日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

鈴香被告は極刑が無理なら終身刑

畠山鈴香被告の判決公判が19日午前10時から秋田地裁で始まった。

世間の関心は死刑か、無期懲役か。この一点だった。

法廷で傍聴していたテレビ局記者が、裁判所から駆け出してきたのがその8分後だった。この時点で無期懲役が分かった。

死刑の場合は最後に裁判長が主文を述べるので、時間がかかるが、無期懲役の場合は最初に主文を読む。

娘の殺害は魚が見たいと川に連れて行き、もっと見ていたいと駄々をこねられたことに苛立って橋の欄干から突き落として殺害。ネグレクトで自分の子供が愛せず、男ができて新しい生活には邪魔なので、死んでしまえ、と川に突き落とした。

豪憲君については娘の事件を警察が事故扱いしたことに腹立ち、近所の子供が連続して死ねば警察も目を向けるだろうと、とっさに殺害。両件とも計画性がないことと、更生の可能性があるとして死刑判決を避けた。

ここでもう一つの大事なことが欠落している。

自ら娘を殺めておきながら、わざわざ事件性を主張している。事故処理は自分に罪がかからない。むしろ警察には感謝しなければいけないのに、ナゼ事件性を訴え続けたのか。そのところが明らかにされていない。

結局「娘を失った切なさや苦しさから」で終わっている。それ以上の理由は解明されていない。

裁判長は「教育により更生の可能性があるので極刑を躊躇した。贖罪のために生涯をかけて謝罪しろ」ということのようだ。

獄中日記には「豪憲君の両親がなんで怒っているのか分からない。まだ2人もいるのに」と書いてみたり、獄中で自殺を図ったり、公判中には「死刑にして欲しい」と語ったり、と心は揺れ動いている。

判決後、鈴香被告は「大切なお子様を奪って申し訳ありませんでした」と豪憲君の両親に向かってサンダルを脱いで土下座をして謝った。

死刑を求刑していた検察側、有期刑を望んでいた弁護側。この真ん中を取った判決となったが双方とも控訴した。

私的には「犯罪被害者給付金欲しさにやった」と白状して欲しかった。

連続殺人の真相はここに隠されている。

この部分がいつになったら明らかになるのやら。

日本にも終身刑が必要だ。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by enutea at 2008-03-20 12:35 x
地域住民を殺人者から守る概念が裁判には欠落していると思います。

特に加害者の更生が重視されるので、
被害者に対しての対策はまだまだのようだし
ましてや同じ地域に住む住人には
殆ど何も対策がとられないと思います。

殺人者が更生できるのか
更生不可能な殺人者を「社会から排除する」のか
死刑の適用には、こういう考えも必要だと私は考えます。
Commented by tetorayade at 2008-03-20 22:44
>enutea さん
仮に出所して再婚して子供ができたとしたら、ネグレクトの腐った根性だけは更生できていない、と思いますね。これだけは子供ができてみないと分からない。
by tetorayade | 2008-03-20 10:13 | 社会ネタ | Comments(2)