日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

橋下弁護士の不戦勝?

トレードマークになった茶髪にサングラス、Tシャツというラフで型破りな弁護士姿から一転、黒髪にスーツ姿で知事選出馬表明した橋下弁護士。

ところが、テレビカメラのライトの当て方が悪かったのか、茶髪のまんま。どこが黒髪に染め直しているんや!と大阪人なら突っ込みを入れたことだろう。

自民党の推薦を受けた橋下弁護士に対して民主党は独自候補を立てた。タレント対決になることを恐れ、まったく無名の新人を擁立したが、これでは戦わずして勝ったも同然だ。

あさズバでは、みのもんたが、またもや不用意に「大阪府民の声として、西川きよしさんがいいんじゃない」と発言していた。

空気が読めないキャラでいじられ役にまわっているきよしでは勝てない。

ところで、今年の漢字一文字は予想通り、「偽」に決まったのだが、橋下弁護士の背中を最終的に押したのは、辛坊アナではなく、たかじんだった。これはハズレた。

辛坊アナの「放送局は違約金は取らない」というアドバイスも大きかったが、テレビ局との最終問題は全部たかじんがケツを拭くという男気にほだされたかっこうとなった。

ここが辛坊アナとたかじんの人間としての器の大きさの違いが出ている。

民主党が刺客を送るとすれば阪大の教授ではなく、たかじんしかいない。

これなら橋下弁護士楽勝とは行かないだろう。

金に計算高い紳助は出ない。知事の給料はたかが知れている。タレント活動を犠牲にしてまでやる仕事ではない。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 荒木 at 2007-12-13 12:47 x
果たしてどこまでやれるか見てみたいものですけど。
Commented by tetorayade at 2007-12-13 22:27
>荒木 さん
ネット上ではアンチ橋下もいるけど、ま、当選するでしょう。
横山ノックよりましだと思います。
by tetorayade | 2007-12-13 08:40 | 社会ネタ | Comments(2)