日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

土下座を促した警察の収め方は是か非か

バラエティー番組で出川哲郎がアメリカ人に土下座していた。アメリカ人を怒らせ、日本の文化である土下座がどの程度通用するかの実験だ。

家のガラスを野球ボールで割られた主人が外に出てきて、犯人を探しているところに出川が出て行って謝るというシチュエーション。いつものへっぴり腰で「ソーリー、ソーリー」と恐る恐る家人に近づく。

主人は「金を払え」「クレジットカードは持っていないのか」と怒り心頭。

出川は「ノーマネー、ノーマネー」「ソーリー、ソーリー」を繰り返すばかり。そこで突如出川が土下座に出た。

いきなり地面にひれ伏す姿を見て、主人はびっくりして後ずさりした。

平身低頭さがアメリカ人にも通じたのか、「もう、分かったから立てよ」と出川の腕を取った。許してもらえた。

初めて見る土下座に「病気で倒れたのかと思った」とびっくりしたようだ。

本題はここから。

高知の飲食店で起こった暴力酔客に警察が加担して従業員に土下座させた事件だ。土下座論争に発展しそうな予感がする。

事件のあらましはこうだ。

18日の深夜1時、飲食店で男女3人組の客が「注文したものがこない」と皿を投げつけるなどして暴れたために、店は110番通報した。

駆けつけた警察官が任意同行を求めると客の妊婦が逆上して、女性従業員を警察の前で平手打ちした。

客を外に出したが、事態は収拾できず、2時間あまりも揉めた。そこで客が要求していた土下座を警察が促して店長ら3人の従業員が客に土下座して謝ってことが収まった、という次第だ。

警察は客が従業員に暴力を振るったのを目の前で見ていながら、暴力酔客のいいなりに店側を土下座させたことが問題になっている。

注文したものがなかなか来ない。こんなケースは往々にしてある。客の立場になれば一番頭にくる。でも、大半の人は酒を飲んでも理性を失わないので、静かに怒りを伝える。

いくら酒が入っていても、皿を投げつけて暴れるのはよくない。

それに対して警察を呼ばれたものだから、客も怒りが頂点に達したことは容易に推察できる。

客の言い分はおそらくこんな内容か。

「注文したものをもってこないお前らが悪いんだろうが!わしらが悪いんか!警察を呼ぶとは何事だ!客を客とも思っていないのか!こらぁ!客をなめとんのか!謝れ!土下座して謝らんかい!土下座するまで絶対許さんからな」

いくら客とはいえ、従業員を殴った時点でアウトだろう。

警察官は4人も来たというのに2時間余りも事態を収拾できない、ということは問題解決能力がないばかりか、暴力酔客側に立って早く終わらせようとしたやり方は非難されてもしかたない。

ただ、中には客を客とも思わない接客態度のひどい店もたまにある。

「そんな注文聞いていない」「お前らの勘違いだろうが」なんて店が応酬していたら、そりゃ殴りたくもなるが、そんな会話があったとは想像できない。

出川がこの店の従業員ならすぐに土下座してコトは収拾できただろうに。


人気ブログランキン
[PR]
私は「お客だから当然だ」という姿勢はしない。店側もミスはある。その店自体が注文多忙だから回りにくいという状況もある。でもお客様はどうあろうと神様だからね~。どういう状況だろうとお客さまの言うとおりだから
Commented by chocho at 2007-09-22 20:52 x
どう考えても店の方が悪いっていうなら110番しないでしょうねえ。
まさか、110番しても土下座する羽目になるとは想像もしなかったでしょう。
ある意味、いじめがあった学校の教師の対応に似てて、情けなくなります。。。
Commented by tetorayade at 2007-09-22 22:24
>荒木さん
客が怒るのは店の対応に原因があったから。そこで最初のクレームをうまく対応していれば大事にならなかったはず。
いきなり皿を投げつけて暴れたとしたら酔客にも問題。店と客のトラブルは道交法で言えば車と歩行者の関係で、どんなに歩行者に原因があっても車が悪いことになるのと一緒なんでしょうかね。
Commented by tetorayade at 2007-09-22 22:26
>chocho さん
警察は民事介入しないという原則なんでしょう。皿を割った、平手で殴ったとなれば、問題は別なのに警察は役に立たないことがよく分かりました。
Commented by 麺太 at 2007-09-23 00:11 x
こんな事をするから客が付け上がる。
注文品が遅いならそれに対するクレームを考えるべき。
器物破損・暴力と何等関係なし。
一番悪いのは客だが、警察も悪い。

お客様は神様とよく言いますが、店にとって利益をもたらしてこそ神様。
何をしても許されると勘違いしている馬鹿客の多いこと。
それを助長させた警察の失態。

こんな事がありました。
以前、2番目の嫁の北新地のクラブで私の友人の財布を掏り取った組員がいました。
私達で、立ち回り先を探し押さえました。
曽根崎署でそこの親分が来まして、俺の顔に泥を塗ったと 殴る蹴るのボコボコです。
でも刑事は止めないですねぇ これって傷害じゃないのかなぁ??
Commented by tetorayade at 2007-09-23 22:35
>麺太 さん
客が起こる原因を作った店側にもかなり責任はあるのですが、その後の毅然とした態度が取れなかったことが原因。
わがままな客ばかりで、お客様は悪魔といもいわれています。
そういう意味では私なんかいい客だと思います。静かに怒りますので。
警察はそういうところで融通をきかせる。
岸和田のだんじり祭りを妨害する、と暴走族が宣言したことがあったそうですが、ぼこぼこにしても警察は見なかったことにするから、死なないよう手加減しろと指導したとか。
by tetorayade | 2007-09-22 18:12 | 社会ネタ | Comments(6)