日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

大企業が景気回復しても、そんなの関係ない!

前も書いたことがあるが大本営発表が21世紀の時代でもまかり通っている。

戦時中の日本ではないのだから、それを真に受ける人がどれぐらいいるのかは分からないが、日本の国の借金は892兆円。国民一人当たりの負担は698万円。会社ならすでに破綻している。

借金を踏み倒すには年金を払わないとか、そんなウルトラCしかない。

われわれが生きている時代には破綻することはないものと高をくくり問題を先送りするのは、社保庁職員のネコババ事件と根っこでは同質だ。

そんな暗い話題を少しでもそらすためも、世の中は明るいほうがいい、とばかりに大企業は景気がいいらしい。それをもって日本全体が景気回復基調と錯覚させるような発表は、まさに大本営だ。

内閣府と財務省が発表した2007年7~9月期の法人企業景気予測調査がこれだ。

2007年7~9月期の法人企業景気予測調査によると、自社の景況感を示す景況判断指数は大企業の全産業で前期比7.1ポイント上昇して6.2となった。建設機械や自動車などの海外需要が好調で、四・四半期ぶりの改善になった。
 
製造業では自動車などの海外需要のほか、携帯電話など情報機械の国内需要も好調で、景況判断指数は7.7(前期はマイナス2.2)と大幅に改善。非製造業でも、情報通信や建設業、商社などが好調で5.3(同マイナス0.2)となっている。


われわれ中小企業のサラリーマンにはまったく関係のないことで、ここ何年も景気回復の実感を体感する賞与とは無縁だ。

末端のわれわれまでもが収入が上がって懐が温かくなった時が本当に実感する景気回復といえるもので、一部の大企業の業績が上がったぐらいでは本物ではない。

こんな明るいニュースの一方で、クレジットカード最大手の三菱UFJニコスが、グレー金利の見直しで、取りすぎた利息の返還で悪化した経営を立て直すため、今後数年間で約2500人の従業員を削減する大リストラ策を発表している。

リストラ費用を計上することから、来年3月決算では155億円の黒字から約1000億円の赤字に下方修正している。

こっちのニュースが本当の日本経済を物語る現実だろう。

わが家の借金時計も増える一方。これだけは日本国の借金時計とシンクロしている。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 九龍 at 2007-09-21 00:24 x
国の借金をチャラにする最大のウルトラCは、終戦直後の戦時国債をチャラにしたのと同じ方法でしょう。
それは、国債の還付金に対して100%の税金をかける。
これをやれば、一発で借金はチャラです。
あり得ないことではなくて、過去の事実として、それがある国ですから
恐ろしいと言えば恐ろしい。
Commented by 右打ち職人 at 2007-09-21 00:34 x
そのリストラを発表した会社の中に用があって先日行きましたが、中の人は結構のんびりしてましたよ。

求人の量、質から見ても東京と地方との差の方が実感として感じます。
Commented by tetorayade at 2007-09-21 23:29
>九龍さん
昔なら戦争をしたとか。そんな裏技は現代の社会では使えない。
返せもしない膨大な借金どうするつもりなんでしょう。夕張市のような結果になるというこおtですか。
Commented by tetorayade at 2007-09-21 23:31
>右打ち職人 さん
東京は楽で自給の高い仕事がいくらでもあり、求人難。一極集中の弊害とでも言うんでしょうか。しかも仕事を選べるのが東京。
地方ではその選択肢がない。
Commented by 通行人 at 2007-09-22 01:12 x
ども、通行人@自称財務部長です(^^ゞ

信用調査会社の勉強会に行くと、土木建設業や運送業の経営破綻がホントに多いです。これらの業種にお金が回らないと、パチンコ店にもお金が回ってきませんのねん・・_| ̄|○

公共事業やハコモノ行政が財政の無駄だと、一部の政治家やマスコミが糾弾しておりますが、これってよくよく考えてみれば、日本的な「富の再配分」の仕組みだったんですよねえ。
Commented by tetorayade at 2007-09-22 22:13
>通行人 さん
逆説的に見れば富の再配分がなくなったから景気が低迷している?つまりハコもの行政で赤字になった分、国民が間接的に潤っていた、というなんとも情けない現実。
by tetorayade | 2007-09-20 23:52 | 社会ネタ | Comments(6)