日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

何のための聖火リレー

サンフランシスコの聖火リレーの様子を見て、IOCは今後の国際リレーをどうするか判断する、といわれていたが、続行することが決まったようだ。

サンフランシスコの聖火リレーを大した混乱もなかったことを受けて大成功と喜んでいるようだが、そもそも市民から聖火を完全隔離。コースも大幅に変更して成功もあったもんではない。

そもそも、何のための聖火リレーなのか分からなくなってきている。今や抗議デモから聖火を守るために極秘で各国を回る気配だ。

本末転倒も甚だしい。

インドからアメリカへ行く途中、トランジットで成田に立ち寄ったダライ・ラマ14世は改めて北京オリンピック支持を表明するとともに、チベット人に非暴力を呼び掛けた。

さらにチベットの独立を求めているのではなく、完全な自治を求めていることを強調した。

その一方で中国当局はウイグル自治区でテロ活動を企てていた40人あまりを拘束したと発表した。やっぱりイスラム過激派はテロで訴える模様だ。世界の目はチベットに向きがちだが、本当に怖いのはテロ活動だ。

飛行機爆破を計画していたとも伝えられる。関係のない民間人まで巻き添えを食ったら大変だ。

今回、イスラムの敵は中国だが、ここに世界の警察を自認するアメリカがしゃしゃり出てきたら、非常に話しがややこしくなる。イスラムと中国の共通の敵はアメリカだ。

こういう時、世界平和のためにカップヌードルが出てくる。

フリーダム。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2008-04-11 08:36 | 海外ネタ | Comments(0)