日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

予想だにしなかった坂出事件の結末

外れまくりだ。

義理の弟とは別れた旦那の身内ではなかった。

坂出の3人失踪事件の犯人は妹の旦那だった。

妹名義でサラ金から借金させて、その金は全部おばあさんのところへ渡っていた、というが、ここからの焦点は何のための借金だったのか、ということ。

その前に日本中の茶の間で犯人視されていた当該おやじは、これで限りなく白になってしまった。メディアスクラムによる偏向報道と、見た目の人相の悪さ、さらに1年前から無職でパチンコ屋通い。状況からすれば誰でも、怪しむ。

義弟は金を貸しただけでは足りず、連帯保証人になっていたいた妹はサラ金から借金してそれを返済しようとした。そんな怨念から殺害に至ったのだろうが、おばあさんの借金とは何だったのか?

娘の家庭の生活費まで面倒を見ていたのか?

それとも、おばあさん自身が浪費家で大のギャンブル好きでその借金だった?

普通サラ金に手を出すといえばギャンブルとかそんな目的しか思い浮かばない。

娘家族の生活費、ギャンブル。この2つに借金の理由を絞ってみたが、今回はことごとく推理が外れっぱなしだ。

「ほよせいや」という男の声を聞いた住民がいるので、共犯の可能性もある。死体を運ぶにも一人では大変。しかし、借金返済が理由ならおやじの共犯説は消える。

むしろおやじは殺される側だ。

そうであるとすれば、共犯は金を貸した側の義弟の親族ということになる。

みのもんたもズバッとおやじを犯人視していたが、不二家の時のように、また謝罪するのだろうか。

当ブログもはっきり犯人を断定したように、日本が落胆するまさかの結果となった。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 過去物語 at 2007-11-28 00:28 x
私も、父親を疑った一人になりますが・・・

親が子を(実子ではなくても)殺めるって形でなくて
なんだかホッとしています

最近 親が子を子が親をの事件が多すぎる
とっても悲しい事ですから。
Commented by バッキー at 2007-11-28 08:36 x
私も完全に画伯を疑っていた一人です。

被害者祖母、パートを掛け持ちしていたとの報道は事実のようす。借金返済のために働いていたのか、誰かに働かされていたのか?

ここで大きく事件の流れが変わっていきそうですね。祖母から先のお金の流れ、ここの行き先が一番怪しいのかと・・・・。
Commented by プラナリア at 2007-11-28 22:04 x
「まさか親が・・・」という感覚から
「また親が・・・」という風に変わってきてますね
ゆとりがいろいろ言われていますが、
実際はもっと上の世代からおかしかったんですね、日本って。
その世代が指導教育するから・・・当然?
私も肝に銘じます。
Commented by tetorayade at 2007-11-28 23:51
>過去物語 さん
まだ、事件は全容が明らかになっていません。
共犯の存在も警察は捨てていないように、またまたびっくりするような想像だにしない新事実が明らかになってくるのでしょうか。
Commented by tetorayade at 2007-11-28 23:52
> バッキー さん
おばあさんの借金がパチンコだったなんて話も出てきているようです。それが事実とすればパチンコ業界がまた叩かれる。
Commented by tetorayade at 2007-11-28 23:58
>プラナリア さん
札幌で大学時代の同級生が同級生を殺害するむごい事件がありましたが、犯人がすぐに捕まると続報はほとんどないけど、犯人が捕まるのに時間がかかればかかるほどそれに比例して報道時間も長くなる。
同じ殺人事件なのに。
話がそれましたが、ゆとり教育ももちろんですが、戦後のアメリカからの押し付けによる民主主義教育の集大成が今の日本でしょう。
Commented by 人の不幸は蜜の味 at 2007-12-04 15:21 x
おやじが犯人だった方が面白かったのに。
おやじを疑っていた善良な市民はそう思ってたでしょう。
家族のキズナや道徳を説くマスゴミや善良な市民ほど実は自分以外の家族の不幸、自分以外の猟奇的殺人を望んでますからね。じゃなきゃ、探偵気取りで推理なんて出来ませんからね。
Commented by tetorayade at 2007-12-04 23:08
>人の不幸は蜜の味さん
感覚的には8割の日本人が疑ったんではないでしょうか。
それはことさらおやじのあの映像を流し続けたマスコミにも責任の一端はある。
それを感じ取った一般視聴者が判断した結果。
by tetorayade | 2007-11-28 00:03 | 社会ネタ | Comments(8)