日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

流行語大賞の権威

師走の風物詩となったユーキャンの流行語大賞が決定した。

今年は東国原知事の「どげんかせんといかん」と「ハニカミ王子」の2つが大賞に選ばれた。

ノミネートされたのを覚えているだけ挙げると、そんなの関係ない、どんだけー、鈍感力、消えた年金など。

今年の時代を表した言葉だか、違和感があるのがハニカミ王子だ。

流行語はその本人が使って流行らせる中、ハニカミ王子は呼び名であって、しかも命名者はローカル局のアナウンサーだという。むしろ、名づけ親のアナウンサーをフューチャーしてやってもよかった。

それとノミネートされた著名人が欠席することもなく、会場に来ていることには、毎年驚かされる。

それによって権威が作り上げられてきたのだろうが、その努力には頭が下がる。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-12-04 08:37 | 社会ネタ | Comments(0)