日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

パニック障害

20数年来の知り合い。10数年のブランクののち、このところ頻繁に会っている。その人から衝撃の告白を受けた。

「パニック障害で未だに電車に一人で乗れない」

まったくそんな風には見えない。そもそも自分で会社を経営しており、昔から元気ハツラツオロナミンCドリンク状態。

「今年、家族で海外旅行に行ったけど空港までは、電車。これが嫌で嫌で行きたくなかった。家族と一緒だったけど、それでも大変だった」

逃げ場のない不安感に駆られて電車に乗れない。満員電車は特にダメ。その症状が出始めたのが、28歳。営業マンなのに電車に乗れなくなった。結局、会社を辞めて独立することになる。

車は逆に落ち着く場所らしい。自分の部屋に逃げ込める感覚のようだ。全国各地の移動はすべて車。北海道であろうが、自らが運転する。

パニック障害と闘いながらも、会社を興して一財を築いた。

岸和田市で生活保護の男性が東京や福岡への病院へ通院するための交通費として439万円を支払っていたことが問題になっている。

北海道でも似たようなケースがあった。生活保護の元暴力団員が、介護タクシー会社と共謀して病院へ通院するタクシー代を2億4000万円も騙し取っていた。常識では考えられない金額なのに役所は適正として支払っていた。

岸和田は実際に通院のために使っていたものと思われるが、大阪市内の移動でも「電車に乗るとパニック症状が出る」と男性側の申し出を認めてタクシー代を払っていた。

パニック障害者は実際に電車に乗れないことは分かったにしても、役所は“適正”であれば、生活保護費以上に法外な交通費を支給するところのようだ。

同和枠採用の職員の仮病欠勤で何年も休みながら、ほぼ満額の給料を支払う大甘ぶりだったし、ヤクザが脅せば億単位の交通費を支給してみせたり。

その一方で、福岡では生活保護を打ち切られた男性が餓死した。

岸和田のケースの詳細は分からないが、役所はおとなしい人には強く、大声を出す怖い人には弱い組織のようだ。

役人とは、ことなかれ主義の塊。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by capricciosam at 2008-02-11 08:18
>北海道でも似たようなケースがあった
滝川市の市長以下担当職員の無為無策ぶりが億単位の
税金をどぶに捨てさせたということが明白のようです。
合法的という理由で処分も甘く、私が市民なら
「税金の執行者として不適」と怒るところ。
地元では道新より朝日が粘り強く追求しており、
この件への関心の風化に抵抗しています。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-02-11 14:11
>「パニック障害で未だに電車に一人で乗れない」

私もコレで会社を辞めたのです。
しかし在宅商売になってからはでなくなり、もう忘れていたのに昨年再発したのです。
それに触れた記事を一応TB しました。邪魔なら削除してください。

下記に、参考までにこの病の概略を書いておきます。
不安神経症とは、パニック障害とも心臓神経症ともいわれ、次の2つの症状から構成されます。
  
不安発作(パニック発作)
動悸、胸痛、窒息感、めまいなどが突発的に起こり、同時に死の恐怖や発狂する恐怖を感じる。発作は数分間でピークに達してその後消腿する。
1度だけのこともあるが、通常短期間に数回くりかえすことが多い。
心電図等の循環器の検査には異常は認めない。
  
予期不安(2次的不安)
    不安発作に対する不安が強くなり、電車やバスに乗れなくなったり、外出がいやになったり、床屋や美容院、会議などの長時間そこにいなければならない場所が不安になったりする。
予期不安が重症になると、行動範囲が著しく制限され、家から出られなくなったり、日常生活(例えば入浴など)が困難になることもある。
Commented by tetorayade at 2008-02-11 22:35
> capricciosamさん
役所はヤクザと同和に弱いことがはっきりしました。
ことなかれ主義なので声が大きいとことを荒立てないためになんでも書類が通る。
馬鹿な前例はこれだけにしてもらいたい。
Commented by tetorayade at 2008-02-11 22:38
> Count_Basie_Bandさん
TBの連打はそういうことだと理解しておりました。
それで会社を辞められたんですね。それが今頃になって発症するとはなかなか治らない病気なんですね。
過敏性大腸炎で電車に乗れない一歩手前でしたが、今でも軽く闘っています。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-02-12 09:37
>過敏性大腸炎で電車に乗れない一歩手前でしたが

「過敏性大腸炎」を「パニック障害」に含める医者もいます。「過敏性大腸炎」から、電車に乗れない、人混みに入れない、逆に孤独になれない、閉所が怖い、などの「パニック障害」に進むのが普通なので、日常生活をそれなりに整理しておくことが必要なような気がします。

中高年男性の1割近くが経験する症状です。性病などのような恥ずかしい病気ではありませんが、予防薬、予防法はありませんので、もし襲われたら「あぁ来たか」と受容する気持ちが大切だと思います。

Commented by tetorayade at 2008-02-12 22:02
>Count_Basie_Bandさん
それで乗る電車を阪急からJRに変えました。
家からJRの駅までは遠いけど、乗っている時間は断然JRが早い。早いから精神的に楽。阪急は朝の通勤時間帯に信号待ちで電車が途中で止まる。大阪までの時間もかかる。精神衛生上よくない。
過敏性大腸炎は中学生のときからのお付き合い。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-02-13 11:35
>それで乗る電車を阪急からJRに変えました。

あ、もう軽く始まっていますね。

でも

>過敏性大腸炎は中学生のときからのお付き合い。

だったらリタイアされるまで過敏性大腸炎止まりかもしれません。
念のため、軽い安定剤(DEPASなど)を服用していらっしゃれば、より安全化と思います。内科で貰えます。
Commented by すきやき at 2008-02-13 14:00 x
私も過敏性大腸炎で、イベントに朝並ぶのが辛かったです。

心療内科では、あくまで腸の問題であって精神の問題ではないといわれました。(気を楽にするためにでも、医者は通常嘘がつけないので信用はしてます)
今のところは食事中だろうな会議中だろうが遠慮なくトイレにいくという割り切ったお付き合いで過ごしています。
じゃないとほんとに何もできなくなりますから。
ここ一番ってときにはセイロガンを事前に飲んでおくのですが、数日キツい両刃の剣です。
また、資格試験だろうが採用試験だろうが、遠慮なくはばかるのですが、時間を1割くらい捨てているのが非常に不利だなと感じます。
そこも悩まずに「2割有能になれば問題ない」と考えるようにしていますが。

結局、愚痴みたいな書き込みですみません。
Commented by tetorayade at 2008-02-14 10:12
>Count_Basie_Bandさん
朝の通勤電車に乗らなければ治ると思っていたんですが、リタイアしても症状が出るとは恐ろしい。でも、そんなことを気にしないようにするのが一番の薬でしょうね。
Commented by tetorayade at 2008-02-14 10:14
>すきやき さん
正露丸ですか。
あまり日常的に飲まないほうがいいでしょうね。
ストッパーは飲んだことありますか?効くなら参考にしたいと思います。
Commented by すきやき at 2008-02-16 04:38 x
ストッパは試したことないですが、医者いわく止瀉薬ならだいたいどれでもよいとのことです。
ちなみにセイロガンは和泉のものを使ってます。(使い比べて選んだわけではありませんが)
Commented by tetorayade at 2008-02-16 18:09
>すきやき さん
息子がストッパを常備していました。そういうところは親に似るんでしょうかね。
気にしないことが一番の薬。家にいる分にはそんな症状自体でませんからね。
Commented by 通行人 at 2008-02-19 01:22 x
精神の病っすか?
Commented by tetorayade at 2008-02-19 22:37
>通行人さん
そうですよ。
精神的な病。雅子さまもかかっている。
Commented by 通行人 at 2008-03-01 14:17 x
躁鬱病だとかアル中だとか他にもなんか精神の病ってあるんすか?
Commented by 山井 at 2008-03-01 15:20 x
>躁鬱病だとかアル中だとか他にもなんか精神の病ってあるんすか?

「通行人」だからいいだろう、と勝手に決め込んで好い加減なコメント書くという病も...
by tetorayade | 2008-02-11 07:59 | 社会ネタ | Comments(16)