日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

食肉業界の深い闇

熊本に精肉業を営む牛島孝治さんという人がいる。肉の表示に不正が多いことから1999年、不正表示を調査する市民団体「あ~消費者の目」を設立。本業の傍らで、食肉のGメンをやっている。

スーパーや肉屋で販売されている食肉の偽装表示や表示義務違反を食肉のプロの目で告発している。偽装表示されている肉を証拠として自腹で買い取るのが牛島さんの流儀。

62歳の牛島さんは同業者を告発するのは心苦しいことだ、という。それでも精肉業を営むものの使命とし「心を鬼にして、自分が生きている限り、不正を告発していきたい」と意気込む。

偽装工作は牛島さんが高校を中退して精肉店で修行していた40年以上前から、日常的に横行していた。これは食肉業界の根の深い体質ではなかろうか。

雪印食品がBSE問題で国産牛肉買い取り事業を悪用して、外国産の安い牛肉を国産と偽って農林水産省に買い取らせていたことが発覚したのは2002年。

さらに2年後、食肉業界のドンといわれたハンチクの浅田満会長が同様の手口で6億4000万円騙し取った容疑で逮捕された。同和利権をも牛耳り、闇の社会や政治家とも深い関係にある浅田会長を逮捕したことは画期的なことだった。

食肉業界は卸から販売までが偽装体質であることが分かる。

今日、家宅捜査に入る北海道のミートホープ社の偽装問題にしても、氷山の一角という感は否めない。

食肉業界の体質と同和問題を結びつけるのはいささか強引だろうか?

ミートホープ社の元幹部が偽装問題を何度も農水省北海道農政事務所に告発したにもかかわらず職員がスルーしたのは、業界のタブーに触れたくない安全装置が働いたものと思われる。

さらには、ミートホープの田中社長から小遣いをもらっていて手なずけられていたのでは、とあわぬ疑いもかけたくなる。

これに手をつけて、調査に乗り出すと、いもづる式に他社まで飛び火し、食肉パニックになる可能性でもあるのだろうか。

見逃していた農水省もこれから監督責任を問われ社保庁のように叩かれまくることになるのだろうか。

ドン浅田が逮捕されたぐらいでも食肉業界の体質改善はできない。

屠殺や屠場は放送禁止用語となっている。

ちなみに、とさつを変換すると塗擦しか出てこないし、とばも鳥羽や賭場しか出てこない。日本語から排除されようとしている。ここに食肉業界問題の原点がある。

弁当業界も廃肉になりそうなものを適当に混ぜ合わせてミンチかつになる、とか。

腐りかけの肉を熟成といって一番おいしい時期でもある。


人気ブログランキン
[PR]
トラックバックありがとうございます。 あの松岡農林水産大臣の、自殺とされている事件も、食肉業界が絡んでいるという噂が一部でありましたね。 本当におそろしく深い闇社会が存在すると思います。
 
今回のミートホープの件は捜査が進んでも小物ぐらいしか芋づる式に検挙されないという気がします。 食肉業界全体に波及する前にメディアは報道に及び腰になるのではないでしょうか。
Commented by tetorayade at 2007-06-24 21:35
>みかんの未来予報さん
食肉と同和利権に君臨利していた浅田会長を逮捕したぐらいで食肉業界が改革できるわけではないですね。
ミートホープも小物でしょう。日ハムだって野球効果でいつのまにか不祥事は忘れ去られている。
by tetorayade | 2007-06-24 07:23 | 社会ネタ | Comments(2)