日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

宗教の教え

パキスタンのモスクに反政府のイスラム神学校の学生らが立てこもり、銃撃戦を繰り返していたが、双方合わせて60人近い犠牲者を出し、最後はムシャラフ大統領の警告どおり「投降しなければ殺害する」と力で鎮圧された。

9.11テロ以降、イスラム過激派を排除するパートナーに成り下がったアメリカ寄りのムシャラフ大統領に対する抗議運動でもあった。

一方、イランでは5年ぶりに公開処刑が行われた。原因は浮気である。結婚したら浮気が許されない教えがイスラムにはあるようだ。それを守らなかった男性が下半身を土に埋められ、市民らがその男めがけて石を投げる石打ちの刑だ。

男が死ぬまで石を投げ続けるらしい。その光景は想像もしたくない。

宗教の教えの怖さを考えさせられる。

日本人は無宗教とも多宗教ともいわれている。普段は信仰心はないが、困った時の神頼みとなる。

企業宗教ということばもある。教育という名の洗脳教育をして会社のために尽す社員を育てることだ。こういう会社はある時期は業績が伸びる。
お客を信者にしてしまうからだ。

宗教団体には、税金がかからず、無利子の金が沢山集まる。それを運用しない手はない、とばかりに企業に投資している。

朝から何がいいたいのか、電車の中では考えがまとまらない。

もうすぐ会社だ。


人気ブログランキン
[PR]
上の昼飯の次のコメントとしてはかなり掛け離れたコメントになりますが、イスラム原理主義の神学校の存在はパキスタンは有名で、あの「オサマ・ビンラディン」もパキスタンの神学徒であった記憶があります。彼らの神学校では所謂ジハード「聖戦」を教え、自爆テロを聖戦と教え若い神学徒は神の教えと疑う事をしません。何故か?イスラム教では自殺を許さず自爆テロは聖戦であって自殺では無いと言う教えがあるのです。国連でその辺を自爆は自殺と言ってはいるんですが「神の教え」を信じるばかり国連の意見など聞く耳を持ちません。ですから今回の様なモスク立てこもり事件があっても不思議では無い様に思います!!!
Commented by tetorayade at 2007-07-12 22:47
>七生報国さん
これが宗教の恐ろしさ。
アメリカが押し付けるグローバルスタンダードを日本は唯々諾々と受け入れてしまうが、イスラム世界はそんなやわなものじゃない。
最終的にはアメリカ対中国の戦争になると思っていたのですが、ここにイスラム世界の三つ巴になるのか?
by tetorayade | 2007-07-12 08:44 | 社会ネタ | Comments(2)