日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

電磁波問題でドコモが基地局撤去

マスターピースという会社がパソコンの電磁波をカットする商品を発売している。ACアダプターのような形状で、ここにパソコンの電源を差すだけ。これでパソコンから出ている電磁波が除去される。

1台9800円だが、これが結構売れている、というから電磁波に対する関心の高さが伺える。

一時期ケータイの電磁波問題も騒がれたことがあった。直接耳に当てて話していたら、脳腫瘍ができるとかいわれていたが、そんなことをいう人はいなくなった、と思ったら川西市清和台の住民がドコモの基地局アンテナの撤去を求めていた問題で、電磁波による害はない、としながらも撤去することになった。

基地局ができてから、住民の一部からめまいなどの体調不良が起こるようになった。周辺住民に同じような症状が出ているかどうか調べたら15人にも及んだために撤去を求めていた。

この騒動を受けて、ドコモに基地局の場所を提供していた阪急バスが賃借契約を打ち切ったために、撤去する運びとなった。

電磁波といえば、高圧線の鉄塔付近の方がはるかに出ているはず。普通、高圧線の近くに家は建てないが、都会ではいよいよ土地がなくなり、高圧線の鉄塔にすり寄るような形で家が建っていたりする。

高圧線鉄塔の近くでは奇形児が生まれる確率が物凄く高いデータもあるようだ。

ソフトバンクで無料長電話していたら、健康によくない。やはり微弱電波で病院内でも使えるウィルコムにしよう。

24時間フルタイムで無料なのはウィルコムだけ。


人気ブログランキン

[PR]
Commented by enutea at 2007-12-18 12:48 x
送電線(特別高圧)の近くで年中作業をしていると
頭が禿げ易いとか、子供が男児か女児に偏るようだ
と、うちの職場(以前は10kVや66kVの電源設備が身近にありました)で
経験上感じてはいますが、決して奇形児はありませんでしたよ。

疫学的データはサンプルの採り方とデータの扱い方で、結果に主観が
入りやすいと思います。

特に学者は、自分の学説が「絶対正しい!」という方が殆どと思います。
「学説」は学者の「飯の種」ですから、自説に非を認めた学者を知りません。

やっかいなのは、客観的な比較・検証が不可能な事柄について
「奇抜な目立つ説」を唱える学者・研究者も多い事です。

という意味で、ここのブログは、大勢の人達が訪れるところでもありますので、客観的な出来るだけ信頼の持てる情報を期待するところであります(^_^;)

ともかく、頭が禿げるのは、遺伝と男性ホルモンとヘルメットの影響が
一番強いようです。なぜなら同僚に禿げない人も結構居るのですよ。
私は地肌が見えてますが(^_^;)

それではまた<(_ _)>
Commented by 中村友一 at 2007-12-18 20:43 x
マスターピースのホームページ見ましたが、宣伝どおりだとしてもせいぜいノイズフィルターです。電源ケーブルからの輻射ノイズはカットできるかもしれませんが、パソコンが発する電磁波がこれでどれだけ除去できるのが技術的な疑問大ですね。
Commented by tetorayade at 2007-12-18 22:16
>enutea さん
高圧送電線のそばにそもそも人が住むべきところではないのに、住宅事情からそういう場所のすぐそばに家が立ったりする。
今回はそれよりも電磁波としては少ないと思われるケータイ電話の基地局が撤去問題となった。
送電線のそばは自らが選んで住んでいるため体調不良があっても文句もいえない。そんなところに長年住んでいたら、電磁波の少ない環境で育ったよりも奇形児が生まれる可能性は高い、と普通に考えられる、ということです。そんなことを書いた本を読んだ知識なんですがね。
Commented by tetorayade at 2007-12-18 22:18
>中村友一 さん
そうですか。なかなか詳しそうですね。
電磁波は目に見えないのでどの程度の被害を肉体的に感じるのか個人差もあり分かりにくい分野です。
現代人は電磁波過敏症でしょうか?
Commented by 中村友一 at 2007-12-19 10:17 x
簡単な話です。

本当に電波をカットされたら、無線LANは機能しませんよ!どう考えてもおかしな話でしょ?

ただし、電磁波過敏とかはそれなりに研究されているので、現時点では全否定できません。また、携帯電話と病気の関連は欧州で長期間の追跡調査が実施されています。そのうち記事を書いてトラックバックさせていただきます。
Commented by enutea at 2007-12-19 12:57 x
細かい話ではありますが
電圧の区分(交流の場合)は
      低圧≦600V
  600V<高圧≦7,000V
7,000V<特別高圧
と定義されています。

普通、家庭に引込電線が100Vや200Vで「低圧」

街角の電柱には6,600Vで「高圧」

電車用の電線が2万V(と聞いた事があります)
一般的な送電線が66kVや110kV、
鉄塔が大きい送電線は22万Vや50万Vで
7,000Vを超えてますから「特別高圧」に分類されます。

お話の内容からは、街中の電線は想定されていないようですから
「特別高圧」の送電線を考えられていると思いますが、
以前居りました職場は、電力設備でしたので
事務所に設置していた普通のパソコン画面が
「ぐにゃぐにゃ」と波打つくらい『磁力』が強い所や
目の前に1万Vの電路があるような所でした。
サンプル数は少ないですが、同僚含め何ともない生活を
おくっておりまして、退職者もごく普通の生活を送られています。
現実には「電磁波(電波+光)」や磁力線より身の回りの化学物質等が
病気(たとえば癌)になる人が多い原因と思っております。
それではまた。
Commented by tetorayade at 2007-12-20 00:14
>中村友一 さん
文系なもんでまったく苦手な分野。
だから電波と電磁波の違いも分かりません。同じ性質のものなんですか?こういう製品を買うのは理系の人間ではないということですか?
Commented by tetorayade at 2007-12-20 00:16
>enutea さん
具体的、専門的解説ありがとうございます。
ユダヤの陰謀ですべてを片付ける性質と同じ次元の問題なんですかね?
Commented by 中村友一 at 2007-12-20 07:02 x
関連記事をトラックバックさせていただきましたが、コメント欄にも概要を記しておきます:

>電波と電磁波の違いも分かりません。同じ性質のものなんですか?

物理的には全く同じです。

>こういう製品を買うのは理系の人間ではないということですか?

「商品に値段相応の価値を感じるか」という心理的な問題なので、理系でも買う人は買うと思います。

詳しくは下記をご覧下さい:
http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2007/12/post_5fec.html
Commented by 中村友一 at 2007-12-20 09:01 x
enutea さん
>サンプル数は少ないですが、同僚含め何ともない生活を
>おくっておりまして、退職者もごく普通の生活を送られています。

送電線で特に問題になっているのは「子供」です。「少ないサンプル数」などではなく大規模な研究調査の結果「小児白血病のリスクが否定しえない」ということになっています。下記、国立環境研究所のホームページをご参照ください。

http://www.nies.go.jp/escience/denjiha/p1/fset.html
Commented by enutea at 2007-12-20 20:58 x
ただ今、出張帰りの特急「有明」から
中村さん、御説明ありがとうございます
さて、巷に溢れる「電磁波カット商品」、こんなのが謳い文句どおりなら米軍のステルス爆撃機は開発する意味が無くなりますよ。
民間機でもステルス機になれるじゃないですか(笑)
Commented by 中村友一 at 2007-12-20 21:18 x
>巷に溢れる「電磁波カット商品」、こんなのが謳い文句どおりなら米軍のステルス爆撃機は開発する意味が無くなりますよ。

まさにその通りですね。しかし、宣伝をよく読んでみると技術的に明らかな嘘は書いていませんでした。「嘘を書いてるだろう!」と追求されることなく不安心理だけを煽る巧妙なライティングテクニックには関心しました。これなら知らない人が誘導されても不思議は無いでしょうね。
Commented by としき at 2007-12-22 22:24 x
眼に見えない恐怖のひとつが電磁波でしょうか。
浴びすぎは身体によくないですね。
Commented by tetorayade at 2007-12-22 22:50
>としき さん
IH調理器具なんかも怖いですよね。
Commented by としき at 2007-12-22 23:02 x
来年3回目の心臓手術が待っていますが、もしかするとペースメーカーのお世話になるかもです。そうなると携帯つかえませんね。
Commented by 中村友一 at 2007-12-23 03:55 x
コメント数が多いところを見るとやはり世間の関心が高いテーマのようですね。

としき さん

これから手術なさって最近の型式のペースメーカーを使用され、携帯電話も最近の型式を注意してお使いになるのであれば、あまり心配はないと思います。

安全には絶対はありませんので公での発言には慎重を期さなければならず、誰もトラの尾を踏むようなことを言いたがりませんが、世間一般では「携帯電話とペースメーカー」についてあまりにいい加減な説明が多すぎると思います。

ついでに勢いで書いてしまいますが、航空機で携帯電話使用禁止となっているのも技術的な観点からはサッパリ理解できません(未だに納得の行く説明を聞いたことはありません)。どなたかご存知でしたら教えてください。

気が向いたら詳細記事を書いてこちらにトラックバックさせていただくかもしれませんが、今日のところはこの辺でやめておきます。
Commented by としき at 2007-12-23 17:32 x
中村さん、これはまた詳しいお話ありがとうございます。
推測の域を出ない話題で混乱が生じたら困りますからね。
Commented by tetorayade at 2007-12-23 22:48
>としき さん
そのときはウィルコムがありますよ。病院内でも使われていますから大丈夫。
by tetorayade | 2007-12-18 08:43 | 社会ネタ | Comments(18)