日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

不都合な真実のゴア氏にノーベル平和賞

映画はめったに観に行かないが「不都合な真実」を観るために映画館へ足を運んだ。それほどこの映画は地球温暖化問題に関心を持たせてくれた。

映画を観た人ができることは、ざっとこんなことだ。

地球温暖化を防止するためには、二酸化炭素の排出を抑えなければならない。

そのためには省電力家電を買うとか、エアコンの設定温度を夏は高めに、冬は低めに設定。家には断熱材をたっぷり使う。移動には歩く。自転車に乗る。公共の交通機関を利用する。低燃費の車を買う。金があるならハイブリット車を選ぶ。木を植える。

そして、この映画を観ることを家族や知人に勧めることである。

アル・ゴア氏は地球温暖化防止の伝道師として、世界に啓蒙活動を行ってきたが、ノーベル賞委員会は、その活動に対してノーベル平和賞を授与する、と発表した。

賞金の9000万円は全額地球温暖化に取り組む非営利団体に寄付する、という。いずれにしても京都議定書に弾みがつくと歓迎ムード一色に包まれている。

ところが、このニュースの前日、時事通信からこんな記事が配信された。

11日付の英各紙によると、同国高等法院は10日、ゴア前米副大統領が出演した地球温暖化を警告する映画「不都合な真実」に科学的な誤りがあるとして、学校で上映する際には適切な説明を加えるよう求めた。
 同法院は(1)映画で「近い将来、氷が解けて海抜は最大20フィート上昇する」とされているが、これは数千年ないしもっと後の話(2)「キリマンジャロの雪が解けたのは、地球温暖化による」とあるが、科学的に断定できない-など9つの誤りを指摘。学校での上映禁止要求は退けたものの、上映の際には生徒に対し「偏りがある」ことを注意喚起するよう促した。 


北極の氷が解けたら海に沈む国もある、ということだった。

名古屋大学の武田邦彦教授も不都合な真実に疑問を呈する一人。

コップの中の氷が解けたら、水はコップから溢れ出すか?

答えはNO。体積が変わらないので海水面は上がることはない。確かに北極は氷の大陸なので北極の氷が解けても海面水は変わらない。

では、大陸の上に氷が張っている南極の氷が解けたら、海面が上がる?

これも答えはNO。冷凍室に湯を入れると周りに霜がつく原理と一緒で、気温が上がることで周りの海が凍るので海面はむしろ下がる、という。さらに南極は氷点下50度近い世界で気温が1~2度上がっても環境の変化に影響はない、という。

あの映画の宣伝では氷の棚が崩れていく象徴的な映像が何度も何度も繰り返し流された。あれを観たら単純に考えたら海面の水位が上がると思ってしまう。

ただ、実際に海面に沈みかけている南太平洋の島、ツバル。これは温暖化とは別問題と指摘する。

2000年の大統領選で、アメリカは地球環境問題のゴア氏より、経済を優先させるブッシュを選んだ。

ゴア氏が大統領になっていたら、イスラム社会との対立もなく、アメリカはイラク戦争に突入していなかったかも知れない。


人気ブログランキン
[PR]
海水の膨張のほうが大事という話をきいたことがあったのでし、検索してみたら、まとまったページがありました。

http://www.arp-nt.co.jp/rensai/index-sono2.html

南極の抑止効果は小さいという見解のようです。
Commented by dojyou38 at 2007-10-13 17:02
極地の氷が解けても水位が上がらないとか、資源ごみはリサイクルするより焼却した方が経済的だと、市民の環境運動を冷ややかに見る傾向も有ります。 しかし、気球規模の深層海流は北極の冷水によって機能し気象環境や水産資源が保たれていると言われています。マイバッグで買い物するなど私達に出来ることから始めるべき時と思います。
Commented by 荒木 at 2007-10-13 17:18 x
地球温暖化なんて、地球ができてから46億年ものの間に何度も経験していることではないですか。人類にとっては脅威ですが、地球や自然にとっては当たり前のこと、ひょっとしたら人類がいくら努力しても避けられないことではないですか。
Commented by enutea at 2007-10-13 19:02 x
そもそも学者はいろんな「説」をとなえますが、
自説が間違いであっても、いろんな言い訳をして決して非を認めません。
学者が自説を否定することは自殺行為ですから、このへんのシステムに
大きな問題があるんでしょうけど。

 また、説をとなえた学者以外が「間違い」を証明することも、
ちょうど冤罪事件を立証するようなもので、なかなか難しいものです。
一旦、市民が「こうではないのか?」と洗脳されると、
雰囲気はなかなか変わらないもの。

アル・ゴアのノーベル平和賞の影響はどうなるか判らないし
水没すると言われる小さな島国もどうなるか判らないけど
今後世界は、エネルギー確保へとさらに躍起になるでしょう
そしてエネルギービジネスが目的で、
さらなる戦争に突入したりするでしょうから。

既にイラク戦争も、
バイオ燃料による食料高騰も起こってますし。

21世紀は、グローバル化による、銭儲けの集中化と
エネルギーのぶん取り合戦の様相を呈して来ましたね。
Commented by tetorayade at 2007-10-13 22:54
>mjgfr さん
海水と真水でできた氷では膨張率が違う、ということですか。
物理苦手なんです。
Commented by tetorayade at 2007-10-13 22:59
>dojyou38さん
焼却場のダイオキシンを防止するような装置=環境ビジネスに対する警鐘の意味もあるようですね。
ちょっとでも協力できることは夏でもエアコンをつけないことでしょうか。
Commented by tetorayade at 2007-10-13 23:06
>荒木 さん
アメリカは人類の営みで地球環境が変わるわけがない、というような理由からこれまで協力的ではなかった?
Commented by tetorayade at 2007-10-13 23:08
>enutea さん
バイオ燃料問題さっきテレビでやっていました。
バイオ燃料を作るために、化石燃料を使わなければならないので、たいして効果がない、と。
Commented by 世論君 at 2007-10-14 00:00 x
フィクション/ノンフィクション、
どちらでも良いのではないでしょうか?
こうして騒ぎになり、人々の関心を引くことで、
温暖化への警鐘=映画の成功=収益につながり、
大成功なのだと思います。
否定派の意見に於いても、温暖化は気にしなくて良い、
とは言わず、必ず問題視され、対策や意識改革が必要だと
述べられると思います。
結果、人々が意識するようになれば、良いような気がします。
ちなみに、陸上の氷河などが溶け出して海に流れると、
海面はどうなるんでしょうね?
Commented by tetorayade at 2007-10-14 21:47
>世論君さん
氷河が溶け出したぐらいでは海面の水位に影響はない?そんな気がしますが、おっしゃるように地球温暖化に対してみんなが関心を持つことですね。
この夏は、なるったけエアコンをかけずに扇風機でしのぎました。
Commented by herc at 2007-10-15 03:19 x
温暖化防止は必要だとは思うものの、バイオ燃料だけはいただけません。小さい頃から食べ物は残すな、と躾けられてきたこともあり、食べ物を燃料にするなんて許せないのです。ましてや世界には飢餓状態にある地域もあるわけで、十分な経済的、技術的な支援ができていないことも問題でしょうが、まさに不足している食物そのものを本来の目的以外に利用するのはもってのほかかと。食糧以外の雑草的なものをつかったバイオ燃料ならわからなくもないですが、食糧となりえるものを経済先進国の都合で燃料にしてしまうのは間違っていると思います。
Commented at 2007-12-30 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tetorayade at 2007-12-30 23:08
>中村友一さん
了解です。
悪質なワンクリですか。体験しました?
詐欺は無視するのが一番でいいんですよね。
by tetorayade | 2007-10-13 09:01 | 社会ネタ | Comments(13)