日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

マスコミは赤福を叩きすぎ!

卒論は日本的経営だった。

終身雇用制とアメリカのレイ・オフ制度を対比しながら日本経済が敗戦から急成長した原因について検証した。

考え方は保守本流だ。

アメリカが推し進めるグローバルスタンダード=アメリカスタンダード=ユダヤスタンダードによって日本経済がグチャグチャにされた、と思っている。

グローバルスタンダードによって崩壊されたのが日本的経営だろう。年功序列より実力・成果主義。これによって組織がずたずたにされ、終身雇用制・年功序列はあたかも悪の権化とみなされた。

気がつけば会社への忠誠心は薄れ、能力のあるものは給料の高いところへ渡り歩く=アメリカンスタイルがあたかもかっこいいようにもてはやされた。

年功序列・終身雇用制の弊害はあったかも知れないが、終身雇用制の崩壊によってそれを上回るだけの弊害をもたらせたのが「内部告発」。

企業を一発で崩壊に導く些細な垂れ込みである。

最近の話題でいえばミートホープ、赤福が顕著な例だ。

ミートホープは同情の余地はないが、マスコミ報道を見聞きすると「赤福はとんでもない企業だ」と世論は同調する。

ネット時代はブログなどで個人の意見を発表する場があるので、そういう問題はブログも世論形勢の一つになる。

終身雇用制がしっかりしていたらこんな内部告発も起こらないのだろうが、それ以上にわれわれブロガーの存在だ。

最初は赤福の返品商品の再利用はとんでもないことをする企業だと思った。しかし、それは和菓子業界を理解していないマスコミとわれわれにも責任はあると思った。

以下は和菓子関係者のコメントである。

「ほんと和菓子屋にとってはいい迷惑な事件やと思いますよ。風評被害とかもあるでしょうし便乗してあることないこと保健所にタレコム輩が増えたと聞きました。
今回の事件はマスコミの悪意を感じます。
これがそこらへんの小さい御菓子屋なら誰もきにしなかったはず。赤福だったためにやれ叩け、それ叩けって感じですよね。日本の文化壊す気かって思います。
メディアによって文化もある程度作られていくと思うんですがほんとこの国はどうなってしまうのか。おのれでモノゴトの本質を見抜けない善悪の判断のできない日本人。悲しいですね」

赤福にかたを持つつもりはないが、和菓子業界ではそれが当たり前のことだった。赤福300年の伝統だろう。腐ってもいないものを再利用する。それは伝統のスープやソース・タレを継ぎ足すのと同じ感覚だ。

これで余ったもの・売れ残ったものはすべて廃棄するべし、なんて食品衛生法が改悪された日にはコストが値段に跳ね返ってくる。

マスコミの過剰報道とそれに反応するわれわれブロガー。

前出の「モノゴトの本質を見抜けない善悪の判断のできない日本人。悲しいですね」を肝に銘じたい。

赤福が販売停止で御福餅が売れているというが、和菓子業界の伝統を翻ると同じことをやっていることは完全否定できない。


人気ブログランキン
[PR]
Commented at 2007-10-25 00:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 九龍 at 2007-10-25 02:01 x
bloggerも確かに、わっと瞬間的に騒ぐと事が多々ありますが、
それでも、マスコミと違って、bloggerは記事の間違いや、誤解に対して、
その訂正が出来るのではないでしょうか。

それは、あくまでも社名のみで、個人が責任を負わない、
責任の所在がはっきりせず、「限られた時間」という免罪符の元
誤解、ねつ造を垂れ流す事が出来る体質だから。

対してblogは匿名、実名、ハンドルネームの違いはあれど、
継続して記事を書く以上、文責は間違いなくその個人に帰属します。

新聞の署名記事だろうが、記者名なんて、普段気にされる事は無いですよ。
結局、会社の看板に守られている。
対してblogは、守ってくれるような社名はなく、まさに書き手責任ですからね。

こうして、ちゃんと揺り戻し、再検証の記事が書かれる
それが、blogではないでしょうか。

マスコミなら、3行広告のようなスペースで謝罪するか、
15秒程度のお詫びコメントで終わり、

blogのように1記事を当てることなどないでしょう。
Commented by 虎哲 at 2007-10-25 09:31 x
TBありがとうございます。
要は食べられるのかどうなのか、ってことで、
>腐ってもいないものを再利用する。
そういう場合はその旨表示すればいいのではないか、と個人的には
思うのですけれども。それを常に「新鮮なもの」としてごまかすから問題が生じるわけで。
また賞味期限とか消費期限、とかいうものが基準があいまいなのも問題を複雑にしています。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-10-25 10:42
私は、長年、一貫して「終身雇用と年功序列」の利点を主張し続け、袋叩きに遭い続けています。どうせ残り少ない人生、袋叩きの快感を楽しんで暮らします。今さら変節したところでなんの利益があるじゃなし...
面白いのは、欧米、特に欧州諸国の経営者の方が私の主張に耳を傾けてくれること。
「円安」を歓迎する近視眼の日本人経営者は、早晩、致命傷を被るでしょう。
Commented by ブロガーA at 2007-10-25 12:43 x
TBありがとうございます。
tetorayadeさんのお説の通り、わたしもマスコミ、特に民放テレビ局は赤福を叩きすぎだと思います。たしかに一部に、批判を受けても仕方ない部分もありますが、これ以上叩くと赤福は再起不能になる恐れがあります。食品メーカーは、消費者に不買運動を起こされると立ち行かなくなります。その点テレビ局は、悪質な「やらせ」や「捏造」をしても、消費者からボイコットされるわけでもなく存続していけます。わたしたちブロガーは、テレビの焚きつけに安易に乗せられずに、冷静に物事を見る目を持ちたいと思いますね。
Commented by zeon at 2007-10-25 19:38 x
赤福は食中毒事件を起こしていないのに、叩きすぎ。
賞味期限について、もう一度みんなで考えるべき。
冷凍された赤福については、この商品は一度冷凍された物です、という表示をしてたうえで値段を下げたら売ったらいい。
私自身、あんこは大っ嫌いだが伊勢の出身なので、このままじゃ伊勢がダメになってしまいそうで嫌だ。
Commented by たいき at 2007-10-25 21:16 x
いつもTBありがとうございます!最近tetorayadeさんへのTB返しがうまくいかないのでコメントにて失礼いたします。

偽装が発覚した会社のみ叩かれているようですが、食品業界はどこも似たり寄ったりなのかもしれません。御福餅なんか赤福をパクっているあたり、企業倫理のある会社には到底思えないのですが。。
Commented by tetorayade at 2007-10-25 22:38
>九龍 さん
逆に言えばマスコミはプライドだけで生きていますから、間違っていても絶対に認めようとしない。会社の威信にかけても自分たちの主張を曲げない。そのために間違いのない裏づけのある記事を求められるけど、功名心のある記者は自分で放火して記事にしたりする、さんご礁の怨念は脈々と受け継がれている。
Commented by tetorayade at 2007-10-25 22:45
>虎哲さん
内部告発というのは戦前にあった隣組の思想ですね。そんな風潮から何でもかんでも神経過敏になりすぎ。焼き菓子だって日持ちはする。
ただ、嘘をつく企業のやりかたを肯定しているわけではありません。表示方法を考えるのも一案。
Commented by tetorayade at 2007-10-25 22:47
> Count_Basie_Bandさん
日本人というのは欧米コンプレックスがあるので、欧米から評価されると見直すなんてことは大いにありますから。
日本的経営は素晴らしい!と賞賛してくれたら見直されるんでしょうね。
Commented by tetorayade at 2007-10-25 22:50
>ブロガーAさん
マスコミは本当に責任を取ろうとしませんね。
食品メーカーが不祥事を起こせば、営業停止。マスコミは第4の権力といわれるように、自分たちのミスに対してはこの権力で自分たちを守っている。
新聞なら1週間発行停止、テレビなら放送禁止の罰則があってもいい。
Commented by tetorayade at 2007-10-25 22:53
>zeonさん
雪印は食中毒を起こしたから潰れて当然のこと。
赤福は昔から捨てずに再利用。それは日本食の知恵でしょう。それと雪印と同様に見てしまうことが乱暴。
次は御福餅も再利用が発覚!なんて記事を書くマスコミが出てきそうで心配です。
Commented by tetorayade at 2007-10-25 22:55
>たいき さん
赤福と形をはじめパッケージの色合いも一緒。
ということは再利用も一緒ということは間違いないはず。売れていることにコメントを求められて、内心ビクビクでしょう。
あんこは腐らない!と堂々と主張すればいい。
by tetorayade | 2007-10-24 23:54 | 社会ネタ | Comments(13)