日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

諫早湾の干拓工事は完成したけれど

動き出したら止まらない公共事業。

その象徴ともいえる諫早湾の干拓事業が89年の着工以来、18年の歳月をかけて完了した。総事業費2500億円をかけて700ヘクタールの大規模農地が新たに生まれた。効率的な大規模農業が実践できる、として入植希望者も多いらしい。

その一方で、干拓事業は諫早湾の生態系を狂わせた。潮の流れが変わり特産品の海苔の不作や漁獲高の減少が続いている。

戦後の食糧難の時代に農地開拓を目的に諫早湾の干拓事業計画はスタートした。その後、時代の変化とともに、水の確保や防災、と目的を変え、漁民らが猛反対するにも関わらず、政治家と土建屋のタッグマッチで干拓事業は敢行された。

こういう誰も望んでもいない(望んでいるとしたら仕事が欲しい土建屋とそのリベート欲しさの政治家のため)公共事業は大概が破綻し、そのツケは国民の税金で払わされる。

諫早湾干拓事業の次は静岡空港がそれだ。

話は変わるが建築中の超高層マンションで鉄筋の強度不足が発覚して、上階を壊して施工をやり直す、というニュースがあった。

耐震偽装問題が起こる以前なら、欠陥のままで施工して、知らん顔で販売していたのかも知れないが時代がそれだけ変わった、という現れであろう。

つまり、公共事業といえども走り出しても、途中で止めさせることが必要。そう、滋賀県で新幹線の新駅計画を中止させたように。


人気ブログランキン
[PR]
中止させることが目的ではなくて

無駄な事業は”GOサインを出した人”に責任を持って貰い
”無責任なGOサインを出させない事”を目的にすべきではないですか?

メディアに踊らされ、日頃のウップン晴らしの為の”八つ当たり”的考え方が、今の日本人には多過ぎると思いますので。(^_^;)
Commented by tetorayade at 2007-11-21 23:05
>enutea さん
GOサインを出すのは国家事業で言えば大臣、地方自治体なら首長ということで罰則規定を設けるしかないですかね。
by tetorayade | 2007-11-21 00:05 | 社会ネタ | Comments(2)