日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

キヤノンのビデオカメラはナゼ売れないのか

家にあるキヤノン製品といえば、4年ほど前に買った3代目となるカラープリンター「ピクサス」だけ。それまでプリンターはエプソン派だったのだが、このときウィンドウズXPとMac OS9の両方が使える機種がピクサス560iだけだった。

そんな理由からキヤノンを選んだ。

使って見るとこれがデジカメのダイレクトプリントにも対応していて、コストパフォーマンスはすこぶるいい。

デジタル一眼レフのシェア率では、昨年は初めてニコンに逆転されたとはいえ、40%台を維持して圧倒的な強さを誇る。これにニコンが持っていないカラープリンターを持つキヤノンはカメラからプリントまでを完結させる。

ところがデジカメと同じ優れた光学技術と映像エンジン技術を持ちながら、デジタルビデオカメラとなるととんと弱い。

この分野ではソニーの独断場だったが、松下とビクターが猛追すれど、キヤノンは万年最下位から抜け出せないどころか、さらにシェアを落としている。
b0017844_2225325.jpg

ビデオカメラのブランド力がないといえばそれまでなのだろうが、販売チャネルにも問題があるのだろうか?

そんなキヤノンが開発していたのがリアプロだった、という。

2005年10月には64インチ型リアプロテレビの試作品を初公開していた。全然知らなかった。

リアプロは大型画面の割には安い、というのがウリだったが、電気屋で何度かみたがまったく食指を動かされない。まず、画面が全体的に暗い。プロジェクターで投影している技術なので鮮明度がイマイチ。液晶画面の美しさとは比べ物にならない。

ま、市場から退場すべき商品だが、キヤノンも事業から撤退することを発表した。

液晶テレビの参入は無理なので隙間を狙ってリアプロだったのだろうが、キヤノンでもこんな無駄なものを開発していたことにギャップを感じる。

性能的には劣っていないビデオカメラをデジタル一眼と同様のシェア率に引き上げることに血道をあげたほうがいいのではないか?

韓国時代劇ドラマ「商道」にキヤノンの起死回生策のヒントが隠されている。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 九龍 at 2008-03-19 00:23 x
リアプロは誤解されていて、
北米では、よく売れている商品なのですが、
いかんせん日本の家電量販店は照明が明るすぎるので、
リアプロは店頭で見栄えがしません。
家庭レベルの外光であれば、充分液晶に対抗出来る画質なのですが。

ビデオカメラに関しては、ただ単にカメラや他社に比べて、CMが弱いだけのような気もします。
あるいは、プリンタはキヤノンとエプソン、そしてHP程度
デジタル一眼はキヤノンとニコンとソニー
という形で、ライバルが少ないですが、
ビデオカメラにかんしては、ソニー、キヤノン、日立、松下、ビクターと
競争相手が多いため、苦戦している、あるいは
トップシェアのとれない部門として、CMも抑えめな戦略なのかもしれません。
Commented by 九龍 at 2008-03-19 00:24 x
ちなみに、キヤノンのカタカナ表記は「キャノン」ではなく、
「キ“ヤ”ノン」が正解です。
Commented by ajisai at 2008-03-19 17:09 x
CANONのリアプロは、私が知る限り、有名ではないですね。
今だと、一時期、共同でしていたSEDですね。これは、どうなるか分かりませんね。
リアプロは、ソニー、エプソン、ビクター、サンヨー、三菱が出していますね。でも、撤退が目立ちますが。。。
意外と、ソニーのリアプロなんて結構いいですよ。プロジェクター技術を利用していますから。でも、売れないですよね。
液晶、プラズマが安くなりましたから。
使い勝手も特殊で、後、維持費もかかります。
ランプ寿命、液晶素子の寿命などもあり、そんなに長く使えないですね。
投影型のプロジェクターの技術は、凄く良くなってますよ。
使い勝手は、当然特殊ですが、やると戻れないです。って、ただ単に、私が、15年以上やっているだけのことですが。。。。。
Commented by tetorayade at 2008-03-19 21:48
>九龍 さん
キヤノンは勉強になりました。ありがとうございます。
リアプロはどこの部屋でも置ける代物ではないのがね。
電気屋で見る限りはきれいに感じたことがありませんでした。幻燈のように真っ暗な部屋で?

いいものはCMを打たなくても売れるというのはうそなんですかね。
Commented by tetorayade at 2008-03-19 21:51
>ajisai さん
そうですね。液晶が一気に安くなったので出番がなくなった。それが撤退の理由。
Commented by enutea at 2008-03-20 13:22 x
キヤノンのビデオカメラは2台持っています。
Hi8とミニDVテープの2種類(まだ完動品)です。

ソニーのHi8ハンディーカムが”予想どおり壊れて”修理に出しても
直らずに帰ってきましたので、
以降のビデオカメラはキヤノン製にしております。

そういえば初めて買ったデジカメは
キヤノンパワーショット350(35万画素)でした。
その後、カシオ(QV8000SX)を長く使いましたが壊れて
デジタルビデオカメラ(IXY DV M2)を買った後は
携帯電話のカメラを併用して現在に至ります。

最近は、別にカメラを持ち歩くのが面倒なので
携帯電話ばかり使ってますが...(^^ゞ
Commented by tetorayade at 2008-03-20 22:50
>enutea さん
ソニーで痛い目にあいましたか。修理に出しても直らないことがあるというより、それなら代替品もしくは新品。これは無理な要求ですかね。
少なくともソニーよりもキヤノンの方が壊れにくいということ体験されている。
ビデオカメラに関してはソニーよりキヤノンを応援しなければなりませんね。
Commented by 九龍 at 2008-03-21 03:17 x
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/13/news001.html
4年前の記事ですが、
真っ暗でなくても、普通の室内照明程度の明るさなら十分な画質を確保できます。
思うに、リアプロは「低価格大画面」がうりだったわけですが、
視野角から考えても、「大画面」を視聴するには必然的に広いリビングは必要になるわけで、
そんなリビングを作れるような家庭にとっては、低価格である必要がなかったから売れなかったのではないでしょうか。
いかんせんリアプロは50型以上でしかたら。
Commented by tetorayade at 2008-03-22 00:37
>九龍 さん
日本の家庭事情には不向きだった、ということ。そんなに薄型でもない。
アメリカのような広い家庭向きだった、ということ。
by tetorayade | 2008-03-18 22:52 | 社会ネタ | Comments(9)