日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

間一髪。全員が助かった中華航空機炎上爆発の奇跡

間一髪とはまさにこのことだろう。

今朝、沖縄・那覇空港で起こった中華航空機の炎上事故だ。定員158人のところに乗客157人。ほぼ満席の中で全員がシューターで脱出するまでに90秒。その後炎上大爆発。全員が助かったのがまさに奇跡的としかいいようがない。

台湾発の中華航空機ボーイング737-800が那覇空港に無事着陸したのは午前10時27分。機体が停止後に右翼エンジン付近から白い煙が出始めすぐに引火。さらに漏れた燃料が地面にたまり引火して左翼エンジンまで伝わり大爆発したのが35分だった。

炎上した原因は燃料漏れだが、どうして着陸後に漏れたのかはまだ原因が究明できていない。

この機体は2002年7月からの就航でまだ比較的新しい機体、ということだ。

品質管理、整備不良などが考えられる。

中華航空機事故で記憶に新しいのは、1994年名古屋空港で着陸に失敗したエアバスが炎上し264人が死亡。2002年には香港へ向かっていたボーイング747-200Bがに圧力隔壁の不完全な修理のために金属疲労を起こして空中分解。乗員乗客225人全員が死亡した。

中華航空といえば格安チケット業界では人気の航空会社でもある。

安さの秘密が機体整備のコストダウンによってもたらされているのであれば、本末転倒である。

乗客の大半は台湾人の観光客である。

全員が着の身着のままで放り出されたわけだが、予定通り3泊4日の旅行を続ける人も多い。帰りの便も中華航空機に乗るのだろうが、平常心でいられるのだろうか?


人気ブログランキン
[PR]
B737はまだ造ってるんですか?
2002年の就航って『中古機体』の就航って事はないんでしょうねぇ。
かのYS-11も日本国内の第一線を退いたら、
中古でアジア諸国を飛んでいたと聞いたような気がします。

 まあ、今回はケガ人は出ましたが、死亡者が無かっただけ、
不幸中の幸いと言うことでしょうか。

乗客の人達は『身体1つ』で緊急脱出だったのでしょうから
荷物も燃えて、ほんと大変でしょうねぇ。
パスポートとか大丈夫だったんだろうかと、変な心配をしてしまいました。
Commented by 正佳to管理人 at 2007-08-21 00:38 x
>B737はまだ造ってるんですか?

誤解の無いように付け加えるとB737は作られてる年代によってシリーズがあり今回事故を起こしたのは800型といって第3期シリーズの機体です。
日本でも800型はスカイマークALなどが2006年から使用し始めた最新型です。

ただ中華航空そのものが事故が多く、原因は整備士や操縦士の育成・教育を怠っているという話もあります。客室乗務員は「チャイナドレス」制服で注目を集めたこともあり、そこそこなんですけどね。
Commented by enutea at 2007-08-21 01:08 x
>正佳to管理人さん
B737でも800型は新型なんですね。
認識を新たにしました<(_ _)>
Commented by 麺太 at 2007-08-21 11:08 x
飛行機までもが中国問題!!
日本の事故調がどこまで首を突っ込めるのやら??
Commented by tetorayade at 2007-08-21 23:11
>enutea さん
中華航空の社長から台湾人観光客に当座の旅費と見舞金が受け渡されたようですが、相当な額が手渡された模様。拍手が起こった、ということは100万円ぐらいは包んだ?
Commented by tetorayade at 2007-08-21 23:12
>正佳to管理人 さん
私に成り代わりご回答ありがとうございます。
全然知りませんでした。勉強になりました。
Commented by tetorayade at 2007-08-21 23:14
>麺太さん
中国ではなく台湾ですから。台湾は親日派ですし。調査は機体そのものの欠陥と整備不良の両面から調査されるでしょうね。
by tetorayade | 2007-08-20 23:06 | 社会ネタ | Comments(7)