日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

やっぱり船場吉兆は吉兆の暖簾を下ろせ

昨日、博多に行っていたので天神の岩田屋に寄ってみた。

偽装表示問題を起こした船場吉兆の出店を確認するためだ。

料亭の吉兆は新館の7階、デザートを販売していたフードパークは本館の地下にあった。いずれも、張り紙を出して閉鎖されていた。

船場吉兆天神フードパークというからよっぽど広いコーナーを取っているのかと思ったら、上りエスカレーターの側面という位置で、ショーケース1個分の売り場。

このまま岩田屋はテナント契約を打ち切り、吉兆の看板は天神から消える見通しだ。

ここまで吉兆のことが気になるのは、今年2回も吉兆で高いランチをご馳走になったからだ。しかもそれが数ある吉兆の中でも船場吉兆だったから、なおさら思い入れがある。

船場吉兆へ連れて行ってもらった人に今日会ったら「すいませんね。もう接待では使えません。どっかいいとこありませんかね」と謝られてしまった。

紹介した人までをそんな思いにさせるわけだから、高級料亭としての使命を三代目ぐらいになるとすっかり忘れ去ってしまっているようだ。

それが、最初に船場吉兆天神フードパークで発覚したデザートの賞味期限の付け替え問題だ。

当初、湯木尚治取締役は「パート従業員が勝ってやったことで会社は一切関与していない」と声高に逃げた。

この会見を見た時の印象は、管理・監督責任者の立場から見ても極めて最悪な言い訳だった。たとえ、パート従業員がやっていたとしても、監督責任を詫びるべきなのだが、責任はすべてパート従業員に押し付け。これが真っ赤な嘘だということが明らかになってきた。

船場吉兆の体質が白日の下に晒された瞬間でもあった。

バカ孫湯木取締役に反旗を翻したのは、A級戦犯扱いされたパート従業員ら3人。福岡市内で記者会見し、店を取り仕切っていた湯木取締役から「ラベルの期限を1カ月くらい延ばせ」とたびたび指示を受けたことを明らかにした。

濡れ衣を着らされ、よほど悔しい思いをしたのだろう。

日増しに嘘ばっかりついていたことが明らかになると、吉兆の暖簾を船場吉兆1社でズタズタにしているといっても過言ではない。

取締役自らが菓子は日持ちするからと賞味期限延ばしを指示しながら、個人の責任にして会社を守ろうとした精神構造を創業者の湯木貞一氏が知ったら、その場で暖簾を下ろさせたことだろう。

同族・身内だけが旨い汁を吸いながら吉兆の暖簾を守ろうとしたことに無理がある。

金持ちは3代で潰れる。恐らく取締役は3代目だろう。

それを実践してくれたのが船場吉兆だ。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by ひろひろ at 2007-11-14 23:27 x
ブランド(暖簾)も、(賞味期限)があり、それを伸ばすのも、縮めるのも、人であり、その為にたゆまない努力と革新がないと駄目だと思います。
Commented by tetorayade at 2007-11-14 23:43
>ひろひろ さん
暖簾に賞味期限があったとはうまい言い方ですね。
それを同族で守ろうとすると奢りや無理が出る。
Commented by 麺太 at 2007-11-15 10:26 x
パートに取引先に汚名を着せる。

一昔前ならいざ知らず そのまま罪を被ると思ったのだろうか?
他の店も調べるべき 何せ同じDNA商法のはず。
Commented at 2007-11-15 11:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tetorayade at 2007-11-15 23:38
>麺太 さん
そうですね。パートさんは泣き寝入りするようなことはしませんでしたね。無理やり自分たちが勝手にやった、というような文章に署名はできませんわな。
この驕り高ぶった態度はもはや、吉兆創業者の心を忘れている。
Commented by tetorayade at 2007-11-15 23:40
>音羽記者クラブ運営事務局 さん
TBしました。
Commented by 阪急沿線 at 2007-11-16 01:40 x
本日ワケあって吉兆の前を通ったんですが、マスコミが大きなカメラを据えて何組か関係者を張って(?)ました‥
奢れる平家は久しからずや
最近こればっか(>_<)
Commented by tetorayade at 2007-11-16 21:57
>阪急沿線さん
あの社長の息子と思われる取締役が諸悪の根源ですね。料理の修業をやったことがあるんでしょうか?
Commented by rabbitfootmh at 2007-11-17 16:46
TBありがとうございます。
船場吉兆は、創業者の三女の婿がやってます。
孫が継いでる本吉兆以外は、全部娘婿がやってるようです。
創業者に見込まれた人物だったのでしょうが、どこで狂ったのでしょうかね。
Commented by tetorayade at 2007-11-17 23:26
>rabbitfootmhさん
やはり3代目になると初代の苦労もまるで知らない。もうおぼっちゃまで育てられている。2代目の娘婿の慢心がバカ息子取締役を育んだ。
by tetorayade | 2007-11-14 22:49 | 社会ネタ | Comments(10)