日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

中国・食の危険の歴史

中国産の食の安全が問題視されているが、中国人ですら自国産の食品を信用していない。

中でも売れないのが缶詰。理由は中身が見えないから。

市場で売れるのは野菜ぐらい。野菜はそのまんまなので偽装のしようもないから。さらに日系スーパーで販売されている無農薬野菜は高くても売れている。

安いものは危険。金持ちは少々高くても安全を選ぶ。

で、中国の食の危険の歴史はこうだ。

80年代
農業の近代化に伴い農薬が使われるようになったが、農民が農薬の扱いに慣れていなかったため、残留農薬が問題になった。

90年代
残留農薬の問題も解消され、日本も中国から輸入するようになり、中国の食の安全性は高まっていた。

2002年事件は起こった。

冷凍ほうれん草から大量の残留農薬が検出された。おりしも中国産のダイエット食品で死者が出たことから、一挙に中国産に対して日本人はアレルギーを示すようになった。

厚生労働省の検疫も厳しくなり、水際で食い止めてきた。

年間8万件の検査を実施。農薬に関しては400項目をチェックしている。変なものを輸出する業者は淘汰され、中国でも大手しか生き残れなくなり、輸出用は安全になった。

そこへもってきて出るわ出るわ中国産の危険性報道。

アメリカで中国産のペットフードでペットが死に、パナマでは咳止め薬で300人以上が死亡した。

食べたら確実に健康に害を及ぼす工業用の漂白剤を使ったはるさめ。

日本に出回っている中国産は、日本の安全基準の中で毎日摂取しても大丈夫らしい。

しかし、あえて中国産のチョイスはない。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by パーン at 2007-07-08 17:44 x
中国政府や食品加工業者は、この事態をどう考え、どう対応していこうとしているのか?疑問に思う。



自国の消費者のみならず、輸出国相手にまでに非難されてるにも関わらず、安全や味よりも低コストなどの手抜きを優先するのか?



人間が加工してる食べ物は、言うまでもなく、人間が食べる為に作るのだから、有毒など危険であるのはおかしい。



中国なら、健康補助食品を食べたはずなのに、逆に健康を害すると云う矛盾が日常茶飯事。




私は中国が大好きなので、あまりこういうことは書きたくないが、せっかく料理店や屋台等で美味しく、人情ある食べ物を提供されても、中国の加工食品により、4000年の歴史を傷つけている!
Commented by tetorayade at 2007-07-08 21:05
>パーン さん
一部どころではない金儲け主義の加工業者がコスト削減のために平気で法律を犯す。手入れがあっても袖の下で見逃してもらったりする。その賄賂天国も諸悪の根源の一つかも。
Commented by sashiyori at 2007-07-09 11:50
梅干を買いに近所のスーパーへ。『紀州』と書いてあったので安全かと思うと原産地は『中国』。〝紀州産〟と書いてなければ、加工が紀州であっても、中身は輸入物なんですね。何を信じて購入すればいいものか・・・。
Commented by tetorayade at 2007-07-09 23:35
>sashiyoriさん
ただ、注意しなければならないのは中国産だけが危ないわけではないこと。日本の検疫が厳しいので検疫のゆるいヨーロッパにいっているようですが。ここは厚生労働省にしっかり検査してもらって変なものは水際で止めて欲しい。
by tetorayade | 2007-07-08 10:21 | 社会ネタ | Comments(4)