圧を受けていることを挙げた。

なかなかやるではないか。中国にNOといえない福田政府より頼もしい。

日本での聖火リレーは26日に行われる長野市内だけ。

当初の予定では出発地を善光寺として、長野駅~長野運動公園~エムウェーブ~ビッグハット~若里公園を終着地とする18.5キロ。観光地や長野オリンピックのときの施設を回るコースだった。

聖火ランナーのメンバーがすごい。豪華な顔ぶれだ。

有森裕子、大野豊、岡崎朋美、荻原健司、北島康介、末続慎吾、千葉真子、萩本欽一、橋本聖子、福原愛、星野仙一、松岡修三、吉田沙保里らトップアスリートをはじめ、一般公募のランナーら総勢80人が聖火をつなぐ。

1人が走る距離は200~300メートル。

午前8時半に出発して、終着点へは午後12時15分に到着する予定。

善光寺がだめでルート変更を最小限に留めるということは、長野県庁が有力か。

ランナーの中には北京オリンピックへ出場選手も含まれているので、けがでもさせられたら大変とばかり出場を辞退する者も現れる?

日本側はそんな事態を想定してか、町村官房長官は中国側の聖火を守る“青い軍団”の伴走を断っている。

毒餃子事件は日本国内の問題と中国政府から没問題にされている状況で、日本の警察は怒っている。そういう状況で主権侵害するような聖火防衛隊を受け入れられるわけがない。

追記

中国の聖火防衛隊については、妥協案として2名の青い軍団の伴走を認めた、という。そのときの条件として、妨害する人を排除したり、命令しないことを約束させているようだが。

聖火は日本の機動隊員によって、片側40人ずつ、計80人によって警備されるので沿道から聖火を見ることはできないようだ。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by ざんぶろんぞ at 2008-04-19 11:06 x
おや?日本側は二名の青服の随伴を認めたとの記事を見たような覚えがありましたが、、、?
Commented by 沈丁花 at 2008-04-19 11:11 x
トラックバックどうもありがとうございます。
こちらからもトラバさせていただきましたのでご報告します。

善光寺さんの決断は重いですよね。

これからも、いろいろと追随する動きが出てくるかもしれませんので、注視しています。

Commented by 三四郎 at 2008-04-19 12:12 x
>聖火は日本の機動隊員によって、片側40人ずつ、計80人によって警備されるので沿道から聖火を見ることはできないようだ

これは傑作ですね。こそこそ隠されなければならない「聖火」って何なのでしょうね。前代未聞、抱腹絶倒、支離滅裂です。
Commented by tetorayade at 2008-04-19 23:27
>ざんぶろんぞさん
あの2人は聖火の灯を守るためだけの役目で、妨害者を排除することは認められていないようですね。2人では多勢に無勢。
Commented by tetorayade at 2008-04-19 23:30
>沈丁花 さん
チベット人の抗議活動から右翼の街宣車からいろいろ集結するんでしょうかね。善光寺には街宣車が「よくやった」とエールを贈りに行ったりしないんでしょうかね。
Commented by tetorayade at 2008-04-19 23:32
>三四郎 さん
オリンピックの歴史に名を残してくれますね。民主化や人権問題を解決することを条件に開催国になったようですが、中国に約束を守るなんて国際常識は存在しませんからね。
by tetorayade | 2008-04-19 09:30 | 社会ネタ | Comments(6)