日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

偽装管理職でマクド負け

昨年から引き続き今年も偽装流行りの様相を呈してきた。で、今度はマクドナルドの店長が“偽装管理職”で会社を訴えた。

店長とは名ばかりで、経営者と一体となる立場の権限は与えられず、店長の役職手当てだけで、ほとんど休みもなく残業代もつかない長時間労働を強いられてきた。

店長の子供は「家族の死に目にもあえないね」といったとか。

実態は管理職とはいえない、との訴えたが認められ、東京地裁は2年間分の残業代755万円を支払うように命じた。

スマイル0円。一時期はマクドの接客教育が手本になった時代もあった。

安売りハンバーガーで業績を伸ばした裏には現場社員の過酷なサービス残業があったわけだ。

ファーストフード業界のように、客単価の安いものを長時間営業で提供するとなると、利益を出すには人件費のコスト削減しかない。

しかし、求人難の時代にアルバイトの時給は削れない。

そうなると役職者を犠牲にするしかない。管理職として長時間店を守るのが当たり前の社風。時には残業がつく部下の方が店長より年収が上というケースもあったら、そりゃ怒る。

これでは店長という肩書をもらっても安くこきつかわれているだけで、何のために店長として働いているのか分からなくなる。

社員が豊かな生活も送れないようでは、社会悪企業だ。

この判決を受けて日本マクドナルドはすぐに控訴した、というが一旦敗けを認めて、賃金体系から見直して、現場が働きやすい環境を作らないと、今度優秀な人材も集まらない。

残りの1700人あまりの店長は、これをどのように見ているのか。それでも職を失いたくないから反旗を翻すことなくじっとしているのか?

似たような問題を抱えている企業は一杯ある。

スマイルにも値段をつけるしかない。


人気ブログランキン
[PR]
これは予想通りの判決でした。
肩書きだけは立派なものをつけて、わずかばかりの管理職手当てでこき使うのは程度の違いこそあれ、どの業界でもあるのではないでしょうか。
派遣社員の問題に続いて、またブラックボックスにメスが入ったなと感じました。
Commented by 高麗山 at 2008-01-29 11:46 x
“ 中内、ダイエー ”以来、主として外食産業に、この業態は定着しています。
さてさて、業界どのように対処するでしょうか!

 昨日までは、「辞めたキヤ、何時でもいいよ」が、常套語でしたから。
Commented by バッキー at 2008-01-29 12:56 x
マックの給与体系がこんな風になっていたとは、今回の判決を通じたニュースで初めて知ったところです。異常に多い店長数、努力が実って昇進かと思ったら、人とは思われない扱い。きっと、訴訟まで起こすことなくマックを去った人間も多そうですね。
外食産業、みんな何処も同じような。そんな感じですね。
Commented by bagabon at 2008-01-29 13:36 x
営業職は残業手当なしに加えて、内勤者も総合職に呼び名を変えて 手当の中に残業代30時間を含む と言った給与体系規定に変更。これで残業代は一切払わない制度に変えるなど 業績が厳しいとの理由で会社の総務は法律ギリギリのことを色々考えます。
相当しっかりした会社でも係長から管理職の課長に昇格すると給与ベースは上がるものの残業手当が全くつかなくなり 総支給額では減額などのぼやきを聞いたこともあります。会社の存続のためと言われると家族こどもがいる社員は簡単には開き直れません。更には条件を悪くして自主的に「辞める」と言いだすのをチャンスと待っているところもあります。
 正しい成果主義はやるきを引き出しますが、社員切り捨てと非正規社員の使いまわしで人材育成、社員教育が出来無い弊害を起こし始めています。
人件費カットもほどほどにしないと品のないガラの悪い会社にしか育ちません。
Commented by tetorayade at 2008-01-29 23:06
>山ちゃん
ちなみにうちの会社だってそうです。経費削減のために役職者には皆勤賞もなくなりました。
Commented by tetorayade at 2008-01-29 23:08
>高麗山 さん
人件費を抑えなければあの低価格路線は実現できなかった。適正価格でものを買う習慣も必要なんですがね。
中内氏は価格破壊をやって会社を破壊させた。これが現実です。
Commented by tetorayade at 2008-01-29 23:10
>バッキー さん
昇進させるのも競争なんでしょうが、競争を勝ち抜いたら名前だけの店長。これをまだ社員は喜んでいるんでしょうかね。かといってどこへ行っても似たようなもの、とあきらめるのか。
サラリーマンは気楽な時代ではなくなった。
Commented by tetorayade at 2008-01-29 23:13
> bagabonさん
年功序列、終身雇用制は本当は日本にはぴったりの雇用形態だった。たしかに弊害もありますが、帰属意識をもてたが、今の雇用方法では愛社精神もわかない。そういう見えない力を発揮すると業績も上がるが、モチベーションが下がることしかしない。
Commented by 通行人 at 2008-01-30 15:42 x
どもお久しぶりです(^^ゞ
再就職先でドル箱かついで走り回っております_| ̄|○

外食産業の中では先進企業であるマクドですらこれですから、パチンコ業界なんて労務面の遵法企業などまず皆無ですねえ・・ 形式的管理職の残業代しかり、10時以降勤務の遅番の割増賃金しかり。

tetora氏のおっしゃるとおり、年功序列と終身雇用、先輩から後輩への指導が、日本社会の伝統的価値観に合致した日本的雇用形態だと私も思います。戦後教育の荒廃と社会の変遷の中で、伝統的価値観にかわる新たな「日本のありよう」が構築されていないですねえ・・
Commented by tetorayade at 2008-01-30 22:17
> 通行人 さん
お~、早くも再就職先が決まりましたか。
おめでとうございます。
で、どこにいらっしゃるのですか?
Commented by logic star at 2008-02-01 22:55 x
新聞報道をみるかぎり、管理職であるかどうかの判断基準に、労務管理ではなく、経営参加をもってきているようです。そうだとすれば、無理がある判決で、客観的には、誤っているのではないかと思います。今の法律では、いわゆるプレイングマネージャーや中間管理職にはうまく対応できないところがあるようです。しかし、店長が管理職であるかどうかということよりも、店長の仕事がハードで給料が安い、というのがもともとの問題だったはずです。それならば、なぜ店長は辞めなかったのか、転職しなかったのか、会社は店長が辞めるのをおそれなかったのか、それを考える必要があると思います。個々の企業の労務管理ではなく、労働政策の問題があるのではないでしょうか。l
http://ameblo.jp/logic--star/entry-10069222038.html
Commented by tetorayade at 2008-02-01 23:31
>logic star さん
企業宗教の呪縛から解放されなかったということでしょうか。
Commented by combi at 2008-02-04 05:51 x
昔々、「西のソニー」 といわれて株式上場(退職した元社員株主の誘拐騒動もあった)した会社は、20年以上前から基本給の3割を余分に支給し、毎日1時間の拘束をして実質25時間の残業を強制し、更に、拘束時間後に帰ろう(残業手当はなくともタイムカードで個人の在社時間管理をしている)とすると文句を言って正社員にしないと脅迫するという荒業を開発していました。
こういったところに司法のメスが入るのは嬉しい限りです。
Commented by tetorayade at 2008-02-15 21:36
>combiさん
それって松下ですか?
by tetorayade | 2008-01-29 08:51 | 社会ネタ | Comments(14)